【VR:仮想現実/随筆】アニメも美女も自治体もお台場も、みんなVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)

 最近、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)が話題ですね。あたかも、映像の中にいるような疑似体験を実現する装置。まるでSF映画やアニメの世界のようなツールです。  そうアニメの「ソードアート・オンライン」のような。  ソードアート・オンラインと言えば、TOKYO MXにおいて、2014年11月8日より毎週土曜 23:30~にテレビでオンエアされていたアニメ。公式Webサイトでは、ストーリーが下記のように紹介されています。 2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。 《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG ※「ソードアート・オンライン(SAO)」は世界の注目を浴び、 「SAO」正式サービス開始日、プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。 だが「SAO」の開発者・茅場晶彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。 このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。 ※ VRMMORPG=仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム  まさに、盛り上がりつつあるVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)は、ソードアート・オンラインにつながる技術(本当に、アニメのようなとこまでは技術的に疑問だけど…)。  さて、現時点で、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)を実現する端末の開発、そして発売が進んでいます。例えば、 ・オキュラスの「オキュラス・リフト」 ・台湾HTC…

続きを読む