【給付型奨学金/随筆】「給付型奨学金」はやはり必要なのか?東京地区私立大学教職員組合連合の調査でわかる首都圏私大生…

 親からの若者の平均仕送り月額が、15年連続で減少しているらしい。  昨年度、首都圏の私立大学に入学し、下宿して学生生活を送る若者の平均仕送り月額は前年度比で1,800円減の8万6700円である。東京地区私立大学教職員組合連合が調査した。(Yahoo!ニュースで報じられています)  仕送りから家賃を除いた生活費は1日当たり850円。  なるほど。仕送りだけでは、生活で難しい金額である。ちなみに、過去に、平均仕送り月額が最も多かったのは、1994年度の12万4900円。   ■1日当たりの生活費は、吉野家牛丼(並)で言えば、3.9杯分の差  ニュース記事からざっくり計算すると、1994年度の下宿学生の仕送りをもとにした生活費(仕送りから家賃平均額を除いた額を30日で割る)は、一日当たり約2,320円。  それに対して、東京地区私立大学教職員組合連合の調査に基づき、ざっくり計算した金額は、2015年度は850円。  2,320円(1994年度)と850円(2015年度)。その差は1,470円。  だいぶ違います。その差額だけで、吉野家牛丼並380円を3.9杯食べられる違いです。この3.9杯だけで一日の食事をまかなえてしまえます。 ■1年間の授業料は、年間約15万円、月額約1万2,900円なり。  次に、私立大学の授業料の推移を見てみると、文部科学省資料があります。これによると、私立大学の授業料の平均は、1994年度の70万8,847円、…

続きを読む