【maneo/投資】あなたも投資すべき?評価やリスクが気になるソーシャルレンディング

■評価やリスクが気になるソーシャルレンディングとは?  ソーシャルレンディングという言葉はご存じだろうか?日本の銀行預金の数百倍の利子(案件により異なるが3~8%の利子)が得られる仕組みとして注目を集めている。  このソーシャルレンディングは、「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」をインターネットで結びつける融資仲介サービスのこと。近年、クラウドファンディングという言葉が広まるにつれて、融資型クラウドファンディングとも呼ばれるようになっている。  ソーシャルレンディングのパイオニア米国では、「レンディングクラブ」という会社が2014年12月に株式上場を果たすなど、米国社会では相応に社会に浸透している金融サービスである。  近年注目されはじめたソーシャルレンディング。銀行に貯金してお金を眠らせておくよりも、このソーシャルレンディングに投資した方がお金が増えそうでもある。 ■日本のソーシャルレンディングは?  では、日本ではソーシャルレンディングサービスを提供する会社はあるのか?もちろんある。日本のパイオニア的なサービスは、maneoという会社が提供している。  その他に、SBIソーシャルレンディング、AQUSH等の老舗的なサービスもあれば、クラウドクレジット、トラストレンディング等、近年次々の新しいソーシャルレンディングが生まれている。もちろん、それらソーシャルレンディングの評判やリスクはいろいろ。  その中で、ソーシャルレンディングをやっている人はど…

続きを読む

【上野/日記】上野アメ横(2016/1/1 街歩き)

<街の様子>  正月元旦と言えば、アメ横。ということで1月1日午前にアメ横の賑わいを体験しに行きました。    想像通りの人混み。仲見世通りは人だかりで歩くのも大変。ただ、近年まれに見る大きな異変を感じました。なんと!人混みの3分の1(当方の感覚値)は、外国人(意外に欧米系の方が多い)なのです。そして、露店の店員も外国人!!  日本の昔ながらの正月の風景のひとつアメ横。ここも国際色豊かになったものだと感心してしまいましたよ。もし外国人の方々がアメ横に来ていなければ、かなり寂しい風景になっていると思うと、高齢化ニッポンの未来に寒気を感じてしまいます。  あと、マグロの解体ショウもやっていましたが、その最前列を占めていたのもやはり外国の方々。かなり珍しいのでしょうね…

続きを読む