Fundsで抽選に当選!明豊プロパーティーズEL FAROファンド#3

 先日、ソーシャルレンディングFundsの新たな貸付投資案件である「明豊プロパーティーズEL FAROファンド#3」において、抽選が行われました。その抽選結果が応募していた方に、本日メールで通知されているかと思います。  「明豊プロパーティーズEL FAROファンド#3」の概要は下記のとおりです。 === <明豊プロパーティーズEL FAROファンド#3> 〇予定利回り(年率・税引前) 3.0%% 〇予定運用期間 約10ヶ月 2020/6/12?2021/3/31*予定 〇募集金額 100,000,000円 うち5000万円を抽選方式で募集 〇借り手 株式会社明豊エンタープライズ 〇ファンド組成企業 株式会社明豊プロパティーズ ===  Fundsで抽選方式の募集が始まって、毎回応募していた中で、初めての当選となりました。長かった…毎回応募するもいつも落選。その中で、本当はランダムな抽選ではないのかも…何か条件で優先順位がついているのでは…と勝手に深読みしていましたが、やっとのことで当選してみると、当たるもんだな…なんて思い返してみたりしています。  過去の抽選案件をリストアップすると下記となります。 === EL FAROファンド#3 抽選方式受付期間 2020/5/21 ~ 2020/5/26 10:00 R Bakerファンド#1 抽選方式受付期間 2020/4/8 ~ 2020/4…

続きを読む

企業の求人は元に戻るのかどうかではなく、元に戻すべきかどうか

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、多くの企業で経済活動が縮小し、業務量が少なくなっています。業務量が少なくなる = 労働力が余っている、という図式になります。  そうした状況もあって、帝国データバンク「人手不足倒産の動向調査(2019年度)」によれば、「正社員不足は31.0%で人手不足割合が大幅に減少、人手が「過剰」とする割合は急増」などとレポーティングされています。  特に、視覚的にも衝撃的な状況を示すものとして、「正社員・非正社員の不足割合 (月次推移)」というグラフがります。  これを見ると、新型コロナウイルス感染症の流行の始まった2020年1月頃から正社員、非正社員が不足しているとする割合が、それぞれ49.5%、29.4%であったものが、2020年4月には、それぞれ31.0%、16.6%へと急激に減少している。  新型コロナウイルス感染症の流行という事象があるが故ではあるが、かなり衝撃的な変化です。多くの人が現在、仕事がない状況であるのが実態であろう。 #参考記事:仕事量が減ったから楽になったということがテレワークの実態なのではないのか  一方で、昨日の2020年5月25日に、緊急事態の解除が宣言されたこともあり、今後は企業の経済活動が再開され、拡大していくことが想定されます。それに伴い、この正社員、非正社員が不足しているとする割合も増加していくものと思われる、というのが一般的な味方なのではないかと思います。  しかしながら、…

続きを読む

緊急事態解除に対する捉え方に大きな隔たり

本日、安倍首相より東京・神奈川・埼玉・千葉及び北海道の緊急事態が解除され、日本全体で緊急事態解除と晴れてなりました。緊急事態宣言解除と言われた場合、世間の多くの人は何を感じるのか。 少なくとも、個人的には、大きな危機が去ったと理解しても良い気もするが、全ての危険がなくなったわけではないのも事実であろうと思うのです。その点で、現状でも、そもそも自粛が必要な状況であることは変わらない。数は大幅に少なくなったとはいえ、東京都では日々、新規感染者が発生しているのだから。 緊急事態宣言=自粛が必要、つまり緊急事態宣言解除=自粛は不要、と理解してしまっては、かなり危ないような気もする。 世の中の日々とのここ数日の行動を見ていると、緊急事態解除に対する捉え方に大きな隔たりがあるのではないか。そんな気がしているのです。 典型的には、下記のような捉え方があるのではないかと推測されます。 〇緊急事態宣言解除=やったー!思いっきり遊べる 既に緊急事態解除前の休日には、湘南海岸などには大勢の人が集まったと聞きます。ニュース報道で。 そうした報道では、若者のインタビューというのが典型的な報道スタイルとなるのですが、そうした若者の弁として「今までずっと真面目に自粛してきたのだから、もう出ても大丈夫と思ったから」というコメントもしばしば。 確かに、これまで真面目に自粛生活してきたことに対しては「頑張ってたね」といっても良い気もしますが、これまで頑張ったからもう大丈夫と…

続きを読む

仕事量が減ったから楽になったというのがテレワークの実態なのではないのか

一気に身近になったテレワーク。通勤電車に揺られることもなく、感染症の危険性も回避できるということで、ある程度の人たちが実施した取組です。 私自身も、過去に類を見ないほどのテレワーク実施っぷりに、驚きつつ、その生活様式の変化に驚いています。日々会社に通勤し、夜遅くまで勤務していたのがウソみたい。 仕事から、わずか30秒で家事に取り掛かれる。宅配便の受け取りをいつでもできる環境。多くの人が今までの生活とは異なるメリットを感じたのは確かではないだろうか。 ごくプライベートな範囲に限定すれば、こうした生活が今後も続けば…と感じてしまう人も多いのではないか。その様子は、5月24日付のニュースで、日本生産性本部から「新型コロナ収束後も「テレワーク続けたい」6割超」という結果が出たと報道があったことも一つの傍証ではあるであろう。 では、なぜ人々はテレワークを望むのか。上記の通り、通勤時間が無くなるなどなど、メリットとして挙げられるものも多い。しかし本当のところは、この新型コロナウイルス感染症の影響で、そもそも従来の業務量と比べて、格段に業務量が減ったことによるものではないかと思うのです。 あらためて言うと、「この4月から5月にかけて、世の中の多くの企業において、仕事が少なくなった…」ということに尽きるのではないか。 業量が少なくなれば、必然的に一人一人の社員の仕事も楽になる…それに加えて、テレワークというプレッシャーの少ないプライベート空間で過…

続きを読む

不労所得は魅力的だけど、どうしたらいいか分からない時に参考にしたい本

 日本人の多くはサラリーマンです。でも、サラリーマンの給料は今後上がっていくのかな?なかなか明るい未来が見通せない昨今です…  直近では、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、企業の業績も下がっていくでしょうし、何より政府の各種対応施策でかかる膨大な費用は、将来の税金で賄われるものだと考えると、今後の税率アップも懸念されるところです。  今後、給料も増えないのに、税金で出て行くお金が増えていく…そんな少しくらい将来が頭にもたげてきます…  そんな時、昔からしばしば耳にする「不労所得」なるキーワードに引き寄せられるのは私だけではないでしょう。給与以外に、実働がほぼない形で第二の収益が得られる方法があるなんて、なかなか実感がわきませんけれどね。  今回は、上記のような心理状況の際に読んだ書籍「“投資”に踏み出せない人のための『不労所得』入門」の中で、「ほうほう…なるほど」と思った部分だけを紹介します。  詳しく知りたい方、取り上げた部分以外の全体的な教えを知りたい方は、ご自分で書籍を購入してじっくり読み込んでください。 〇著者 加谷珪一 氏とはどんな人?  まず「不労所得」なるキーワードで書籍を出す人は、胡散臭い人、というイメージを抱く人も多いでしょう。自分でもそんな所得を得ていないのに、多くの人が気になっている言葉を使って、書籍であおっているとか…  今回の書籍の著者である加谷氏については、そのような怪しい人ではないよう…

続きを読む

ダイナミックプライシングで収益を最大化する割引価格の設定方法

 ダイナミックプライシングとは、一言で言えば、モノやサービスの価格を時々刻々と変動させて、最適な収益を最適化するための技術と言えるでしょう。  価格の変動といった場合に、値下げはもとより値上げも含まれると考えたいところです。  しかしながら、昨今のニュースリリース等で流れてくる情報を持ていると、どうやらダイナミックプライシング=最適な値下げ価格設定、という趣旨に読めてしまします。  ダイナミックプライシングの一つの適用の仕方であるのは確かですが、値上げも意識した取組って少ないよね…と思わざるを得ません。  例えば、直近では、2020年5月21日付でブレインパッド社より「ブレインパッド、アパレル業界の「在庫過剰・衣服ロス」を解決するダイナミックプライシングの実用化に向けた取り組みを発表」というニュースリリースがありました。 === https://www.brainpad.co.jp/news/2020/05/21/11460 ブレインパッド、アパレル業界の「在庫過剰・衣服ロス」を解決するダイナミックプライシングの実用化に向けた取り組みを発表 - 複数の予測モデルと数理最適化アルゴリズムを用いて、通販ブランド「セシール」を支援 - ===  この事例では、ブレインパッドが、ディノス・セシールが運営する通販ブランド「セシール」のオンラインショップで、ダイナミックプライシング実用化に向けた取り組みを推進しているとのことです。  ニュースリ…

続きを読む

在宅勤務の重要ツール!!紙の文字やPCの文字列をテキストデータで取り込むアプリ

 Googleのスマートフォンアプリ「Googleレンズ」に新しい機能が追加されました。「紙のテキストなどを読み取り、テキストデータとして、パソコンにコピーする」機能です。  この機能はかなり画期的!  従来までもGoogleレンズでは、スマートフォンで撮影した手書きのメモや書類の文字を読み取ることは出来きましたが、新たに追加された機能の肝は、「読み取ったテキストをパソコンに共有出来るようになった」ことにあります。  もう一回書きます。  「読み取ったテキストをパソコンに共有出来るようになった」ことが大切なのです。  スマートフォンアプリでテキスト情報を読み取ったとしても、そのテキストデータを使うのはPCであることが多いため、スマートフォン⇒PCへのデータ転送にひと手間がかかっていたのです。従来は…。  しかしこの機能で、そのひと手間がなくなり、かなりの生産性向上です。  下記に具体的な役立ちシーン例を記載します。 〇紙資料でもらった情報をPCで再現(再作成)するのに役立つ  色々な業務の都合上、顧客及び協力会社などからもらう資料、また外部セミナーに参加した時にもらう配布資料などは、デジタルデータではなく、紙資料でしかもらえない時っていまだに多いですよね。  もらった資料の中に重要な情報があった場合、社内用に活用するために、資料を見ながら手入力でPCにデータをインプットすることがしばしばありました。  この入…

続きを読む

東京の新型コロナウイルス感染症の感染者数の増加傾向に変化の兆し?

<そのほかの記事> ------------------------------- 自宅にこもる自粛生活の救世主となるか。おすすめはストレッチポールで、ガチガチな背中のコリをとる http://cafework.seesaa.net/article/474651633.html?1587829024 (続)性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見てみる http://cafework.seesaa.net/article/474535601.html?1587829050 性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見てみるhttp://cafework.seesaa.net/article/474530482.html?1587829072 自粛要請前後の人の移動状況の変化を位置情報で可視化する取組が活発化 http://cafework.seesaa.net/article/474299699.html?1587829098 -------------------------------  東京都における新型コロナウイルス感染症の感染者数は、2020年3月14日(土)頃より、急速に増加しはじめた。その結果、4月8日(水)には、安倍首相により緊急事態宣言が発出された。そして、今週(4/20の週)は、緊急事…

続きを読む

在宅で増えた体重を反省し、ダイエットを考えて明治のチョコレート効果カカオ95%を購入

法律に基づく「緊急事態宣言」(4月8日)に端を発して、多くの人が在宅での仕事などを強いられるようになりました。そろそろ宣言から2週間となろうとしています。 2週間もほぼ家にこもる生活をしていると、運動不足もさることながら、おなか周りを中心に余分なお肉が気になるようになってきました。日々の歩行による移動は、体重の増加回避に一役買っていたとあらためて感じています。 緊急事態宣言の影響で、時間的に余裕があるのもあるのでしょうか。日々の食べ物についても吟味するようになっています。なんでも食べられればいいや…ではなく、美味しいものを食べつつも、少しでも体重を増やさない食べ物はないかしら…と。 〇ガッキーのCMでおなじみの明治の「チョコレート効果カカオ95%」 少しでも体重を維持もしくは減少させるべく色々なものに手を出し始めます。 その中で、近所のスーパーで見つけたのが、明治の「チョコレート効果カカオ95%」です。この商品は名前の通りチョコレートです。テレビでは、新垣結衣(ガッキー)のCMでおなじみのモノのようです。 ちなみに、この商品「チョコレート効果」は、1998年の発売開始から現在までロングセラーにしてトップセラーとのこと。「ポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートだから健康志向がより高まりつつある昨今、ますます注目されている」とのこと。 ポリフェノールをたっぷり含んだ「健康を考えるチョコレート」ということで、体にやさしく、…

続きを読む

自宅にこもる自粛生活の救世主となるか。おすすめはストレッチポールで、ガチガチな背中のコリをとる

 外出自粛の中、自宅にこもる生活をしていると、背中の上が何ともモヤモヤな感じがしてきます。背中が凝ってしまっているのです。  ストレッチなどして、何とか背中のコリをとろうとしても、何の道具もなしに効果を上げるのは至難の業と感じています。  何か良いツールはないものかしら?そんな思いからネットを調べていたら、なんとも頼もしそうなツールを見つけました。  それがストレッチ ポールなるものです。  どうやらこのツールで有名なのは、「ストレッチポール(LPN社製)」というもので、アメリカで用いられていた円柱形のツールにヒントを得て日本のアスレティックトレーナーが開発したエクササイズのツールのようです。  形は、円柱形をしたやや硬めのクッションのようなもの。以前から、スポーツ選手がトレーニングに取り入れていたり、タレントやモデルが活用してメディアでも取り上げられたもののようですね… 1.ストレッチポールで出来ること(効果?) スマートポールの説明を読むと、次のようなことが出来る(効果がある?)ようです。 ◇体を本来あるべき状態に整えるストレッチポール運動 === ストレッチポールを使用したトレーニングをすることで全身の筋肉がゆるめられ、本来の正しい姿勢に戻りやすくなる。 また、副交感神経が優位になるためリラクゼーション効果も期待できる。仕事やスポーツの休憩時間でのストレッチにもおすすめ。 …

続きを読む

テレワークで歩数30%減少とあるものの個人的にはあまり減っていません…

 巷では、多くの人がテレワークを行い、通勤を控える動きがあることから、座っている時間が長くなり1日の歩数がおよそ30%減っているという調査結果がまとまったようです。  この調査は、筑波大学大学院と健康機器メーカの「タニタ」などが行ったものです。  ニュース記事によると、東京都内にオフィスがあるある大手企業の社員約100人を対象に調べた結果であり、新型コロナウイルスの影響以前には平均1日約1万1500歩の歩数であったものが、30%減少となり、8050歩程度になったとのこと。  ただ気になるのは、そもそも新型コロナウイルスの影響以前から平均1日約1万1500歩の歩数というのは少し多い気もしています。調査対象は屋、営業職で外を出歩く人が多かったのかもしれませんね…  さて、30%減少するというのが多くの共通する傾向だとすると、個人的にもそれくらい減っているのかな?と思い、自分のスマートフォンに入っている歩数計測が出来るアプリ「Google Fit」で自分の歩数を確かめてみました。  結果は週別の歩数としてまとめてみました。  この結果を見ると、1月~2月は、各週5万~7.5万歩程度歩いていたようです。単純に1日平均をとると、約7,140~約10,700歩程度となります。上記の調査対象者の新型コロナウイルスの影響以前の結果(1日約1万1500歩)は恐らく平日のみの結果ですので、土日も含んでいる自分の結果としては、こんなものか…  その上で、3月…

続きを読む

マネーフォワードを使えば、新型コロナウイルス感染症の経済対策「持続化給付金」の給付対象を自動判定?

 2020年4月14日、クラウド会計サービスを提供するマネーフォワードから、新型コロナウイルス感染症の経済対策「持続化給付金」の給付対象を予測し給付額を推定」というプレスリリースがありました。  「持続化給付金」なるものは、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上の減少などが発生した事業者を対象とした給付金制度です。  マネーフォワードが新たに提供する機能は、『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』の会計データを元に、自動で「持続化給付金」の対象であるかの予測と予測給付額を把握できるもの。  マネーフォワードのユーザーは、資金繰り状況に合わせて、申請準備に備えることが可能になると説明されています。  たしかに、「持続化給付金」の給付を受けるためには、前年度と当年度の売上から減少率を算出すること等、かなり面倒な作業が求められるものです。  そのような作業を自動化し、「持続化給付金」の支給対象であるか否かを事業者自ら判断できるのはとてもうれしいことですね。 === ◇「持続化給付金」 「持続化給付金」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上の減少などが発生した中堅企業、中⼩企業、⼩規模事業者、フリーランスを含む個⼈事業者等、その他各種法⼈等を対象に、事業継続のための広く活用が可能な給付金制度。 新型コロナウイルス感染症の影響により売上が前年同月比で50%以上減少している事業者に対して支給される見通し。 <「持続化給…

続きを読む

にわかに話題になる濃厚接触「追跡アプリ」~日本独自開発の理由は?~

【参考記事】第1弾:平時以上に進むデジタル技術活用の工夫 ~新型コロナウイルス対策のために~  ここ数日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大する中で、その危機感から日本政府では、スマホのBluetooth機能を使った濃厚接触者を把握できるアプリの開発・導入を進めているというニュースが話題となっています。  内閣府IT担当副大臣であり、また政府の新型コロナ対策でIT活用を担うテックチームの事務局長を務める平将明衆院議員のコメントによれば、下記の状況であるようです。 === 自分たちで開発を進めていこうと考えていて、この1~2週間のうちには地域を絞って第一弾を始められるかもしれない状況だ。 ===  一方で、世界では、先行事例としてシンガポールでは既に同様のアプリを開発・展開済みです。  さらにGoogleとAppleが「10m以内の距離にスマホ同士が近づいた日時を記録」「本人の同意があれば過去14日間に接触した人に通知が届く」「個別のユーザー情報を示さずアラームのみ(通知もなし)」という仕組みを共同で開発を進めている言われています。また、その仕組みは、5月にリリース予定とされています。  このような海外の企業や政府による同様の仕組みの開発が進む中、なぜ日本独自でアプリ開発を進めていくのか。  ネットニュースなどでは、個人情報の取り扱いが国・地域ごとに異なり、単純に海外の仕組みをそのまま適用することが日本国内では難しい側…

続きを読む

抽選に落選しましたが…R Bakerファンド#1の募集

〇ソーシャルレンディングmaneoからのお知らせ「口座管理手数料について(続報)」 http://cafework.seesaa.net/article/474277575.html?1586825291 〇ソーシャルレンディングmaneoからの「口座管理手数料に関するご質問と回答」 http://cafework.seesaa.net/article/474053125.html?1586825309 〇ソーシャルレンディングmaneoでは、口座管理手数料を取るんだ!と驚いた話 http://cafework.seesaa.net/article/473920813.html?1586825328 〇ソーシャルレンディングFundsが経済産業省の取組に協力する理由 http://cafework.seesaa.net/article/473593461.html?1586825347  先日、ソーシャルレンディングFundsの新たな貸付投資案件である「R Bakerファンド#1」において、抽選が行われました。抽選に応募していた方には、抽選結果がメールで通知されているかと思います。  ちなみに、「R Bakerファンド#1」の概要は下記のとおりです。 === <R Bakerファンド#1> 〇予定利回り(年率・税引前) 1.8% 〇予定運用期間 約11ヶ月 2020/5/1〜2021/3/31*予定 〇募集金額 50,000,0…

続きを読む

高くない?銀行間の送金手数料についてやっと公取が動いたね

 4月13日(月)の報道によると、公正取引委員会は、銀行間の送金手数料について引き下げを求める報告をまとめるとことが分かったようです。  銀行間の送金手数料は、長年固定化され、算出の根拠も不透明だと指摘されたとのことです。また、現状の銀行間の送金手数料の実態を下記のように指摘しています。 === ・銀行間の送金は「全銀システム」と呼ばれるネットワークを経由して行われ、その手数料は本来、銀行どうしで交渉して決めるとされている。 ・しかし、実際はすべての銀行で3万円未満の送金は117円、3万円以上の送金は162円に設定している ・手数料は40年以上にわたり見直されておらず、実際にかかる事務的なコストを大きく上回っている ===  そこでさっそくメガバンク3行のインターネットバンキングの他行あて振込手数料を比較してみましょう。多くの人が今ではインターネットバンキングで、送金をしていると思いますので…     〇三菱UFJ銀行 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)では、他行あての振込手数料は下記のとおりです。高いですね。 ・3万円未満 220円 ・3万円以上 330円 https://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/furikomi.html 〇三井住友銀行 SMBCダイレクト(インターネットバンキング)では、他行あての振込手数料は下記のとおりです。 ・3万円未満 220…

続きを読む

(Continued) Is there a difference in the susceptibility t…

In the previous article, we summarized the number of people infected with the new coronavirus in Tokyo by gender and age group. Is there a difference in the susceptibility to the new coronavirus between different genders and ages? Organizing Tokyo's Open Data and Seeing the Difference http://cafework.seesaa.net/article/474530482.html?1586644269 As a leftover from the above article, this time I would like to summarize the data on the number of infected people by generation, based on the population by generation. Please refer to the article at the above link for an explanation of the data used, such as the data on the "Attributes of …

続きを読む

(続)性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違…

 前回、下記の記事で、東京都における新型コロナウイルス感染者数について、性別・年代別の構成割合を整理しました。 性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見てみる  上記記事での積み残しとして、今回は、世代別の人口を踏まえた、世代別の感染者数についてデータを整理したいと思います。  「東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト」の「陽性患者の属性」のデータなど、使用しているデータの説明については上記リンクの記事をご参照ください。 1.前回記事の振り返り  前回記事では、3/14~4/10の週別の世代別感染者割合を整理することで、全体としてみると、感染者の中心は時間の経過とともに、40代~60代から、20代~40代へと移行していることが分かりました。  また、男性と女性とで、感染者数の変化には違いが見られました。  男性は、直近では30代~50代が中心。その中でも特に30代の感染者数が多い。その一方、女性は感染者の中心は20代~30代。  そして男性では、30代~50代が中心であるものの、20代や60代でも一定の感染者数構成割合が見られましたが、女性では、20代~30代が中心であり、それ以外の世代は20代~30代と比べて、感染者数構成割合が顕著に少ない状況となります。  こうした性別による違いを踏まえると、多くの男性と多くの女性の社会的な活動の違いにあるので…

続きを読む

性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見…

 東京都では、新型コロナウイルス感染症に関して、日々の感染状況等の情報発信をすべく、いち早く「東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト(https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/)」を立ち上げ、日々、最新の情報を提供しています。  日々変化する陽性患者数やその属性、検査数など、様々な情報を取得可能な秀逸なWebサイトとなっています。具体的に掲示されている情報項目は下記となります。 === ・検査陽性者の状況 ・検査実施状況 ・陽性患者の属性 ・陽性患者数 ・検査実施人数 ・検査実施件数 ・新型コロナコールセンター相談件数 ・新型コロナ受診相談窓口相談件数 ・都営地下鉄の利用者数の推移 ・都庁来庁者数の推移 ===  上記のWebサイトの特に秀逸な点は、主要なデータをオープンデータとして、CSV形式で取得可能なところにあります。  この東京都のWebサイトを参考に、他の自治体でも、公式・非公式色々ありますが、日々変化する陽性患者数などを提供しているWebサイトが立ち上がっていますが、東京都には及ばないところも目出します。  特に、データをCSV形式で提供していない自治体も多いのです。いまだにPDFでリスト化された情報としている自治体もある…センスないなあ…  それはさておき、本日は、「東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト」の「陽性患者の属性」のデータを活用して、世代別の新型コロナウ…

続きを読む

外出自粛要請~自宅待機では、テレビをディスプレイ代わりにパソコンで作業が快適

 3月末に小池東京都知事の週末外出自粛要請、4月8日の安倍首相による緊急事態宣言などを経て、めっきり自宅にこもっての作業が続いています。  普段からノートPCを持ち歩き、いつでも、どこでも(多くの場合、街中のカフェでの作業)作業をしていますが、自宅での作業となると、ちょっといつもと勝手が違う気もして落ち着かない今日この頃です。  何か気分転換をしようと考えたのが、作業時の画面です。  ノートPCを使っているので、そもそもPC画面はあるのですが、せっかく自宅にいるのだから、もっと大きな画面で作業できないかと思いたったのです。  そこで目についたのが自宅のテレビ。少なくとも普段持ち歩いているノートPCの画面よりはるかに大きい。  早速、テレビの裏側を確認したところ、HDMI端子があるではないですか。これを見た瞬間に、ノートPCから画面出力をHDMIでテレビに投影できそう!  諸々の理由により、一昨年、5mもの長いHDMIケーブルを所持していたこともあり(イベント開催時の講演者PCとプロジェクタ接続用に購入したもの)、それを使ってチャレンジ!  ただ、問題が1点ありました。なんと!Amazon FireTVの接続をしていたこともあり、HDMIが埋まってしまっていたのですよ…  正確に言えば、Amazon Fire TV stickをHDMI端子に差し込むのですが、そのstickのボディーが大きいこともあり、2つあるHDMIのコネクタが無…

続きを読む

電車の朝の混雑具合を公表してほしい…こんな時だからこそ…

電車の混雑。誰もが嫌だと思いつつも、仕方がないとあきらめているもの。駅に行って、乗る電車がホームに到着する瞬間まで、正確にどの程度の込み具合かなんて確かめるすべはなかった。 昨今では、スマートフォンアプリである程度の予測値を見られる路線もあるにはあるが、多くの路線では十分な情報はありませんよね。日々の通勤経験を基に、感覚的にこの時間はこれくらい混む…などと判断するしかなかった。 しかし、昨今のように、緊急事態宣言や外出自粛等の影響で普段とは人の動きが全く違ってくると、どの時間帯で、どの車両で混雑度が高まるのか、これまでの経験値があてにならなくなる。 これでいいのか…こうした有事だからこそ、鉄道事業者は、直近の電車の詳細な時間帯別の混雑度を公表すべきではないのかしら。混雑度の話は、昨今ではデジタル技術を使えば、それ程無理ある話ではなく、データは取得・蓄積できるはず。あとは鉄道事業者がやる気を出すかどうか。 そう思っているところ、次のようなニュース記事があった。 〇朝の混雑具合、一目で 小田急がホームページで公表 「コロナ対策にも役立てて」 神奈川新聞 === 小田急電鉄は、朝のラッシュ時間帯に相模大野─下北沢間を走行する各列車の混雑状況をホームページ上で公表した。分散乗車を促すため、昨秋の調査を基におおよその目安としてまとめた。同社は「新型コロナウイルスの感染防止にも役立ててほしい」としている。午前6~8時台を中心に同区間を走行する列車につ…

続きを読む