【融資型クラウドファンディング/投資】投資前に納得しておくべき3つの内容

最近「融資型クラウドファンディング」と呼ばれるようにもなっているソーシャルレンディング。 一例として3~10%程度の運用利回りが得られるということで「新たに投資してみようかしら」と考えている人もいるかと思います。 そんな「これから始めたい」という人に、お金を投じる前に納得しておくべき点を3つ紹介します。 日々、ソーシャルレンディングで資産運用する中で、個人として実際に感じた点となります。 ■その1:どのような企業にお金を貸すか、詳細は分からない。 老舗のソーシャルレンディング「maneo」を例にとり説明します。 maneoは、資金の借り手(融資を受けたい企業)と資金の貸し手(投資する人。あなたです)をマッチングする仕組みと言えます。 maneoは、「資金の借り手」の必要金額に応じて、ファンドという形で「資金の貸し手」から投資を募ります。 そのため、どの「資金の借り手」にお金を投資するかは、「資金の貸し手」であるあなたが決めることができます。 ただし、重要なのがここからです! 「資金の貸し手」であるあなたが「資金の借り手」を決めることができますが、その「資金の借り手」の情報が制限されているのです。 例えば、「○×事業を行うF社」と、「資金の借り手」を特定できないようになっているのです。 つまり、ソーシャルレンディングでは、どの企業に投資しているか明確にわからないことが多いのです。 より詳細に「資金の借り手」の返済可能性…

続きを読む