【女の子の客引き/随筆】女の子の客引きに見る時間効率とお店の思惑。女の子が道路に立っていることに意味はあるのかな?

 カフェで数時間作業をしていると、カフェの窓から近隣の繁華街の様子がよく見えることがあります。その中にひときわ不思議な人たちに気づくことがあります。  若い、かわいらしい女の子がぽつんと突っ立っている。  何をしているのだろう?  その場に居合わせると、多くの人が気になってしまうくらいの違和感があります。観察の結果、分かってきたのは、彼女たちが、いわゆるガールズバー的な(色々なコンセプトがあるようで、スウェットなど寝間着姿の時もあれば、チャイナドレス姿、高校の制服姿等様々)お店の客引きのためだと予想されます。  夜、繁華街に行くと、居酒屋の客引きに声をかけられたことがある人は多いでしょう。  新宿歌舞伎町は典型的で、「居酒屋どうですか?」「今ならビール一杯サービスですよ!」など、男性店員さんと思しき人が、集団で歩いている人たちに片端から声をかけます。  正直、大変だなと思います。客引きのお兄さんも。また、お店も。積極的に店の前の通りで、お客に声をかけないと、お店に入店してくれる人が増えないのでしょう。  その日その日の売り上げを立てるために、一生懸命声をかける。正直、道行く人は、声をかけられることに迷惑さを感じることも多いだろうが、お店の死活問題ですからね…  さて、件の女の子の客引き。居酒屋の客引きとは違うところが多々あります。女の子から道行く、潜在的なお客さんに積極的に声をかけることはしないのです。  なぜだろう?客引きをしているのでし…

続きを読む