【給付型奨学金/日記】安倍首相の「給付型奨学金の創設」表明にモヤモヤ。条件付きでならあってもいいかも。

 2016年10月28日の新聞紙の報道によれば、"政府は来年度にも、大学生らを対象とした返済不要の給付型奨学金制度を導入する方針を示している”とのことである。また、これまで政府は財源不足などを理由に消極的だったものの、政府が方針を転換したと報じている。その背景には、教育費負担の増加、格差問題、十八歳以上への選挙権年齢引き下げがあるようだと。  具体的には、政権与党の自民党は、住民税が非課税の低所得世帯を対象として、一定の成績基準や学校推薦があることを条件に、月額三万円以上を支給する制度の創設を検討中とのこと。  今年の春頃にも、"安倍晋三首相は、給付型奨学金を創設する考えを表明”という報道もあった。その話が具体化してきたということであろう。ちなみに、給付型奨学金とは、その言葉通り、返さなくてもよいお金ということ。  しかし、この安倍政権の「給付型奨学金制度」の検討に少しモヤモヤしたものを感じてしまいます。 <目次> 1.返さなくてよいなら誰だってもらいたいのでは?奨学金 2.お金がなくて大学進学を断念せざるを得ない人には必要な給付型 3.給付型奨学金をもらうための条件とは? 1.返さなくてよいなら誰だってもらいたいのでは?奨学金  大学進学時に、もし返さなくてもよいお金をもらえるのであれば、誰だってもらいたいと思うでしょう。  特段、勉強がしたいわけでもないけど見栄もあって大学に行くと考えている人や、そもそも学力的に現段階で進学が…

続きを読む

【神保町/ランチ】早めのご来店を。スープカレー屋 鴻(オオドリー) 神田駿河台店

 カレーとスープ。この不思議な組み合わせ。  神保町×カレーと言えば、ボンディ、ペルソナ、ガヴィアルなどの欧風カレーのお店に魅かれつつも、あえてスープとカレーの組み合わせを選択。本日は少し早めのランチをスープカレー屋 鴻(オオドリー) 神田駿河台店でいただきました。  この店、近場のサラリーマンがよく利用している。なので、11時30分頃になれば、続々と4~5名程度のおじさんたちが群れをなして入店してくる。  それを知っていたので、一足先に入店し、チキンスープカレーを注文。  スープカレーを美味しくいただきました。ただし、辛さはレベル「1」で一番、辛くないものを選択したのにそれなりに辛い。辛いものが嫌いな人とは一緒に来ない方がよいお店です。  ちなみに、この通り沿いにあるエチオピアというインドカレー店もかなり辛いですよ。  スープカレーと言えば、札幌ドミニカも有名店。京橋と銀座の中間あたりに1店、それから新宿マルイの裏側に1店ありまして、後者にはよく行きます。  そこで気づいたのですが、鴻(オオドリー)も札幌ドミニカも、スープカレーのお店は、何時も混んでいる。みんな、スープカレー好きなのでしょうか?  ちなみに、「一般社団法人日本スープカレー協会」なる協会もあるようです。  

続きを読む

【nendo 佐藤オオキの新年度への助言/新聞】日本経済新聞のインタビューに答える「なんでも自分事、職場に甘え、な…

 今日の日本経済新聞に、nendo 佐藤オオキ氏のインタビューが掲載されている。この紙面は、ここ最近、職場での働き方について特集している紙面であり、これまでも様々な企業人が登場してきた。  本日は、nendo 佐藤オオキ氏なのである。リアルタイムすぎだろ!一昨日、nendo 佐藤オオキ氏の近著について記事書いたばかりなのに。  ということで、さっそく、新聞紙面を読んだところ、新年度に新しい職場で働き始める新卒、新入社員に向けた助言的な内容になっていて、そのポイントは「なんでも自分事、職場に甘え、なじむ」とのこと。  確かにそれ大事。でも、佐藤オオキ氏の近著で述べられていたような、彼の細かな仕事ノウハウの話は一切なかったな。紙面が限られているから仕方ないけど。  この記事を読んで参考にするのも良いけど、佐藤オオキ氏の著書を読んだ方がより面白いなと思います。もう今週の金曜日には、4月1日になり新年度です。ぜひ、「佐藤オオキのスピード仕事術」(幻冬舎)は読まれた方がよいですよ。 記載した記事はこちら。 【nendo 佐藤オオキのスピード仕事術/書籍】仕事術、いたく同意します。「新人にはまずスピードを体感させる」

続きを読む

【nendo 佐藤オオキのスピード仕事術/書籍】仕事術、いたく同意します。「新人にはまずスピードを体感させる」

1.佐藤オオキ氏は、近年注目を集めるデザイナー、その本もぜひ読んで欲しい  デザインオフィスnendoの代表を務める30代後半のデザイナーです。最近、至る所で佐藤オオキ氏を目にする。(例えば、電車の中での広告とかね…)  本屋さんでも、nendo 佐藤オオキ氏の「佐藤オオキのスピード仕事術」(幻冬舎)なる書籍も販売していました。どんな人なのか?気になったので早速、同書を読みました。  この本「佐藤オオキのスピード仕事術」の内容では、随所に、仕事を進める上での注意点等について、しっかり仕事ができる人の考え方が反映されていると、感心して読むことができました。  その中で、いたく同意する部分をご紹介したいと思います。  ぜひ、多くの方に、「佐藤オオキのスピード仕事術」(幻冬舎)を読んでもらいたいです。 2.新人にはまずスピードを体感させる  「佐藤オオキのスピード仕事術」(幻冬舎)の中に、「新人にはまずスピードを体感させる」という節があります。  佐藤オオキ氏は、新しくスタッフを採用する際のことについて語っています。デザインオフィスだけあって、作品の出来を基準にするかと思いきや、最も重視するのは、スピード感なのだそうです。  同氏は、同じ作品を作るにしても、1か月かけるのと1週間で仕上げるのとでは使う「筋肉」が違うとして、同氏の仕事のスピードについてきてもらうためには、1週間で仕上げるための「筋肉」を新人に意識してもらうことが大切とし…

続きを読む

【神田/カフェ】コーヒーのお代わりもあるカフェ。神田珈琲園。

 JR神田の高架下。ここに味のあるカフェがある。  本日は、神田珈琲園にて作業を行いました。神田にちらほらと勉強や、作業に使えるカフェがいくつかありますが、ここもそのひとつ。  ここの特徴の一つは、スモーカーにとっては嬉しい、全席喫煙可となっていること。味のある灰皿もありますしね。煙草を吸いつつ、勉強、作業ができます。  ただし、難点もあります。  閉店が早いこと。今日店の中をのぞいたら、なんと18時には店じまいの様子。日中の早い時間帯でのみの利用に限定されてしまうこと。これがひとつめの難点。  二つ目の難点は、いつものごとく、電源がない。一応、店内の掃除機用でしょうか?コンセントがある部分があるので、その近辺の一部席では電源利用可能ですが、多くの席で使用不可となります。  やはり、モバイルバッテリーは不可欠です。  最後に、このお店の最もうれしいこと。それはお代わりがあること。コーヒーのお代わりがお願いできる店って、実は意外と少ないですしね。ただ、そんなに何倍も飲めませんが…

続きを読む

【歯医者とルーチンワーク/日記】歯医者に通い続けて、虫歯の治療はいつ終わるのか?

 数か月前より、毎週、歯医者に通っています。  毎週決まった曜日の、ほぼ同じような時間帯に通っており、ほぼ毎週のこなすべきタスクと化しています。人間は不思議なもので、このような毎週のルーチンワークとなっていると、通うのが当たり前のような気になってきます。  しかしです。あらためて考えると、虫歯の治療が終われば通う必要はなくなる。  そのはずです。  私の場合にも、当初から気にしていた部分の虫歯の治療がすでに終わっており、通わなくてもいいのではないかと薄々感じているところです。  しかし、歯医者は、ある部分の虫歯の治療が完了すると、次々と「ココも今のうちに治療した方がよいよ」といって、「では来週また」と治療を続けています。どこかで、こちら側から、もういいよと言わないと、永遠と治療が続くのかしら。  歯医者の立場に立てば、多くの患者さんに通ってもらってなんぼの商売ですよね。なので、次々に虫歯を見つけ、ルーチンワークのように患者に毎週通ってもらうよう促したくなるのでしょうね。  皆さんは、そんな場合、歯医者さんにどう対応されているのでしょうか?  一応、お医者さんですので、強く言いにくいですよね…

続きを読む

【残業と生産性/日記】本当に公平で、妥当な取組なのか?残業80時間、長時間労働の抑制のための労働基準監督署の立ち入…

 立ち入り検査する基準を、残業時間が月80時間以上の事業所とするようだ。  新聞の報道によると、政府は労働基準監督署立ち入り検査の対象を、残業時間月100時間以上から、残業時間月80時間以上の事業所と基準を引き下げるとされている。長時間労働に歯止めをかけるため企業への指導を強化することが狙いらしい。  確かに、不当に残業をせざるを得ず、さらに残業代が出ないケースも世の中には散見されるので、方向性として異論はない。  しかし、その施策だけで、日本社会全般として、また中長期的な日本社会にとって果たして良い影響を与えるのだろうか?  結局、やるべき仕事は変わらない。  適正な業務量を適正な時間内でこなすことが大前提にあると思うのだが、その点が十分に説明されていない気がする。  世の中には、普通の人であれば、残業せずにこなせる業務であるはずなのに、まったく仕事を終わらせられない人が少なからず会社にいる。そういった人が、80時間以上の残業が一律無理だからと言って、仕事をしなくなるといったことが起きるのではないか?  それはその人の生産性が著しく低いのが問題なのであるが、その生産性が低いことをその個人が解消する、もしくは生産性が向上しない人の処遇を下げて、企業の負担を軽減しないと、周囲の普通に仕事をしている人にしわ寄せがいくのではないか。  そうでない限り、結局、普通に仕事をしている人の残業時間を押し上げることになる。そして、80時間以上の残業が一律無理とい…

続きを読む

【朝の電車/日記】ラッシュの人混みの中、電車内を歩くサラリーマンに「いらいら」。

 朝の通勤の電車は、ラッシュの時間ということもあり、人混みがすごい。電車内でも人が立っているのがやっとで、歩くスペースはない状況もしばしば。  大きなターミナル駅になれば、一斉に多くの人が降りていきます。多くのサラリーマンが同じ場所で降りるのです。オフィスが同じような場所にあるのでしょう。  さて、「いらいら」することが、電車内であります。それは、車両間を移動するサラリーマンです。降りる駅での出口に近い車両を目指しているのでしょう。電車が移動中にもかかわらず、次々と電車内を車両から次の車両へと移動していきます。  そういった電車内を歩くサラリーマン等に共通しているのは、ラッシュの時間帯で、こんなに車内が混んでいるのに、歩くときに細心の注意を払っているように見えないこと。多くの電車内の他の人にぶつかっていきます。ぶつかっても何も言わない。少なくとも、「ごめんなさい」くらいは言ってくださいね。  そもそも、降りる駅の出口に近い車両に、初めから乗ればよいのではないか、とも思います。そうすると、その車両は多くの人が乗ろうとするので、一層込み具合がすごいことになる。そうでしょうが、電車が動いているときに、車両から別の車両へ歩くのは、他の乗客に迷惑ではないかと思うのです。  それであれば、駅に降りてから、ホームを急ぎ足で移動した方がよいのではないか。  朝なので、時間がないという状況なのもよくわかります。であれば、少し早く電車に乗って、時間に余裕をもって通勤するのが…

続きを読む

【上野/ランチ】美味しい、とんかつが食べられる定食屋は、上野公園の近く。

 上野駅のほど近く、上野公園の近くでもあり、また御徒町駅の近くでもある、美味しい、とんかつが食べられる定食屋に行ってきましたよ。  一日3回程度しか食べられない食事は、できるだけ美味しいところに行きたいですからね。なので、美味しいと有名な、上野のとんかつ屋を選んだのです。  そのお店は、「とんかつ山家」。有名店ですよね。実際に、ランチの時間帯にお店の前に行ったら、行列ができていました。いつもは行列に並ぶのが嫌なので、スルーするところですが、今日はどうしても食べたいので、泣く泣く行列に並びました。 ■やっぱり、美味しかった、とんかつ山家。ロースかつ定食(大)  どうしても食べたかったのは、とんかつ山家、で基本的なメニューのロースかつ定食。それも「大」でおなか一杯食べました。  お店は、1階と2階があり、一人で訪れた自分は、1階のカウンター席に通されました。カウンターの内側では、とんかつ職人?の男性2名が心地よい声をかけながらとんかつ作りに励む。その横で、おばちゃんがごはんとお味噌汁をセットして、配膳。  そのごはんが炊き立てで美味しかった。定食屋のごはんは、電子ジャーで保温していて、少しパサパサであることが多い中で、とんかつ山家は、そのあたり分かっている。炊き立てに近い美味しいごはんはうれしいですね~  そして、本命のとんかつは、大きくてボリュームがある!さらに、一口食べると、お肉の脂身の部分が絶妙な美味しさです。  これで、ロースかつ定食…

続きを読む

【ソーシャルレンディング/投資】金利でお金を貯める資産運用。maneoのこれまでの融資(3/21時点)

 個人で資産運用のひとつの手段として活用できるソーシャルレンディングには、今では色々なものがあります。その中で、運用を始めて7年たっている老舗的なソーシャルレンディングとして、maneoがあります。  maneoでは、多くの情報が公開されていて、それを見るだけで色々なことを考えることができます。金利でお金を貯める資産運用をしたいと思う人が、リスクはどうなの?安心してお金を増やせる方法なの?など迷っている時、役立つ判断の材料となります。  そこで今回は、どのような企業にお金を投じているのかを整理してみました。 <目次> 1.特定の企業向けと、その他多様な企業に融資している 2.特定の企業向けといっても、2社向けの案件が特に多い 3.まとめ ■1.特定の企業向けと、その他多様な企業に融資している  まず、maneoでは融資をする先として、どのようなところにお金を貸しているのでしょうか?案件組成のバランスを見てみました。  ファンド組成のくくりとして、ざっくり、特定の企業向けの融資案件なのか、その他雑多なところをくくって融資案件としているのかで整理してみました。  その結果を見ると、特定の企業向けの融資案件は件数ベースで57.8%、金額ベースで59.0%となります。6割程度を、ある特定の企業向けのファンドが占めています。  ちなみに、その特定の企業は、29社あります。maneoでは、この29社向けの案件組成が多いということですね。 …

続きを読む

【池袋/カフェ】朝から勉強に使えるカフェ。営業時間は朝7時から@カフェ・ド・巴里

 土曜日、日曜日の朝は、勉強をするにはもってこいの時間だと思いませんか?  平日に頑張って働いたのだから、土日くらいは、朝は寝ていたいとか思っていませんか?  土日の休日の朝こそ、しかり早起きして、ごはん食べて、勉強すると得した気分になります。それに、土曜日、日曜日こそ、しっかりとした生活リズムが培われて、平日の仕事にも生きてくると思っています。  だからこそ、土曜日、日曜日の朝こそ、早起きして、勉強。朝から勉強に使えるカフェに来ました。 朝の7時から営業しているカフェ:池袋@カフェ・ド・巴里  今回紹介したいのは朝から営業していて、勉強もできるカフェです。  場所は池袋。池袋にはいろいろとカフェがある中で、比較的に朝の早い時間から営業しているのが池袋北口付近にある「カフェ・ド・巴里」です。  本当は、朝の6時台から営業しているところがあると嬉しいのですが、それはなかなかない…7時からでも早い方です。もちろん、朝の勉強に向いていないカフェは除外。  池袋の北口の地下から出て、徒歩2分もかからない。ここがカフェ・ド・巴里。  朝だから、人通りも少ない。朝帰りのお姉さんや、お兄さん、おじさんはちらほら駅に向かって急ぎ足ですけれどね。そのような中で、これから勉強するぞ!とカフェを目指すのは私くらいでしょう。 朝の勉強の前に、朝ごはんもカフェで。モーニングセット680円  朝から勉強するにも、お腹が減っていては効果激減です。…

続きを読む

【新人コンサルタント/日記】新人のうちは、とにかくアウトプットが重要!コンサルタントの力を身に付けるには。

 身近に、某大手コンサル会社の新人である知人がいます。その周辺の方々にもお会いしたことがあり、それらの方々とはちょっと仕事で絡むことがあったのですが、皆、すごく能力が高いことがすぐ分かりました。  やはり、いるところには、いるのですね。能力がある人は…  さて、そんな中で、件の新人コンサルタント君の話です。どうやら彼は、会社の中でもそれほどパフォーマンスが良くはないようです。仕事で絡んだ際の、私の感想も然り。  周りにあれほど能力がある人が沢山いる会社の中で、なぜ、新人コンサルタント君はパッとしないのか?個人の資質と言ってしまえばそれまでですが、いくつか要因を整理してみました。  もちろん、端から様子を見ていてのことですが… ■誠実な対応の気もするが、いつも「はい」と即答する癖  仕事のやりとりで、相手から力強く「はい」という返答があることは、一般的には誠実に話を聞いてくれて、前向きに対応してくれる人と評価されるのかもしれません。ただ、ことコンサルタントという職業の人は、必ずしも、それが良いこととは言えないようです。  一般的に良し悪しを明確に分けられない難しい問題に直面した場合に、その判断について相談する相手が、いわゆるコンサルタントという職業の人かと思います。  そのため、コンサルタントという立場であっても、ズバッといつも答えを出せるわけではありません。慎重に状況や条件などを検討して、どちらがベターな判断かを整理するために、コンサルタントと相…

続きを読む

【魅力の源泉/カフェ】キラキラした女性店員さんが魅力の源泉。人の集まる魅力のあるカフェ。

 毎週のように立ち寄るカフェがあります。そのカフェは、こだわりのある特別なカフェではありません。いわゆる、チェーン店のカフェです。  でもそのカフェは、とても多くの人が集まる。その要因は、魅力的な女性店員さんが2名いることです。  実際、その魅力的な女性店員さんがスタッフとして勤務している曜日・時間帯に、やたらとおじいさんやおばあさん、おじさんが集まってくる。  ずっと不思議だったのですが、最近、その2名の女性店員さんがお店を退店したことで、大きくお客の入りの様子が変わりました。そこで確信を持ちました。  このカフェの魅力は、その2名の女性店員さんだったと。 ハキハキ、笑顔の健康的な大学生風の店員さん  多くのお客を引き付ける、その件の女性店員さんは、どのような人だったのか?  直接話を聞いたわけではないです。ただ、何十回とお店を利用して、はたから様子をうかがっていた中での予想ですが、女子大生のアルバイトだったようです。  今回の退店も、この3月末で卒業し、就職するためだとか…  この2名の女性店員さんは、アルバイトとはいえ、常に動き回り、お客さんに気を配る様子は、まさにカフェの正社員そのもの。そして、今時の女子大生の中でもスラッとして、健康的で、働き者。  そうであれば、おじいちゃん、おばあちゃんは、自分の孫のように可愛いのでしょう。土日の早朝の開店時間から、次々にお店にやってきては、飲み物の注文がてら、嬉しそうに言…

続きを読む

【奨学金/日記】学校別の未返済率が出回ることで、どのような大学のランク付けになるのだろうか?

 今日のニュースを見ていたら、割と関心があるテーマの記事を見つけました。  独立行政法人・日本学生支援機構が奨学金の返済が滞っている人の率(未返済率)を大学や専修学校など学校別に公表すると決めた、ということらしい。そして、学校側から「大学のランク付けにつながる恐」など反対の声が出ているようです。  なお、同機構によると、昨年度末時点の未返済者は約32万8千人(未返済率9%)、滞納額は計898億円とのことです。そして、未返済者は年収が低い傾向がある…という。  学校別の未返済率が出回ることで、どのような大学のランク付けになるのだろうか?   ■クラスで2名程度?未返済率9%ってどれくらい?  まず、感覚としてどれくらいの人が未返済となるのでしょうか?よくクラスで何人、とかいうではないですか。そのイメージだとどれくらいなのでしょうか。  そこで、少し調べてみると、日本学生支援機構の「学生生活調査」(平成24年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部で52.5%、大学院修士課程で60.5%、大学院博士課程で66.2%だそうです。  となれば、単純に計算して、ひとクラス(大学でクラスというくくりはなじまないけど、高校までのイメージで)40名と考えて、その21名が奨学金を受給していることになりますね。  この数字だけでも、ちょっとびっくり。今の大学生はこんなにも奨学金をかりているのか…  そして、その9%が未返済になるとすると、1.…

続きを読む

【1~3月までのまとめ/書籍】面白いビジネス・技術等の書籍。今年の3か月で読んだおすすめ本まとめ。

 今年もはや3か月が終わろうとしています。といっても、まだ3月が半分残っていますが…この3月末から4月初めにかけては、年度の切り替えの時期ということもあり、業種・業界によっては多忙を極める季節。  しかし、4月を迎えしばらくすれば、新年度で気分も新たに本などもいつもより多く読んでみたくなる季節ではないかと思います。  そこで、今年の1月から3月現時点までに読んできた本の中で、一部ですが、読んで面白いおすすめの書籍について整理します。 <目次> 1.【柚木麻子】私にふさわしいホテル(新潮文庫) 2.【松田卓也】人類を超えるAIは日本から生まれる(廣済堂新書) 3.【真山仁】当確師(中央公論新社) 4.【浅子佳英、宇野常寛、門脇耕三】これからの「カッコよさ」の話をしよう(角川書店) 5.【河合隼雄、立花隆、谷川俊太郎】読む力 聞く力(岩波書店) 6.【加谷珪一】これからのお金持ちの教科書 (CCCメディアハウス) 7.【稲見昌彦/書籍】スーパーヒューマン 誕生! 人間はSFを超える(NHK出版新書) ■1.【柚木麻子】私にふさわしいホテル(新潮文庫)  近年、本屋で発掘した作家の中で、1位, 2位をあらそうお気に入りの作家さんの本です。基本的には、中高生から、会社のOLさんなど、女性を主人公とした物語が多い。女性ならではの世界の捉え方、そして女子同士のつながり等々、面白く読めます。  この他にも「終点のあの子」「ナイルパーチの女子会」、もちろん「ラ…

続きを読む

【池袋/ランチ】まだ並んでいるの?味噌ラーメンを求めて。花田 池袋店

 世の中春休みか?と思わせるほどの人だかりの池袋。池袋で作業中をして昼過ぎに、ランチを食べにお店を物色していました。  いつも思うのですが、池袋って、ある程度落ち着いて食事できる場所が少ない。もちろん飲食店はたくさんあるのですが、どのお店も人がいっぱいで騒がしい。なかなか好みのお店を見つけるのが難しいですね。  そうは言っても、お腹が減るので、好みのお店はあきらめて、美味しいものを食べられるお店を探していたところ、「麺処 花田 池袋店」に行くことに。 [ここに地図が表示されます]  最近、ラーメンばかり食べているなぁ~と思いつつも、交差点の角を曲がって「花田 池袋店」に到着…。お店の前に到着しましたが、その瞬間にやはりやめようと判断しました。めちゃくちゃ行列できている…  他にもラーメン屋さんはあるのに何でこんなに並ぶの?まあ、自分もその一人になりうるのですが…あきらめて、次の機会に「麺処 花田 池袋店」にチャレンジできるように、メモとして記事を記載。

続きを読む

【バッグ/日記】キャリーバッグは邪魔なのですけど。モノを持ち歩く人が増加中?

なぜキャリーバッグは評判が悪い?  東京都内の比較的大きな駅内を歩いていると、必ずと言っていいほど目にするのがキャリーバッグを引きつつ歩く人です。  特に、東京駅では、さすがに新幹線のターミナル駅だけあって、遠方から東京に来た人、東京から遠方に行こうとする人が多いため、たくさんの荷物をキャリーバッグに詰め込み持ち歩いている人があちこちに。  このキャリーバッグ。周りの人にとって、すこぶる評判が悪い。  電車内等では場所をとるし、周りの歩行者の歩行の邪魔になる。  そうした状況もあり、独立行政法人国民生活センターからも「くらしの危険 キャリーバッグでの事故」なる資料を公表し、周囲への迷惑防止のために注意を喚起しています。  その中で、次のような事故の傾向が示されています。 <キャリーバッグの事故の傾向> ケース1:繁華街で  繁華街を歩いているとき隣を歩いていた人が引いていた、キャリーバッグがぶつかり、転んでけがをした。 ケース2:駅で  旅行中の駅で、若い男性が前を歩いており、その後ろを歩いていたところ、突然その男性が立ち止まったか方向転換をしたため、男性の引いていたキャリーバッグに激突し、頭から点灯した。 ケース3:駅で  新幹線を降りた時、前方の乗客のキャリーバッグに右足をとられて転倒した。 ケース4:階段で  主人が3年前に購入したキャリーバッグを自分が出張で使った。駅の階段を下りていた時、突然持ち手が取れてキャリーバ…

続きを読む

【日本の統計2016/書籍】出版の戦略。書籍の出版点数と平均定価(総務省統計局 日本の統計2016)

※関連記事はこちら。書籍の他に雑誌の統計を知りたい方向け。 男性週刊誌の統計を見る!週刊プレイボーイは善戦!? 日本の統計2017/書籍:書籍の出版点数と平均定価から見る出版戦略分析をフォロー(2016年に続き)。(総務省統計局 日本の統計2017)  先日の3月10日に、総務省統計局から「日本の統計2016」が公表されました。様々な分野の統計データが公表されています。  今回その中で注目したのが「書籍の出版点数と平均定価」というデータとなります。  昨今(というかそれなりに前から)、出版不況と言われていて、雑誌が休刊や廃刊になったり、出版社の経営が傾いたり…と非常に苦しい出版業界のようです。  しかし、実際のところ出版物の状況はどうなのか?出版点数と平均定価の観点から見ることができます。  そもそも、世の中のみんなは、本を読まなくなったと言われています。その真偽はわかりませんが、普通、人々が本を読まなくなれば、本は売れなくなり、したがって出版数が減っていく。  さらには数が少なくなるので、価格も上昇していく…というのが想定する状況なわけです…  しかし、この統計データを見るとあらためて、世の中の出版に関わる「アレ・コレ」が分かりました。以下では、そのポイントを紹介します。 <目次> 1.出版点数は増えている? 2.書籍の分野では、社会科学、芸術、文学がビック 3.出版点数と平均価格の変化に見る、出版の戦略? 4.社会科学、自然科学、技術…

続きを読む

【maneo/投資】3/10時点の投資家構成。1/4と比較して。400~1000万円の増加率が特に高く。

   日銀のマイナス金利政策にともない、日本の銀行預金のメリットが低下しているとの報道が各所でなされていますね。一部の新聞では「タンス預金が増加」「金庫の販売数が増加」など、本当ですか?という記事も見かけます。  カネ余り、資金の運用先の欠如という状況の中で、融資型のソーシャルレンディングが一つの、資金運用先になるのではと思い、直近の投資者数を比較してみたいと思いました。  データが取得できるソーシャルレンディング「maneo」を例に取り上げ、比較してみましょう。ちなみに以前の記事(2016年1月4日)で書いたように、2016年1月4日では、maneoの会員登録者数は、31,630人。  そして、実際に投資をしている人の数は、2016年1月4日時点、4,002人でした。全maneo会員数の内の12.7%に過ぎませんでした。会員になったけど、投資をしていない人が大半といった結果でした。  なお、下図は2016年1月4日時点のmaneo投資者の内訳。  では、2016年3月10日現在の状況はどうでしょうか?マイナス金利政策を受けて、少しは変化しているのでしょうか? ■1. 2016年3月10日現在の会員登録者数は、32,537人で2.9%増  それでは、2016年3月10日現在の会員登録者数を見てみましょう。すると、会員登録者数は、32,537人でした。2016年1月4日時点の31,630人と比較すると、2.9%増となります。 ・201…

続きを読む

【早朝のおじさん/カフェ】おじさんで一杯。早朝のカフェでの一場面

<目次> 1.朝のカフェでおじさんは何をしているのか? 2.東京都内で考えてみる。早朝から営業しているお店はどれくらい? 3.朝のカフェ1店舗にどれくらいのおじさんがいる?早朝カフェにいるおじさんの数は?12万人? 1.朝のカフェでおじさんは何をしているのか?  朝の7時。早起きして都内のカフェで作業に勤しむ毎日です。平日の朝からカフェに行くと、驚くことがあるのです。そう、実は朝からカフェはお客さんでいっぱいになるところが多いのです。恐らく、朝の通勤ラッシュの前に、勤務地付近まで移動したい人が多いのでしょう。  そのような朝のカフェで気づく点があります。いっぱいいるお客のほとんどが、40~50代のおじさんなのです。そして、おじさんは朝から何をしているのか?多くの場合、ぼーっとしているか、なにやらスマートフォンをいじっています。  この光景を見ると、少し寂しく感じてしまうのは自分だけでしょうか?  朝早く家を出て、カフェで暇な時間をつぶしている…家にいにくいのかな…などと余計なお世話ですが、思ってしまうのです。さて、こうしたおじさんはどれくらいいるのでしょうか?正確な数字はもちろん世の中に存在していません。そのため、超ざっくりと推計してみたいと思いました。 2.東京都内で考えてみる。早朝から営業しているお店はどれくらい?  まず、全国津々浦々でどれくらい?と考えるのは難しそうなので、東京都内のおじさんの数を推計しようと思います。都内の喫茶店…

続きを読む