【人工知能(AI)/随筆】日本の今後の人工知能技術(AI)の研究開発の方針。「第1回 次世代の人工知能技術に関する…

 本日は、朝から夕方まで、お台場にある日本科学未来館 未来館ホールにて、「第1回 次世代の人工知能技術に関する合同シンポジウム」なるシンポジウムが開かれている。  総務省、文部科学省、経済産業省、国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と、そうそうたる国の各種機関が主催となり開催されているものです。  午前中のセッションでは、日本経済団体連合会、情報通信研究機構、理化学研究所、産業技術総合研究所などの講演があった。  日本経済団体連合会のような経済界の話はわきに置いておくとして、情報通信研究機構、理化学研究所、産業技術総合研究所などの研究機関の講演では、今後の人工知能技術の研究開発成果を実りあるものにしていくうえでの、日本の方向性を示唆する研究者の意見を知ることができた。  個人的に理解したポイントは、大きく3つある。 <目次> 1.データを集まることが大切。ただし、質の良いデータ。 2.データ量、モデルではなく、大切な競争軸は学習方法。 3.基礎研究から実業までを迅速に進めること。 1.データを集まることが大切。ただし、質の良いデータ。  昨今、ICTの進展に伴い、膨大なデータが世の中で生まれている。だから、データは既に大量にある。それをいかに使っていくかを考えていかなくてはならない。多くの人がそう考えている。確かに、その考えはある意味の真実である。  ただし、このシンポジウムの講演…

続きを読む