【テレビ/随筆】1年とちょっとテレビ(TV)のない生活を続けて変わったこと。

 自宅でテレビを見なくなって久しい。1年とちょっとたつ。  生活が大きく変わった。  1年とちょっと前の自分の生活パターンを思い出してみれば、隔世の感がある。ちょっと大げさな言い方になったが、テレビを見ない生活をするだけで、なんとも健康的な暮らしができるようになった。  逆に言えば、テレビを視聴することにより、様々な行動の選択肢が奪われていたとも考えられるようになった。何気なく、自宅にあるテレビを通じて、番組を見るだけで、自分の行動が制限されるなんて。  そこで、自分が実感している、テレビを見ないことによる変化を3つ整理する。 <目次> 1.早寝早起きが自然とできるようになった 2.政治経済など世の中の動きがより分かるようになった 3.読書量が増えた 1.早寝早起きが自然とできるようになった  多くの人の自宅では、何気なくテレビがついているのではなか。BGM的な感じにもなるし。特に夜は、音がないと寂しい気もするので、とりあえず、テレビでもつけるか…となる。  そこで、問題となるのは、テレビの誘惑。深夜帯の番組をついつい見入ってしまう人も多いのではないか。  明日の朝は早いのに…なぜか引き付けられ、気づけば深夜2時、3時などという生活は、自分にも過去はあった。  平日だよ。普通に明日も会社があるし、朝9時前には通勤電車に揺られてオフィスに行かなくてはいけないのに。そんな人も多いだろう。  そんなテレビの誘惑もあって、…

続きを読む