【新入社員/書籍】今年の新入社員向けにおススメ本を選んでみた。ビジネスと技術について。

 4月は、新入社員の配属の時期。当たり前だけど、まだまだ学生気分の抜けきらぬ様子。これから始まる仕事の基礎づくりとして、書籍を読んでもらうという話になり、いくつか本を選んでみた。個人的にはとても面白く、かつ分野の感覚を持つのに役立つ本だと思っている。  ぜひ、新入社員に読んでほしいが、興味を持って読みたいと言ってくれるだろうか?年上の人間として、少しドキドキするところもある。  今日は、新入社員におススメするために選んだ本をご紹介。 <おススメ本> 1.藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」(幻冬舎文庫) 2.伊藤元重「流通大変動 現場から見えてくる日本経済」(NHK出版新書) 3.小笠原治「メイカーズ進化論 本当の勝者はIoTで決まる」(NHK出版新書) 4.稲見昌彦「スーパービューマン誕生! 人間はSFを超える」(NHK出版新書) 5.松田卓也「人類を超えるAIは日本から生まれる」(廣済堂新書) 6.松尾豊「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」(KADOKAWA) 1.藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」(幻冬舎文庫)  この本は、サイバーエージェント社長の藤田晋氏が、その昔に書いた本です。  サーバーエージェントを立ち上げ、会社を大きく成長させていく過程にそって、社長としての悩みや考えを打ち明けている。良書だと思っています。  2000年頃のITバブル、そしてその後のバブル崩壊後にも生き延びてきたベンチャー社長の…

続きを読む