20代女性の投資行動の特徴:SNSで投資に関する情報を集める

 「若いうちから投資をして収入を増やそう!」としばしば言われる。  実際に、今まで投資という言葉から、距離があったと思われる20代女性で投資に対する意識が高まっているそうな…まだ投資に踏み出していない20代女子は乗り遅れているのかも…  投資意識の高い20代女子の投資行動の特徴は、投資情報をSNSで集めること。SNSとい…

続きを読むread more

外食や旅行が減少して消費が5%減ったということは5%貯金が増えたということか?

 みんなの貯金はこの一年でどの程度増えたのだろうか?減ったのだろうか?  自分の懐具合は他人に知られたくない、また逆にあえて言うのもはばかられる、そのため実態はどうなっているのか分からない。けれど「本当のところどうなのよ」と隣の同僚、友人や知人に聞いてみたくもなる。  人によっては、コロナ禍で銀行預金の数字の増え方が今ま…

続きを読むread more

収入の少ない一人暮らし20代でもホテルでリッチな気分でテレワークが可能かもしれない

 在宅ワーク、テレワークが推奨されて、自宅で日々、仕事をしている一人暮らしの方も多いであろう。  特に、20代の社会人の多くは、未婚なので一人暮らしであることが多く、ワンルームマンションなど限られたスペースで一日過ごさなくてはいけない。  自宅大好き人間であれば、さして問題ないのかもしれないが、そうでない人は、数日の間で…

続きを読むread more

将来の収入の不安を抱える若者・20代社会人が増えているという事実

 自粛生活もそろそろ1年を迎えようとする中、会社・アルバとの収入が減ったり、今後の増加も期待しにくい社会になっています。  そうしたこの1年の変化を直接肌で感じている若者・20代社会人が増えているという。  2021年1月31日(日)のテレビ番組「Mr.サンデー」では、特集として「急増コロナ禍の投資…プロが始め方を伝授」…

続きを読むread more

カフェで浮き彫りになるその人の意識レベル

 なぜ駅前の分かりやすいところにある大手チェーンのカフェ(喫茶店)は、【この時期・このタイミング】で、あれほど人が集まるのだろうか?  狭くて、空気の循環もそこそこで(少なくともよくはない)、様々な年齢層の顧客が密集する(特に、高齢者が多くなりがち) 場所で、寝ている人がいたり、仕事・宿題をしている人もいたり、ボーっと何して…

続きを読むread more

学校の教科書をデジタルにするか、紙にするで議論あるけど、どちらも使えるようにしたらいいじゃん

 なぜ学校という枠組みになると、議論の論点が不思議なことになるのであろうか? こう思ったのは、読売新聞のニュース記事で報道された下記の内容を読んだからです。 === 文部科学省は1月27日、デジタル教科書の本格導入を検討する有識者会議に、小中学校の教科書は2024年度以降、紙とデジタルの併用とするなど5案を盛り込んだ中間まと…

続きを読むread more

副業のモチベーションを維持する会社員の7つの工夫とアイデア

 最近、サラリーマンをしていると給料がなかなか増えない状況ですが(逆に減ってしまったりもします…)、ちょっとしたお小遣いとなる程度でも収入を増やしたいと思う人は多いです。私の周辺の多くの人も、大っぴらには言いませんが同じ考えを持っています。  多くの大手企業でも、副業が解禁されて、普通のサラリーマンでも副業をしながら、収入アッ…

続きを読むread more

初心者でも、家計簿をつけられる独身女性会社員に向いていると思われる、資産運用の手段としてのソーシャルレンディング

 多くの20代、30代の若い会社員の方々は、毎月一定額の給料の中でお金を遣り繰りし、日々生活していることでしょう。  特に、独身で一人暮らしとなると、様々な支出(出費)があります。会社員の給料は毎月定額となるため、いかに無駄をなくした消費をして、少しでも貯蓄を増やすべく、頭をフル回転させていることでしょう。  毎月、あと…

続きを読むread more

20代・30代サラリーマンが行う預金や株式などの簡単な資産管理(お金の管理)の方法

 20代は、学生から社会人になるなど、人生の中で明確にライフステージが変わる時期です。目の前の仕事を一所懸命にこなす時期、自分の人生経験を広げるために遊びにも一所懸命にも時間とお金を費やす時期でもあります。  遠い将来に備えて、預金を増やしていくというより、どちらかといえば目の前の消費を重視した生活を送り、自分の仕事能力を高め…

続きを読むread more

給料が減った人は、投資信託でなく、はじめてのソーシャルレンディングでリスクを抑えた資産運用を

 ここ数年間、ほぼ給料が増えない状況が続いていることに加え、昨年来のコロナ禍の影響で給料が減ってしまったというサラリーマンは多いのではないか。そういう私もその一人。  そして、多くの人は、減ってしまった給料を少しでも穴埋めしたい、1万円でも、2万円でも、それくらいでいいの収入を増やしたい、と思っているのではないか。まさに、私も…

続きを読むread more

勉強や作業ががっつり出来る安心なカフェの選び方

 自粛生活が強く求められる生活が続きますが、そろそろ、休日に自宅に引きこもり勉強や仕事をすることも限界に近付きつつあります。  自宅には、家族がいたり、テレビやゲームなど他の誘惑もあり、なかなか作業に集中できないなあと思っている人も多いはず。  であればこそ、第三のスペースとして、街中のカフェで勉強や作業をしたいと考…

続きを読むread more

学習効果を大きく高める新たな方法、それは電子書籍をフル活用すること

 新しいことを学び、知識を身につけようと思ったとき、本を読むことはとても重要な方法となります。  本は、学びたいテーマに関する知識の源となり、学校では教えてくれない知識・考え方も教えてくれます。特に、独学で、実践的なノウハウや知識、方法論などを学ぶ手段としては最適です。  多くの人たちは、セミナーや学校などに通うのが…

続きを読むread more

絶対に仕事を休めない人のための感染リスクを少しでも下げる対策グッズ

 新型感染症が不安でも、大切な仕事や約束があって、どうしても人混みに行くことが避けられないことがあります。  例えば、避けがたい人混みとしては、通勤電車の中や、新幹線や飛行機などの長距離移動の交通機関の中、さらにビルのエスカレータやエレベータなどが典型例です。  自分が感染して倒れたら、仕事が止まって大損害となる、同…

続きを読むread more

自宅で休むための「こたつ」VS自宅で仕事するための「こたつ」

 新年早々、自宅でテレワークをする人が増加しているのではないかと思います。その中で「なんで自分だけがこんな寒い思いを…」という人も多いはず。  家族に邪魔されずに仕事をするには、普段使わない部屋、物置を使ってテレワークするのが良いのですが、暖房環境が整えられておらず、足元の寒さに耐えられなくなってしまいます。  新た…

続きを読むread more

予想される今後の庶民の生活環境の悪化、解決手段としての資産運用

〇2021年以降の問題点を提起  2021年以降は、下記の点で庶民にとって大変な年になるであろう。 (1)政府の支出が過去類を見ない程に大幅に増加していることから、将来、税金が一層多く徴収されるようになる。結果、個人(特にサラリーマン)の懐が痛む。 (2)民間企業の業績が落ちていることから、今後、民間企…

続きを読むread more

ユニクロの誕生感謝祭のおまけ戦略に好感

〇ノベルティグッズは行けていない  多くの場合、企業のロゴが入ったノベルティグッズ(例えば、ノートやペン、シール、USBメモリ…)は、大変気の利かないモノだと思っている。  企業の宣伝、認知度向上を狙ったものであろうが、もらう側の感覚としては嬉しくはないし、単にごみが増えるだけという感も否めない。環境にもやさしくはない。 …

続きを読むread more

今投資して大丈夫なのか?株式型クラウドファンディングの新案件

〇新しい手段としての株式型クラウドファンディング  近年、株式型クラウドファンディングの新案件が次々に募集され、数千万単位で個人投資家からの投資を受けられるようになっている。  スタートアップ等の起業家の視点から見ると、新しい資金調達の手段であり、自らの目的に役立つ一つのツールであろう。  しか…

続きを読むread more

問題発生:コロナ禍の中での年末年始は、Fire TV Stickでネットフリックスの海外ドラマを…

〇ネットTVの問題点は、ネットワークの切断が起きること  頻繁にネットワークが切断される。ネットTVを視聴しようとしたときに遭遇する問題だ。本当に、しばしば発生し、イライラしてしまう。あーいらつく…  たった1時間の海外ドラマを1本視聴するだけなのに、その間に3回以上もネットワークが切断し、WiFiのパスワード設定からやり直…

続きを読むread more

平井デジタル相の酷評は、何をいまさら感を感じさせるものである

〇平井デジタル相の発現は今更感満載  「政府のつくっているものは、すべて使い勝手がイケていません」。閣議後の会見で平井デジタル相は会見でこう発言したらしい。  この発言があったことがニュースで流れているが、この意見自体は何をいまさら…と思うだけの新しさのない意見である。現在の政府の情報システム等が使い勝手が悪…

続きを読むread more

お願いだけではもはや抑制できないのは人間が何事も慣れる存在だから

 新型コロナ感染症の第3波が押し寄せてきている中、政府及び医師会などが盛んに外出自粛などを国民にお願いしています。  今年の4月、5月と比べても、数倍以上多い日々の感染者数の報告数を見ていると、政府及び医師会などの呼びかけが、危機にひっ迫している中で、重要な呼びかけのように感じる人もいるでしょう。  しかし、実際のところ…

続きを読むread more