【朝から活用できる喫茶店/カフェ】日曜日の朝8時から利用できるカフェ。水道橋のルノアール。でもね…

 お休みの日である土曜日、日曜日こそ、朝から作業をしたいと思っています。せっかくの休みだからこそ、一日をフルに活用して、充実した一日にしたいからです。そのため、朝から作業等で活用できるカフェを探しているところ。  本日は、水道橋にあるルノアールにて作業を行いました。 水道橋あたりで朝8時から利用できるカフェ  水道橋周辺で午前中に用事があることから、早朝、そのあたりで作業ができないかと探したのが、ルノアール 水道橋店です。  グーグル先生に問い合わせたところ、朝8時からオープンとのこと。電車を乗り継ぎ、8時ジャストにお店の前につくと、既に開店していました。  店内はそれほど大きくはないものの、電源もあるし、禁煙喫煙両方の席がしっかり用意されている。  これで朝の2時間程度は作業に集中できる。そう思って作業開始。 でも、水道橋が問題なのかも。イベント来場者?競馬ファン?が多い  ところで、ルノアール 水道橋店にて作業を開始して気づいたことがあります。  朝からこの店はお客が多いということ。日曜の朝から、カフェに来るような人は少ないはずと思っていたのですが、8時の開店から次々とお客が来るのです。  なぜだろう?そう不思議に思っていましたが、客層を眺めているとあるルールが見えてきました。  ひとつは、競馬ファン。  競馬新聞を片手に、ごそごそと慌ただしいおじさんが多いこと…そういえば、水道橋にはJRAがあたかな。日曜日と…

続きを読む

【ソーシャルレンディングと企業名公表/投資】ソーシャルレンディングの融資先の企業名公表の他に、まずは細やかなリスク…

 融資型のソーシャルレンディングでは、投資先の会社名が非公表となっています。例えば、A社、B社などと、特定できない形に表現されているのが現在の状況です。  それはなぜなのか?2016年5月29日付の日本経済新聞朝刊(1面)の記事によれば、ある弁護士が次のように解説している。 「投資家が資金回収に直接乗り出すなどトラブルを防ぎたい当局の意向が強い。企業名の明示を認めれば市場を拡大できる」  とのことである。つまりは、当局により投資先の企業名を非公表にするよう規制がかけられているとのこと。  一方で、このコメントで気になる部分は最後のところである。企業名を公表して、融資型クラウドファンディングをすれば、市場が拡大すると言っている。そうなのか…  確かに、具体的な企業名がわかれば、よりイメージしやすくなるし、身近にもなるであろう。投資家がよりリアルに投資先を検討できるようになるのは確からしい。  ただし、本当に市場が拡大するのかしら?  市場が拡大すること、つまり新たな投資参加者が増えることを想定しているのだろうけど、新規投資参加者は、企業名の公表が参入のきっかけになるのか…新規参加者を増やすという点では、もっと安全性に関する情報開示の方が良いのではないかと思うのです。  例えば、今までの返済実績等をこまめに、企業別に公表するなど。もちろん企業名は非公表(A社、B社など)でも構わない。  少なくとも、企業名の公表・非公表の話は、規制に…

続きを読む

【会社員・サラリーマン/読書】中高年サラリーマンの振舞い方について:楠木新「左遷論」

 楠木新氏の「左遷論」(中公新書)を読んだ。同氏の著作はしばしば読んでいて、会社員・サラリーマンの人事に関する話には、感心したものである。  今回は「左遷」というキーワードであることもあり、刺激的な内容なのかしら?とも思いつつ読み切った。  本書の詳しい内容を知りたい方は、ぜひ、本書を読んでもらいたい。ここでは、本書の中の特定の部分から派生して、いくつか述べたい。 <目次> 1.理由不問の長期休暇は中高年だからこそ必要!? 2.中高年だからこそ、副業禁止規定を緩和することも必要!? 理由不問の長期休暇は中高年だからこそ必要!?  本書の中で、中高年(40代以上)だからこそ「理由を問わず、1年間の休暇ができ、また会社に戻れる制度があっても良いのではないか?」という意見があることを知った。  なぜ、中高年なのか?  若手社員の話であれば、1年間会社の業務を離れ、広い世界に飛び出して経験を積むことで、将来会社に大きな貢献をする優秀社員に育つために必要であろうと素直に受け取れる。実際に、米国の大学院への留学(2年間)などの制度を持つ会社などもある。  しかし中高年(40代以上)だからこそ必要ではないか、という意見が世の中にはあるとのこと。  一般に、成熟した日本社会では、バブル時代のように右肩上がりで企業が成長することは見込めない。そうした中では、企業内では会社員が40代に差し掛かるころには、昇進等ができる人材と平社員に留まる人…

続きを読む

【シュークリーム/随筆】毎晩のように食べるコンビニのシュークリームの問題点

<目次> 1.コンビニにはシュークリームがいっぱい!? 2.今流行りのコンビニのシュークリームの難点 3.そうは言っても、独自に対策を… 1.コンビニにはシュークリームがいっぱい!?  ここ数ヶ月、毎晩のようにコンビニに立ち寄り、シュークリームを購入します。今はシュークリームが流行りなのでしょうか?セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、大手コンビニ各社は、デザートの棚に、かなり多くのシュークリームを用意しています。  私の自宅近所のローソンでも、セブンイレブンでも、シュークリームがかなり大量に陳列されている。カスタードクリームが入ったタイプのシュークリームです。  このカスタードクリームが入ったシュークリームは、小さな子供のころ母親が好んで買ってきては、子供たちにおやつとして供していたもので、とても懐かしい。  そのような懐かしい思い出もあり、毎晩立ち寄るコンビニでは、何気なく手が出てしまいます。そして、毎晩のように食していますが、飽きることがない。繰り返し、繰り返し美味しく食しています。 2.今流行りのコンビニのシュークリームの難点  ところで、このコンビニのシュークリーム。1点だけ難点があります。世の中のコンビニのシュークリーム好きの御仁は既に気づいているでしょうか?私もこの数か月の経験から、難点に何回も遭遇しました。  味は申し分ないのです。何回食べても美味しい。しかしながら、数回に一回は、シューの中のカスタードクリーム…

続きを読む

【美人と休日早朝/随筆】気になることがあります。休日の早朝は美人に遭遇する確率が高い?

 土日などの休日は、普段なかなかできないことを一気にやってしまえるまたとない機会。そのため、平日よりも土日の朝の方がかなり早起きをするタイプです。  そのようなタイプであるため、土曜日の早朝、日曜日の早朝ほど、朝早くからカフェで作業を行います。休日の朝から営業しているカフェは限られますから、その多くは繁華街の一角を占めるカフェになります。  最近、気づいたことがあります。休日の早朝、駅前や繁華街、そしてカフェで遭遇する女性に若くて美人が多いのではないか?ということです。これは感覚的なことなので、客観的にそれが真実かどうかはわかりません。ただ私の感覚的に、若くて美人の遭遇率が高いと思うのです。  以下では、その理由について考察してみたいと思います。 <目次> ・休日の早朝に美人が多い理由1(仮説):美人ほど飲み会などに誘われるから ・休日の早朝に美人が多い理由2(仮説):美人ほどしっかりもので一日を有効に活用したいから ・いろいろ考えるが、本当のところは… 休日の早朝に美人が多い理由1(仮説):美人ほど飲み会などに誘われるから  一度飲みはじめ盛り上がってくると、若いが故に、一晩中飲み明かすということはよくあるもの。もう良い年をした方々も、昔を思い出せば、そういった経験を懐かしく思い出す人も多いはず。  現在の若者のそうでしょう。特に、土曜日の夜は、翌日が日曜日ということもあり、少し気分が大きくなって飲み明かすことも。ただ一般には、多く…

続きを読む

【税金と投資/投資】株式投資信託とソーシャルレンディングとの比較。どちらが資産を早く増やせるのか?

 投資と聞いて、手軽に、本業の傍らでもできるものと言えば手段は限られます。多くの人が手を出すのは、投資信託ではないかと思いますが、それに加えて、近年注目されるようになったソーシャルレンディングが加わるのではないかと思います。  私自身も、投資信託とソーシャルレンディングにお金を投じ、資産運用を始めていますが、しばしば思うことがあります。同じ分だけお金を投じるのであれば、より早くお金が増えてくれた方がうれしい。投資信託とソーシャルレンディング、どちらがより効率的にお金が増えるのであろうか?  そこで、投資信託とソーシャルレンディングでの資産運用をいくつかの観点から比較して、どちらが効率的なのか?を検討してみました。ポイントは、税金となります。 <目次> 1.投資信託の場合、資産が増えたり減ったりするものの、売るまで税金がかからない? 2.ソーシャルレンディングの場合、元金+利益が還元されるたびに税金がかかる 3、結局どちらが資産増加は早い? 1.投資信託の場合、資産が増えたり減ったりするものの、売るまで税金がかからない?  そこで、まず投資信託について考えてみました。投資信託の場合、日々、価格が変動しています。今年であれば、年明けからグッと価格が低下していますし、中国の低迷、円高、欧州の不穏な動き等々もあり、そもそもの価格が安定していません。その意味で、右肩上がりに資産が増えていくわけではないものです。  ただし、よく言われることですが、中長期的に見れば、年…

続きを読む

【rakunew/随筆】rakunew(楽ニュー)というECサイトで、2か月遅れで商品がやっと届いた。rakune…

関連記事:【rakunew/随筆】rakunew(楽ニュー)というECサイトで注文したが、商品が届かない。rakunewの評判は? 関連記事:発想の転換!クラウド対応スマートノートブック「ロケットブックウェーブ」  4月末に、rakunew(楽ニュー)というECサイトで、ちょっとマニアックな指輪型のウェアラブル端末「OURA」を購入しようと注文したのですが、まったく届かないという記事を書きました。  この記事のアクセス数がそれなりにあったので、この楽ニューという会社が運営している「rakunew」というサイト(https://www.rakunew.com/)について、多くの人が評判を気にしていることがわかりました。  恐らく、私と同じで、注文したけど全く商品が届かないといったことが起きているのでしょう。せっかく欲しくて、欲しくて、だからこそ思いっきってネットで注文したのに、待てども待てども、連絡すら来ない…そんな状況が不安で仕方がない…忘れられているんじゃないだろうか…なんて…。みんなおんなじ思いなのかしら。  そして、4月末に、どうしても我慢ができず、勇気を振り絞って、商品発送について「rakunew」に問合せしたところ(プルプル震える手で、メールの問い合わせね)、「メーカ側に問い合わせているが連絡が取れない。商品の発送は保証できない」と言われてしまいました。かなり、ムッとしましたよ。こちらは不安で仕方なく、勇気を出して問合せしたのに…  前回の記事では、上…

続きを読む

【maneo/投資】2016年5月のソーシャルレンディングの募集案件数、募集金額を整理してみた。ご参考に。

 6月となりゴールデンウィークも遥か昔の記憶となりました。毎月恒例の、ソーシャルレンディング(融資型のクラウドファンディング)であるマネオ(maneo)のファンドの募集と募集金額について、5月分をまとめてみました。  先月も、ここ最近、「満額成立」の割合が低下しているのでは?とも感じられましたが、今月も募集案件数、募集金額を整理している中で、確実に「満額成立」の割合が低下していると確信しました。  定量的には集計していませんが、最近本当に「満額成立」でない案件が増えています。不成立にならないにしても、「成立」となることが散見されるのです。  お金をかりたいという需要に対して、ソーシャルレンディングを通じてお金を投じる個人投資家数が足りないと言えるでしょうね。  さて、毎月のタスクとして、2016年5月の融資型ファンドの募集開始の傾向を整理しました。 <目次> 1.ファンド募集件数と募集日(2016年5月) 2.融資型ファンド募集総額(2016年5月) 3.1月、2月、3月、4月の募集との比較 1.ファンド募集件数と募集日(2016年5月)  2016年5月のmaneoでの融資型ファンドの募集件数の総数は43件でした。これは、前月である4月(68件)より大分少ない。ゴールデンウィークがあったためでしょうか…  また、5月の募集総額は1,310,380,000円(約13億円)となり、4月と比べて6億円程少ない状況でした。ただし、3月の約10億円と比べる…

続きを読む