派遣という選択肢をポジティブに選択する人が増えているらしい。バブル時代の再来か

今の若者の中には、就職活動の時期において、積極的にフリーランス、派遣という形を選ぶ学生が一定程度増えているようである。ある特定の企業に就職するのではなく、自分の好みに応じて、仕事量や勤め先を選べる、派遣社員、フリーランスという形を積極的に選ぶというのだ。 この話を聞いた時に、バブル時代の就職活動を思い出してしまう人は多いのでは…

続きを読むread more

計画やプランに対する姿勢の違い、自分都合の計画に固執する若者

就職活動をする学生の話や、企業への志望動機などを相談されることがしばしばある。特に、1月から4月においては、就職活動真っ盛りということもあり、志望企業に対するエントリーシートなどの記載を相談される。 まずは、自分で一度書いてみて、ということで第一次案を提示するように促す。そうして提示されたエントリーシートでの志望動機や自己PR…

続きを読むread more

今年の注目すべきイベントや動向

やはり直近のマイナス金利解除があるかなしかという動き、ロシアの大統領選、米国の大統領選、イスラエル情勢、日本で言えば参院選などであろうか。 株価四万円達成した今年、今後どうなるのか。全ての事象が経済環境に大きく影響を与える。振り返らずとも、ここ数年の間で一番世の中が変わりつつある、変わっていることが実感できる年になるのではない…

続きを読むread more

マイナス金利が解除される直前の雰囲気

民間企業の賃上げ圧力が最高潮に達しているからだろうか。満額回答という言葉が乱発する中、その流れに沿って、日銀が久しく維持してきたマイナス金利政策を解除するという推測が出回っている。 マイナス金利という不自然な状況を早く解除したいという思惑はわかる。しかしながら、マイナス金利を前提としたこれまでの動きがここで大きく修正を迫られる…

続きを読むread more

偉い人の講演と対話?なんのために開催されるのかしら

企業文化が大切だとして、会社のトップが各部署単位でタウンホールミーティングを開くという動きは、大手企業では一般的なのかもしれない。トップが発する言葉や、考えを社員一人一人に伝える事を狙ってのことだと思う。ただ、いざ開催してみると、なんだかグダグダであることが多い。 要は、伝えるべきメッセージは本当にあったのだろうかと、疑わしい…

続きを読むread more

バツゲーム化する管理職の話が広がりつつある?

先日、とある新書で、管理職がバツゲーム化しているとの主張の書籍を読んだ。記載されていることは、現実と照らして、ごく妥当であり、また共感を呼ぶものであろうと思う。 ただこの話がどの程度世の中に広がっていくか、社会的なある種のムーブメントになるのか、判断がつかないでいた。重要な話しではあるものの、管理職は世の中の極々一部の人でしか…

続きを読むread more

名店の内側、飲食業の調理場動画

YouTubeの動画で、一大ジャンルになっているのが調理動画、それも名店と言われているお店のものがある。料理が好きな人は、どのように調理しているのか知ることができるし、料理ができなくても、美味しいものが好きな人は大いに楽しめる。 こうした裏側、今までであれば、見ることができなかった。その場面を、無料の動画で見ることができる時代…

続きを読むread more

貯金という行動の意味と価値観、そして将来へのストーリー

今様々なSNSなどで、貯金をするという行動が大きく推奨されている。いわゆるインフルエンサー的な若者が、20代で●●万円貯金したと実際の成果を提げ、様々な指南を視聴者にしている。 別に、貯金という行動は否定されるべきものではないし、それを推奨することも悪いことではない。できるならばしても問題ない。ただ、違和感も感じるところである…

続きを読むread more

ビジネスホテルが1万円超とのニュース記事、コロナ前のホテル満杯と同じ減少になりつつあるのか

2019年以前、つまりコロナ禍になる前の時期、ビジネス出張の際に大いに困ったことがある。それは東京や大阪などの大都市の宿泊施設がどこもいっぱいになっていて、抑えられなかったということだ。 仕方がなく、ビジネスホテルよりも格段に高い宿泊料を払って高いホテルを押さえるか、少し郊外のホテルを抑えるかしなくてはならなかった。諸外国から…

続きを読むread more

本当に集中力により大きく変化する理解力、英語のヒアリングに現れる

日々、英語のヒアリング力を高めるために、英会話をスマホとワイヤレスイヤホンを使って、電車の中などの移動中に聴いている。繰り返し、繰り返し、色々なシーンの色々なフレーズを聴いている。 そこでよく感じるようになったことがある。早朝などの比較的、頭がスッキリしていて、疲れていない状態で聞くとスッと、フレーズが英語のまま理解できる。言…

続きを読むread more

書店振興を施策として取り上げた経済産業省、出口はどんなイメージになるのか?

近年、一層大きく減少しているのは書店。紙の書籍の売り上げは落ちていることから書店の数も減ってしまっているということか。しかし、書籍は文化や教育にも繋がる重要なものなので、それを取り扱う書店をなんとかして復活させていきたいということか。 それにしても、どのような出口が考えられるのであろうか。数が減っているということは収入が減って…

続きを読むread more

受験生なども、イヤホンで受験直前の精神統一などを行うのであろう

スポーツ選手でも、大会の競技の本当の直前の精神統一の段階では、音楽を聴きながら準備をしている。そんなシーンはしばしばみられる。フィギュアスケートの選手が、競技直前のストレッチの際に、イヤホンをつけて、集中しようとしている姿が印象的。 同じように、受験といった人生の一大事の日の朝などは、精神統一やリラックスが必要で、そうしたとき…

続きを読むread more

テーマを決めてネタを積み上げ、同時に動線を意図的に作る、それでアクセスは増えるのか

今や国民の大多数が自ら情報を発信できる状態になっている。それが故に、情報がありすぎてなかなか選ばれないのが常になっている。 かたや、それほど高尚なことを発信しているわけではないが、やたらみられている情報もある。この違いはなんだろうか?一般の人の情報もそれとあまり変わらないというものがあるのである。かたやアクセスが殺到し、かたや…

続きを読むread more

貯金を推奨する動画がいっぱいあるのだな・・・20代で4桁万円を達成した手法を公開しているものなど

これも一つのトピックであるとするならば、あり得ると思うが貯金の方法を指南する動画が多数あることを最近発見した。このようなテーマがあることは、意図して検索キーワードで引っ掛けないとなかなか普通の人は気づかないい、見れない動画なのかもしれない。 それにしても、貯金にここまで血道を上るとは、ある意味ですごいなと思う。20代の貴重な時…

続きを読むread more

4万円という平均株価と専門家のコメント

バブル時代に記録した最高価格を超えたということで世間では盛り上がっている。株価が上がる要因は、バブル時代とは異なるであろうが、外形的には価格を上回ったのは事実である。 専門家のコメントには、まだまだこんなもんではないというコメントもあれば、株価は上がっているが実はすでにリセッションに入っているというコメントなど、何が真実なのか…

続きを読むread more

忍者の家は面白い。韓国ドラマとはまた違った趣がある。ネトフリ作品としては同じなのに。

やはり面白いのであるが、趣がが異なる。ネトフリ作品で世界的にも人気が出てきた作品で韓国ドラマはしばしば見てきた。日本人としては、その作風や、見せ方社会観の違いがおもしろい。 一方、日本の普通のドラマはちょっと垢抜けないというか、物足りなさを感じていた。その上でネトフリの忍者の家を見ている。当初は、日本のドラマだから、たとえネト…

続きを読むread more

東京マラソンは毎年開催されるが何故これほどに影響力があるのか

毎年のことであるが、3月の初めに東京ではマラソンが開催される。寒いこの時期に開催されるのは、炎天下の夏に開催するよりは良いということなのかもしれないが、世の中的には忙しい年度末の最中。 これに喜んで参加できる人たちは、年度末とか関係ない人なのか。そもそもマラソンに参加する人のモチベーションとはどんなものなのか。純粋に走ることが…

続きを読むread more

ドンキホーテのほとんど革靴は面白い

革靴は履いていると不都合が発生することがある。不都合とは何か?履いていると疲れる。足首に負担が多い。靴擦れが発生しやすい。様々な不都合がある中、それでもフォーマルなのか、多くの人が履き続ける。はかざるを得ない状況にある。 ちなみに、ごくごく最近である。サラリーマンでもスーツにスニーカー、女性でもスーツにスニーカー、などのファッ…

続きを読むread more

日々の充電がそれほど苦痛ではなくなったのはなぜか?

一昔前、携帯電話や携帯バッテリー、そのほかの電子機器の充電が苦痛であった。身の回りに複数の機器があった時、使いたい時に使えるように日々しっかりと充電をしておかないといけなかった。 ただでさえバタバタな日々を過ごしている中で、毎日寝る前に充電をセットして・・・ということをしばしば失念してしまっていた。結果、翌日、充電不足で作業し…

続きを読むread more

呼吸とはこんなにも大切だったのか

人間は息を吸わないと生きていけない。何を当たり前のことを言っているのか。そう思われる方もいると想う。それは当然で、誰もが意識せずに息を吸っているはずである。 今回言いたいことは、無意識に呼吸をするのではなく、意識的に、長く深い深呼吸を1日のうちで一定の時間実施するということである。 人間は無意識のうちに、置かれた環境やプ…

続きを読むread more