【国際展示場正門/展示会】第2回ウェアラブルEXPO(2016/1/14 参加)

大人の出会いの場。そう、ビジネスの世界での新しい製品・サービスとの出会いの場が展示会です。近年、様々なテーマで、個別の展示会が開かれ、その宣伝メール等が私の手元にも届きます。 今週水曜日~金曜日(1/13-1/15)にも、東京ビックサイトでは「ウェアラブルEXPO」なる展示会が、他テーマの展示会と併設で開催されています。 そこで今回は、出会いの場なのに出会えない展示会について、近年の傾向を思いのままに記載していきます。 ■どれほどの人が集まるの?展示会 一般の方にもイメージしやすい展示会として、エレクトロニクス製品の展示会があります。日本で言えば幕張メッセで毎年開催されるCEATEC、米国ではラスベガスで開催されるCESなどが有名です。 これら2つの展示会は非常に大規模な展示会です。特に、CESは毎年1月初旬(今年は先週開催されていた)に開催される展示会ですが、今年は、自動運転自動車、人工知能、IoT、ウェアラブル端末など、近年特に注目されるテーマが多くかなり盛り上がったようです。 実際、友人がCESに行ったのですが、「やっぱり米国はすごかった」というほど大規模で活気があったようです。日本にいた私ですら、ネットニュース記事で次々とCESの様子が伝わってくるので、活気があるのだなと実感していたところ。 一方、国内の展示会の状況はどうか?近年、日本のCEATECは、出展企業数も減少傾向であり(特に大手企業の出展が減少)、来場者数も減少し、じりじりと活気がな…

続きを読む