【上野/ディナー】「とんかつ武蔵野」ボリューム満点な“とんかつ”うまし (2016/2/14 ディナー)

 本日は、千駄木、谷中、日暮里を散策後、JRを使って上野に来て作業。その合間に、夕食として、「とんかつ」を食しました。 <目次> 1.なかなか入る機会のなかったお店「とんかつ武蔵野」 2.西欧風の外国の方に人気の「とんかつ」店 3.上野 とんかつ といえば… 1.なかなか入る機会のなかったお店「とんかつ武蔵野」  訪れたお店は、以前から目を付けていたけど、なかなか入る機会のなかったお店、「とんかつ武蔵野」です。上野の飲み屋街の裏路地にあるこの店。周囲には、怪しい客引きのお兄さん、おじさんがいる界隈の入り口近く。普段は、そんな雰囲気からあまり近くに行きづらい場所の近く。  ただ、「とんかつ武蔵野」はごくごく、まっとうなお店ですからね。ご心配なく。チェーン店のような少し安っぽいお身ではなく、昔ながらのとんかつ屋さんといった雰囲気を漂わせるお店です。 [ここに地図が表示されます] 2.西欧風の外国の方に人気の「とんかつ」店  期待して入店してみると、西欧風の外国の方がカウンターで「とんかつ」を食していました。やっぱり、外国の方は、これぞ日本の食、といった印象を持つのでしょう。多くの外国人観光客が訪れるようです。  というのも、店内に英語で「店内では写真は撮らないでね」と書いてありました。相当、外人さんは興味津々でこのお店を訪れるのでしょう。  さて、注文した「とんかつ」は、本当においしくいただきました。一人1,300円と一般の夕食と…

続きを読む

【神田/ディナー】「ワインの酒場。ディプント神田店」は若者一杯。活気一杯。 (2016/2/13 ディナー)

 本日の日中は、日本橋のカフェで作業をし、日が沈み、暗くなってきたころに夕食を取に神田まで来ました。  神田は、新橋に次ぐ、都内のおじさんのオアシス。駅前に飲み屋街があります。平日の夜だけではなく、土曜日の夜も、それなりに多くの飲み屋さんが回転しています。  最近思うのですが、新橋、神田と言えばサラリーマンのおじさんの街というイメージがいっぱいですが、土日となると結構な割合で若者も遊び?に来ていますよ。実に以外。イメージが先行しすぎですね。  今夜は、神田の中で比較的若者が集うお店に来ました。「ワインの酒場。ディプント神田店」です。生ハムを頂きつつ、ワインを飲む。神田的なのみではないですが、ワインの酒場は、他の街の店舗にも行ったことがあったので、気楽に楽しめました。 「ワインの酒場。ディプント神田店」 〒101-0047東京都千代田区内神田3-18-8 ホワイト駅前ビル1F [ 営業時間 ] 月~金:17:00-24:00 (Dinner) 土:17:00-23:00 (Dinner) 日・祝:17:00-23:00 (Dinner) [ 定休日 ]年中無休 [ 最寄り駅 ]神田駅 [ 分煙情報 ]空間分煙  

続きを読む