【maneo/投資】2016年4月のソーシャルレンディングの募集案件数、募集金額を整理してみた。投資の際のご参考に。

 新年度のひと月目である4月が終わろうとしています。毎月恒例の、ソーシャルレンディング(融資型のクラウドファンディング)であるマネオ(maneo)のファンドの募集と募集金額をまとめてみました。  この整理作業を毎月やっていますが、ここ最近、「満額成立」の割合が低下しているのでは?とも感じられます。  つまり、不成立にならないにしても、「成立」となることがしばしば。募集金額に届かずに募集終了となることが散見されます。  融資案件の組成のスピードに対して、お金を投じる個人投資家数が足りないのでしょうか?などなど気になる点も出てきています。  いずれにしても、毎月のタスクとして、2016年4月の融資型ファンドの募集開始の傾向を整理しました。 <目次> 1.ファンド募集件数と募集日(2016年4月) 2.融資型ファンド募集総額(2016年4月) 3.1月、2月、3月の募集との比較 1.ファンド募集件数と募集日(2016年4月)  2016年4月のmaneoでの融資型ファンドの募集件数の総数は68件でした。これは、前月である3月(50件)よりも多い件数です。  また、4月の募集総額は1,933,570,000円(約19億円)となり、3月の1,087,440,000円(約10億円)と比べるとほぼ倍増です。ただし、2月が2,209,830,000円(約22億円)であることから、3月が募集金額が少ない月だったようです。  4月の募集があった日は、…

続きを読む

【rakunew/随筆】rakunew(楽ニュー)というECサイトで注文したが、商品が届かない。rakunewの評…

※この後日談についての記事はこちら。 【rakunew/随筆】rakunew(楽ニュー)というECサイトで、2か月遅れで商品がやっと届いた。rakunewの評判は? 関連記事:発想の転換!クラウド対応スマートノートブック「ロケットブックウェーブ」  本当であれば、リアル店舗で実物を見て、商品の良さを確かめてから購入したいものって多いですよね。しかし、近くのお店では売っていない商品というものが増えてきた気がします。  特に、マニアックな商品や、海外のレアな商品などは、リアル店舗で買えないものが多いです。例えば、OURAリング、ロケットブックウェーブ等。しかし、多くの人から買いたいと思ってもらえる商品でないと、リアル店舗側でも扱いにくいのも分かります。ネット通販になるのは仕方ないか…  その場合、ネット通販として購入せざるを得ないのですが、ネットでの決済が心配になることも多いです。セキュリティ上、ネット決済大丈夫かしら…本当にお金を払って、ものは届くのかしら?などと、不安な点はいっぱい…  そんな中で、仕方ないと思いつつ、ネット通販で購入したはずの商品が届かなかった事案について、下記で状況を紹介します。  商品が届かないし、問い合わせをしても無下に対応されるし、トホホ…な状況でした。 <目次> 1.楽ニューという会社が運営している「rakunew」というサイト… 2.「rakunew」で頼んだのに、数か月たってもいまだに商品が届かない… 3.最近のネッ…

続きを読む

【新入社員/書籍】今年の新入社員向けにおススメ本を選んでみた。ビジネスと技術について。

 4月は、新入社員の配属の時期。当たり前だけど、まだまだ学生気分の抜けきらぬ様子。これから始まる仕事の基礎づくりとして、書籍を読んでもらうという話になり、いくつか本を選んでみた。個人的にはとても面白く、かつ分野の感覚を持つのに役立つ本だと思っている。  ぜひ、新入社員に読んでほしいが、興味を持って読みたいと言ってくれるだろうか?年上の人間として、少しドキドキするところもある。  今日は、新入社員におススメするために選んだ本をご紹介。 <おススメ本> 1.藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」(幻冬舎文庫) 2.伊藤元重「流通大変動 現場から見えてくる日本経済」(NHK出版新書) 3.小笠原治「メイカーズ進化論 本当の勝者はIoTで決まる」(NHK出版新書) 4.稲見昌彦「スーパービューマン誕生! 人間はSFを超える」(NHK出版新書) 5.松田卓也「人類を超えるAIは日本から生まれる」(廣済堂新書) 6.松尾豊「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」(KADOKAWA) 1.藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」(幻冬舎文庫)  この本は、サイバーエージェント社長の藤田晋氏が、その昔に書いた本です。  サーバーエージェントを立ち上げ、会社を大きく成長させていく過程にそって、社長としての悩みや考えを打ち明けている。良書だと思っています。  2000年頃のITバブル、そしてその後のバブル崩壊後にも生き延びてきたベンチャー社長の…

続きを読む

【万年筆/随筆】文字を手書きしなくなった昨今。パイロットのカクノ(KAKUNO)で文字を書く習慣が復活。

 学生時代とは違い、社会人になると、オフィスでもどこでも、文字を手書きする機会が激減する。そのためか、日に日に、漢字が書けなくなる。読めるが書けない、思い出せない漢字…  そんな中、半年前くらいから、万年筆をひょんなことから使い始めた。  万年筆と言えば、小さいころは、お金持ちのおじさんが使うもの、会社の社長や大学教授等の偉い人が使うものというイメージがあった。実際、万年筆は高い。高いものが多い。  学生時代には、単に文字を書くだけだから、そんなに高い筆記用具は意味があるの?などと思っていた。  しかし、社会人になり、オフィスのパソコンで事足り、文字を書かなくなった。そのような中では、鉛筆やボールペンで文字を書くことが面倒、というか、文字を手書きすることが苦痛になってきた。  なぜ、文字を手書きするときに、鉛筆やボールペンは、厄介なのだろう?長い文章を書くときなど手が痛くなるし、なんか心地よくないと…  そんな時に、万年筆を某所からもらって使ってみたのである。  そう、パイロット社から発売されている「カクノ(KAKUNO)」という製品である。これ万年筆なの?というくらいの値段でリーズナブルな製品。  万年肇使ってみた時には、驚いた。鉛筆やボールペンとはまるで書き心地が違う。万年筆が文房具業界でしっかりとしたカテゴリとして存在するわけだと。  もちろん、インクはすぐになくなるし、なくなったらいちいち取り替えなくてはいけない。その意味で…

続きを読む

【つくばエキスプレス(TX)/随筆】つくばエキスプレス(TX)の東京駅延伸の話。最近、なんだか鉄道網の話が多い気が…

 国土交通省の交通政策審議会で、つくばエキスプレス(TX)の東京駅延伸の話が出たらしい。  2030年の首都圏の鉄道網の在り方を検討した結果をまとめたということであるが、最近、この手の鉄道インフラの話が多い気がする。鉄道網を整備すれば、確かに便利になる地域があるのは確かだけど、今後人口減少が進む日本で、費用対効果を考えた時に適切なのかしら?  つい先日開業した北海道新幹線。必ずしも乗客が想定通りの数に達していないならしい。確かに、地域経済に、波及効果はあるようであるが、金沢までの北陸新幹線と比べるとかなり見劣りする結果。  例えば、1年や2年といったスパンで見ると、北海道の新幹線は投入した費用に対して、効果が見劣りする結果になりはしないか。  また、北陸新幹線の大阪までの延伸についての議論も、与党検討委員会でまさに検討されているところ。金沢までの北陸新幹線の成功を見て、検討が勢いづいているけど、本当に効果があるのであろうか?  ルートとして、敦賀―米原ルート、敦賀―小浜―京都ルート、敦賀―舞鶴―京都ルートなどが検討されている。北陸から関西までの交通の便という点で考えると、敦賀―米原ルートでよい気もするが、なぜわざわざ京都の北部を迂回するルートを検討候補にいれるのかしら?  いずれにしても、鉄道網の整備に関する議論が活発化している様子がうかがえる中、今回、つくばエキスプレス(TX)の東京駅延伸の話を聞いて、少しびっくりしたのです。  整備するはい…

続きを読む

【人工知能(AI)/随筆】日本の今後の人工知能技術(AI)の研究開発の方針。「第1回 次世代の人工知能技術に関する…

 本日は、朝から夕方まで、お台場にある日本科学未来館 未来館ホールにて、「第1回 次世代の人工知能技術に関する合同シンポジウム」なるシンポジウムが開かれている。  総務省、文部科学省、経済産業省、国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と、そうそうたる国の各種機関が主催となり開催されているものです。  午前中のセッションでは、日本経済団体連合会、情報通信研究機構、理化学研究所、産業技術総合研究所などの講演があった。  日本経済団体連合会のような経済界の話はわきに置いておくとして、情報通信研究機構、理化学研究所、産業技術総合研究所などの研究機関の講演では、今後の人工知能技術の研究開発成果を実りあるものにしていくうえでの、日本の方向性を示唆する研究者の意見を知ることができた。  個人的に理解したポイントは、大きく3つある。 <目次> 1.データを集まることが大切。ただし、質の良いデータ。 2.データ量、モデルではなく、大切な競争軸は学習方法。 3.基礎研究から実業までを迅速に進めること。 1.データを集まることが大切。ただし、質の良いデータ。  昨今、ICTの進展に伴い、膨大なデータが世の中で生まれている。だから、データは既に大量にある。それをいかに使っていくかを考えていかなくてはならない。多くの人がそう考えている。確かに、その考えはある意味の真実である。  ただし、このシンポジウムの講演…

続きを読む

【クラウドバンク(Crowd Bank)/投資】証券会社が運営するソーシャルレンディングを支える投資家とは? だれ…

 クラウドバンク(Crowd Bank)は、日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス。様々なソーシャルレンディングサービスが日本国内で立ち上がる中で、証券会社が運営する初めてのソーシャルレンディングということを、売りにしているようです。  2014年にサービスを開始して以来、2016年4月23日現時点までに、累計応募金額64億4,801万円、分配金総額¥1億6,250万円に達しており、それなりの規模です。  ただし、老舗的なソーシャルレンディングのマネオ(maneo)は7周年を迎え、累計成立金額452億6,612万円であり、募集金額としてクラウドバンク(Crowd Bank)は、マネオ(maneo)の1/6程度となります。  サービス期間は、マネオ(maneo)が7年程度、クラウドバンク(Crowd Bank)が3年程度を勘案すると、まだまだ規模的に小さいのかもしれません。  本日は、このクラウドバンク(Crowd Bank)の「応募総額60億円を突破」(2016年3月14日)のプレスリリースに面白い情報があったので紹介します。 1.クラウドバンクの応募総額は順調に拡大。半年で10億~18億増加のペース。  日本クラウド証券が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」が2016年3月14日に応募総額60億円を突破したと、ニュースリリースがあります。  そのニュースリリース内では、クラウドバンクがサービスを開…

続きを読む

【VR:仮想現実/随筆】アニメも美女も自治体もお台場も、みんなVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)

 最近、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)が話題ですね。あたかも、映像の中にいるような疑似体験を実現する装置。まるでSF映画やアニメの世界のようなツールです。  そうアニメの「ソードアート・オンライン」のような。  ソードアート・オンラインと言えば、TOKYO MXにおいて、2014年11月8日より毎週土曜 23:30~にテレビでオンエアされていたアニメ。公式Webサイトでは、ストーリーが下記のように紹介されています。 2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。 《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG ※「ソードアート・オンライン(SAO)」は世界の注目を浴び、 「SAO」正式サービス開始日、プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。 だが「SAO」の開発者・茅場晶彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。 このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。 ※ VRMMORPG=仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム  まさに、盛り上がりつつあるVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)は、ソードアート・オンラインにつながる技術(本当に、アニメのようなとこまでは技術的に疑問だけど…)。  さて、現時点で、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)を実現する端末の開発、そして発売が進んでいます。例えば、 ・オキュラスの「オキュラス・リフト」 ・台湾HTC…

続きを読む

【スマートレンド/投資】4月18日にサービス開始したソーシャルレンディングは、15日時点で229名の投資家申請。口…

スマートレンド(Smart Lend)がサービス開始  先日(4月18日)、新しいソーシャルレンディングサービスであるスマートレンド(Smart Lend)がサービス開始しました。そして4月20日現在、オープン記念ローンファンドとして、8本のファンドを募集開始し、すぐに満額成立しました。  短期間に2億6040万円の資金調達を実現しています。順調にサービスが始まったようですね。  ちなみに、スマートレンド(Smart Lend)の代表ブログによれば、「第1号案件はたった3分弱で満額成立」とのこと。サービス開始を待ち望んでいた投資家がそれなりに多くいたのだと思います。  また同ブログによれば、サービス開始前の15日時点で229名の投資家申請に達していたそうです。もう300名超でしょうが…。  ただ、オープン記念ローンファンドとして満額成立した8本のファンドは、代表ブログでもコメントがあった通り”ユニークな案件”なのでしょう。運用期間がすべて1か月というものですし。  ゴールデンウィーク(GW)前には、新たにファンド募集を行うとのことですが、今後継続的に投資家から資金を調達できるかどうかは、それにかかっていますね。 スマートレンド(Smart Lend)では、大企業も貸出対象に  さて、このスマートレンド(Smart Lend)ですが、Webサイトのサービス説明等はとても分かりやすい情報が載っていて好感が持てます。  例えば、「Smart Lend…

続きを読む

【マイナス金利/投資】個人投資家に負担?マイナス金利のしわ寄せが個人投資家に向かうのはなんか違う気がする。年間数十…

 日銀のマイナス金利政策。銀行等金融機関の収益が圧迫され、厳しい状況であることはわかります。そんな中、本日の日本経済新聞を見ていたところ、気になる記事を見つけました。  マイナス金利 投信に転嫁  運用各社 投資家の利益目減り(日本経済新聞1面)  記事によると、資産運用各社はマイナス金利に伴う負担を手数料として投資家に転嫁する方針を決めたとのこと。三菱UFJ国際投信や大和証券投資信託委託などが、マイナス金利に伴う負担を投信の基準価格に反映させるとのこと。  ちょっと、びっくりしました。この点について、個人投資家に負担を転嫁するのは、そもそもの日銀のマイナス金利政策の趣旨?と違うのではと思うのです。  以下にこのニュースを見た時の所感を記載します。 <目次> 1.そもそもお金を眠らせておかないための政策と理解している 2.だって、個人投資家が投資するメリットが減るでしょ? 3.年間で数十億円に及ぶ個人投資家の負担 1.そもそもお金を眠らせておかないための政策と理解している  そもそも、今回、日銀がマイナス金利政策に踏み出した理由は、金融機関がお金を眠らせておくのではなく、積極的に企業に投資したり、貸し付けたりして、世の中でお金を回していきましょう、ということだと理解しています。  例えば、大手銀行が一般生活者から預金という形で多くのお金を集めていたとしても、なかなか融資先がないとして、お金を貸し付けるのではなく、日銀にお金を預けてい…

続きを読む

【女の子の客引き/随筆】女の子の客引きに見る時間効率とお店の思惑。女の子が道路に立っていることに意味はあるのかな?

 カフェで数時間作業をしていると、カフェの窓から近隣の繁華街の様子がよく見えることがあります。その中にひときわ不思議な人たちに気づくことがあります。  若い、かわいらしい女の子がぽつんと突っ立っている。  何をしているのだろう?  その場に居合わせると、多くの人が気になってしまうくらいの違和感があります。観察の結果、分かってきたのは、彼女たちが、いわゆるガールズバー的な(色々なコンセプトがあるようで、スウェットなど寝間着姿の時もあれば、チャイナドレス姿、高校の制服姿等様々)お店の客引きのためだと予想されます。  夜、繁華街に行くと、居酒屋の客引きに声をかけられたことがある人は多いでしょう。  新宿歌舞伎町は典型的で、「居酒屋どうですか?」「今ならビール一杯サービスですよ!」など、男性店員さんと思しき人が、集団で歩いている人たちに片端から声をかけます。  正直、大変だなと思います。客引きのお兄さんも。また、お店も。積極的に店の前の通りで、お客に声をかけないと、お店に入店してくれる人が増えないのでしょう。  その日その日の売り上げを立てるために、一生懸命声をかける。正直、道行く人は、声をかけられることに迷惑さを感じることも多いだろうが、お店の死活問題ですからね…  さて、件の女の子の客引き。居酒屋の客引きとは違うところが多々あります。女の子から道行く、潜在的なお客さんに積極的に声をかけることはしないのです。  なぜだろう?客引きをしているのでし…

続きを読む

【Honto(ホント)/書籍】危機感の表れ?需要喚起、顧客囲い込みの戦略なのか?ジュンク堂、丸善、文教堂ですすめる…

 毎週のように、丸善、ジュンク堂、八重洲ブックセンターを巡回しています。いわゆるパトロールです…  街の本屋に行けば、その時期その時期で、話題の出来事、これから注目されるであろう出来事を取り扱った書籍が、雨後の竹の子のように出版されている様子がうかがえます。とても面白いですよ。  さて、本屋である丸善で本を購入すると、今、「Honto(ホント)」という「ポイントサービスに登録しませんか?」というお知らせを、レジカウンターでしてもらえます。かなりの力の入れようです。  このHonto(ホント)のポイントは、次の2通りの方法で取得できます。 ・電子書籍ストア・ネットストアでの購入⇒100円の購入ごとに1ポインント ・実店舗での購入⇒200円の購入ごとに1ポインント  このポイントサービスは、ネット経由での電子書籍を押しているようです。ポイント付与率が2倍ですから。  ちなみに、Honto(ホント)のポイントは、電子書籍ストア、ネットストア、全国のhontoポイントサービス実施店舗での買物に、1ポイント=1円相当で使えます。なるほど、書籍でもポイント割引サービスを始めたということですね。  これについては、かなり感慨深いものがあります。その思いをいくつかの観点からまとめます。 <目次> 1.ポイントサービスを始めた背景を想像してみる 2.Honto(ホント)のポイントはどれくらいお得か?月12,000円で60円の還元。 3.しかし、書籍にポ…

続きを読む

【ソーシャルレンディング/投資】投資家がうれしいサービス。投資家へのサービスとしての情報公開とソーシャルレンディン…

 ソーシャルレンディングの認知度は、一般の人の間では、まだまだ低いのが実態です。  なぜか?  あらためて考えてみると、ソーシャルレンディングの仕組みや、実際のリスクとリターン(利子など収益)の関係がよくわからないからだと思います。  また、投資であるからには、「投資対象ってどんなところ?」という疑問解消に役立つ情報がないことが、大きな理由ではないかと思っています。  一方、株式投資の世界では、そのあたりはかなりの情報提供があります。上場企業は主要な業績データやIRレポート、事業報告書を公開していたりします。また、各企業の業種・業界の動向や見通しなども、レポーティングする会社なども多々あります。  そう考えると、ソーシャルレンディングサービスを提供する会社の情報提供の取組が不足しているのではないか?とも思うわけです。  なにやら、融資ファンドを組成して、投資家からお金を募っているけど、その実、どれくらい安心できるのか?貸し倒れはどの程度あるのか?などなどは、分からないことが多い。また、融資先企業や地域・国の状況も素人にはわかりません。  そのあたり、情報提供を手厚く実施することで、多くのソーシャルレンディングサービスが立ち上がっている昨今、生き残っていくソーシャルレンディングサービスとなるのではないかと思います。  そこで、情報提供がなされているソーシャルレンディングサービスを2つご紹介。ほかにもあるかもだけど。 <目 次>…

続きを読む

【SmartLend(スマートレンド)/投資】新しいソーシャルレンディング。混戦の感のある業界の中で、生き残るサー…

   またまた、新しいソーシャルレンディングサービス 「スマートレンド」 (https://www.smartlend.jp) が、2016年4月11日から営業開始となりました。  このソーシャルレンディング、SmartLend株式会社(代表取締役 柳澤修)と業務提携をした上で、maneoマーケットが新たに運営するもののようです。ここ最近、maneo(マネオ)は業務提携が多いですね。  融資案件の組成は、SmartLendが担当し、投資家募集や投資募集の告知等をmaneo(マネオ)のインフラを使うという、いつもの方法です。  SmartLendでは、公認会計士・税理士事務所などのプロフェッショナルネットワークと密接な連携を行い、国内外/大小様々な融資案件のソーシングを行っていくそうです。こうしたPRは、同社の代表取締役のこれまでのバックグラウンドを活かしてといった状況でしょう。  というのも、SmartLendの代表者の柳澤修氏の略歴は下記のとおりだからです。 <出身大学> 米国ノースウェスタン大学卒後、 <過去の所属> ・米国公認会計士(ニューヨーク州)、GEシックスシグマ・ブラックベルト ・会計監査法人アーンスト・ヤング ・ゼネラル・エレクトリック(GE) ・インテル(株) <経歴> ・ニューヨーク事務所にて幅広い業界の会計監査業務に従事した後、GE社の内部コンサルティング・監査部門(Corporate Audit Staff)にて、世界…

続きを読む

【歯磨き/随筆】歯医者さんからしっかり歯磨きをしてねと言われるが、いつもしっかり歯磨きしているつもり。サンスターの…

 毎週のように歯医者さんに通う生活を送っています。一度通いだしたら、延々と通わなくてはならなくなるのが歯医者というもの。  歯医者の先生からは、「毎日しっかりと歯磨きしてくださいね!」と言われます。  ただ、私としては、常日頃からしっかりと歯磨きをしていると辞任していたのですが…こういわれてしまうと、自分の歯磨きの方法がおかしいのかな?と思わざるを得ません。  同じようなモヤモヤした感覚をお持ちの方は、実は多いのではないでしょうか?そのような疑問を持っていたところ、役立ちそうなものを見つけました。  歯磨き粉などを手掛けるサンスターより、  「歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」へスマホと連動する“スマートハブラシ”「G·U·M PLAY」世界初「歯みがき採点化機能」も追加した、発売モデルを遂に発表 G・U・M PLAY ガム プレイ 2016年4月18日(月)発売決定」  なる、ちょっと長いタイトルのプレスリリースが出ていました。今日はこちらをご紹介。 <目次> 1.そもそもの生活者としてのニーズ 2.IoT(Internet of Things)時代の歯磨きとは 3.どんなことができるのか、歯磨きツールの「G・U・M PLAY」 4.まとめ 1.そもそもの生活者としてのニーズ  先ほども申し上げた通り、歯磨きを毎日しっかりとやっているつもりの生活者は多いです。それは子供ではなく、大人の話です。  当たり前のよ…

続きを読む

【ホテル予約/随筆】観光庁が動いた!ホテル予約困難を解消する、当日のキャンセルの情報を集める!?

 急に、当日にホテルを予約したい!と思うことはしばしばあります。  でもここ数年、当日予約なんて全くできません。楽天トラベル、じゃらん、などの大手予約サイトでは、そもそも宿泊可能なホテルは1泊数万円くらいの激高な部屋か、ドミトリー的な激安のどちらかしか残っていない状況ですから。  でも、本当に当日予約できないほど、ホテルの部屋はすべて満杯なの?どこかにあまりがあるんじゃないの?常々そう疑っていました。  そんな中で、産経新聞の報道によれば、日本国内の宿泊施設の需給が逼迫(ひっぱく)を受け、観光庁は、宿泊予約サイトに登録されない空室情報の集約や、観光案内所の宿泊情報設備への補助金も検討とのこと。  その背景には、観光庁が行った調査結果では、繁忙期でも利用されない部屋が存在することが分かったとしています。  やっぱり、余ってるんじゃん!  ただ、そうした余り部屋をホテル側で旅行者に知らせることができていないということのようです。当日予約をしたい旅行者と、空き部屋を有するホテル側とのマッチングがうまくいっていないといこと。  だれか、こうしたミスマッチを解消するサービス始めてくれないかしら?ITベンチャーなんかが参入しないかしら?  昨年度の訪日外国人旅行客(インバウンド)の急増を受け、今後もっと増加することが予想されています。なので、観光分野がかなりホットになっています。官公庁をはじめ、民間ベンチャー企業も取組が活性化していますね。  最後に、…

続きを読む

【池袋/ディナー】居酒屋の「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」の美人女性店員さんがすごい気配り。次もぜひ行きたい!

 池袋の夜。美味しい魚を食べたくて入ったお店が「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」です。  このお店、食事は美味しいし、そして何よりスゴイのが、美人女性店員さんがすごい気配り!あまりにも、美人女性店員さんの対応がすごかったので、記事にしておきます。次回行くときの備忘録としても。 <目次> 1.「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」って? 2.初めにテーブルに届く、「お通し」も満足 3.そして何よりスゴイ、美人女性店員さんの気配り! 4.まとめ 1.「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」って?  昨日、お店に入ったのも実は偶然でした。行こうと思っていた居酒屋が満員で入れず、どこに行こうか迷っていた時に、目についたのが「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」というお店。  調べてみると、どうやらあの「塚田牧場」の株式会社エー・ピーカンパニーが運営するお店のようです。お肉の塚田牧場。魚の四十八漁場(よんぱちぎょじょう)ということでしょう。  お店に入ってみると、料理の値段はそれほど高くなく、他のお客も家族連れから、シニアの夫婦、それから若者カップルや、大学生風の男女四人組等々、気軽に入れる心地良いお店です。 2.初めにテーブルに届く、「お通し」も満足  居酒屋と言えば、テーブルに着いた瞬間に「お通し」なるものがテーブルに届きます。  通常、この「お通し」にも値段があり、強制的に料金がかかります。一般的な居酒屋であれば、漬物?もづく…

続きを読む

【マネーフォワード/投資】ソーシャルレンディングの競合になるのか?マネーフォワードは、銀行の貸し倒れリスクを把握す…

 2016年4月5日、マネーフォワードは「MFクラウド」を利用する個人事業主や中小企業などに向けて、金融機関からの資金調達を支援する「MFクラウドファイナンス」を発表しました。2016年夏の提供開始を目指すそうです。  「MFクラウド」は、インストール不要でどのOSでもご利用いただけるクラウド型の会計ソフトウェアのサービスのことです。  従来、多くの個人事業主や中小企業は、銀行等の金融機関から融資を受けるために、かなりの手間をかけて手続きしています。また、金融機関側でも、書類受付の手間や審査などをしなくてはならずそれなりに大変でした。さらには、個人事業主や中小企業は、金融機関の審査が厳しいことも多く、融資を受けられないこともしばしば聞きます。  だからこそ、ソーシャルレンディングという、新しい融資のかたちが、個人事業主や中小企業に受けているのだと思います。また、ソーシャルレンディングを運営する会社が、資金を調達したいと考える個人事業主や中小企業を発掘し、銀行に代わり、投資家とともにリスクをとって資金を貸し出すことで、リターンを得ている。  しかし、マネーフォワードの金融機関からの資金調達を支援する「MFクラウドファイナンス」がサービスを開始したら状況は変わると思いませんか?  いままで、銀行から融資を得られないから、ソーシャルレンディングで資金調達をしていた優良な個人事業主や中小企業が、「MFクラウドファイナンス」で資金調達をした方が楽、となってしまうかもしれ…

続きを読む

【トラストレンディング/投資】投資しやすい?ファンドの組成に苦戦?あまり増えない募集ファンド。トラストレンディング。

 様々なソーシャルレンディングがある中で、トラストレンディングのファンド組成数があまり増えていない。  投資家としては、様々な案件がある中から選びたいと思うのが普通の感覚であり、さらに投資したいと思うタイミングで投資できるようになるには、相応の頻度でファンドが組成され、投資が募集される機会があった方がうれしいのは確かです。  そこで、現状のトラストレンディングのファンド組成数が少ない件について整理してみました。 <目次> 1.2015年11月にサービス開始後、あまり募集ファンドの数が増えていない。 2.募集金額も圧倒的に少ないトラストレンディング 3.柔軟で豊富な投資機会があることが大切ではないか 1.2015年11月にサービス開始後、あまり募集ファンドの数が増えていない。  トラストレンディングは、2015年11月から、投資家から資金の募集をしています。2016年3月までで、5か月程度経つわけですが、ファンド数があまり増えていません。  トラストレンディングのWebサイトでは、これまで募集したファンドの一覧が出ています。それを列挙すると下記になります。 <2017年8月10時点の追記>-------------------------- 前回記事を書いた時には、2016年3月ですが、それから17か月たった2017年8月時点では、「ローンファンド63号」まで組成されています。 この17か月で46本の案件が組成されたわけです。 単純には、1か月あ…

続きを読む

【給付型奨学金/随筆】「給付型奨学金」はやはり必要なのか?東京地区私立大学教職員組合連合の調査でわかる首都圏私大生…

 親からの若者の平均仕送り月額が、15年連続で減少しているらしい。  昨年度、首都圏の私立大学に入学し、下宿して学生生活を送る若者の平均仕送り月額は前年度比で1,800円減の8万6700円である。東京地区私立大学教職員組合連合が調査した。(Yahoo!ニュースで報じられています)  仕送りから家賃を除いた生活費は1日当たり850円。  なるほど。仕送りだけでは、生活で難しい金額である。ちなみに、過去に、平均仕送り月額が最も多かったのは、1994年度の12万4900円。   ■1日当たりの生活費は、吉野家牛丼(並)で言えば、3.9杯分の差  ニュース記事からざっくり計算すると、1994年度の下宿学生の仕送りをもとにした生活費(仕送りから家賃平均額を除いた額を30日で割る)は、一日当たり約2,320円。  それに対して、東京地区私立大学教職員組合連合の調査に基づき、ざっくり計算した金額は、2015年度は850円。  2,320円(1994年度)と850円(2015年度)。その差は1,470円。  だいぶ違います。その差額だけで、吉野家牛丼並380円を3.9杯食べられる違いです。この3.9杯だけで一日の食事をまかなえてしまえます。 ■1年間の授業料は、年間約15万円、月額約1万2,900円なり。  次に、私立大学の授業料の推移を見てみると、文部科学省資料があります。これによると、私立大学の授業料の平均は、1994年度の70万8,847円、…

続きを読む