【加谷珪一/書籍】「これからのお金持ちの教科書」から学べる3つのこと(CCCメディアハウス、2016/2/11読了)

 加谷珪一氏の書く書籍は、今後のサラリーマンの資産づくり、収入の確保を考える際にとても役立つ助言や将来見通しが非常に多いものです。例えば、次の2つの書籍は必読の書ではないでしょうか。 ・お金持ちの教科書(CCCメディアハウス) ・これからのお金持ちの教科書(CCCメディアハウス)    加谷珪一氏の著書の中のいくつかは、それほど内容のないものもありますが、上記の2つはとても役立つ。今後のサラリーマン、ビジネスマンの生活や働き方を考える上で不可欠と思います。  そこで今回は、2015年12月7日初版発行された「これからのお金持ちの教科書(CCCメディアハウス)」から学べる3つのポイントを紹介します。 <目次> 1.年収を殖やしてお金持ちになることは案外難しい 2.事業化には手間やコストがかかる資金調達が必要だったが、それから解放される世界が来る 3.個人のアイデアや知恵こそが今後の資本となる 1.年収を殖やしてお金持ちになることは案外難しい  同書では、経済活動を通じて富を形成する方法には2種類あると解説しています。そのひとつめは、毎年の収入を最大化して、より多くを貯蓄していく方法です。そしてもう一つは、資産を保有して、その価値を高めていく方法です。  前者の方法は、例えばサラリーマンの給与所得のようなものです。この方法では実は大きな富を形成することは難しく、限度があるのです。なぜならば、サラリーマンの一人の給与所得には実質的に上限…

続きを読む

【Crowd Lease/投資】貸付型クラウドファンディングの貸出先として、店舗設備等の動産物件はあり?

 新しいソーシャルレンディングサービスが開始されました。その名も「クラウドリース(Crowd Lease)」といいます。中小・ベンチャー企業投資に特化した貸付型クラウドファンディング事業となっています。その特徴は、中小・ベンチャー企業投資に特化ということですが、さらに具体的に、店舗設備等の動産物件を主体としていることです。  この新しい貸付型クラウドファンディングは、maneoマーケットが資金の募集・勧誘等を行う仕組みとなっています。では、「クラウドリース」を運営する事業者は何をするのか?そのあたりを整理したいと思います。 <目次> 1.優良な投資案件を組成できる? 2.なぜmaneoマーケットを活用? 3.投資の前にここをチェック ■1.優良な投資案件を組成できる?  貸付型クラウドファンディングでは、ネットを通じて、個人でも簡単に事業者等に貸付を行えて、利子を稼げるところに魅力があります。  ただその一方で、そこで組成された投資対象が本当に優良かどうか、判断材料も心もとないところが、個人の投資家としては感じるところでしょう。  そこで、創業したばかりの「株式会社Crowd Lease」の代表取締役 武谷 勝法氏のこれまでの取組を少し見てみることで判断材料の足しにできればと思います。  武谷 勝法氏は、2000年10月25日設立の株式会社ダーウィンにて代表を務めている方のようです。株式会社ダーウィンは、商事サービス、フレグランスサービス…

続きを読む