【税金と投資/投資】株式投資信託とソーシャルレンディングとの比較。どちらが資産を早く増やせるのか?

 投資と聞いて、手軽に、本業の傍らでもできるものと言えば手段は限られます。多くの人が手を出すのは、投資信託ではないかと思いますが、それに加えて、近年注目されるようになったソーシャルレンディングが加わるのではないかと思います。  私自身も、投資信託とソーシャルレンディングにお金を投じ、資産運用を始めていますが、しばしば思うことがあります。同じ分だけお金を投じるのであれば、より早くお金が増えてくれた方がうれしい。投資信託とソーシャルレンディング、どちらがより効率的にお金が増えるのであろうか?  そこで、投資信託とソーシャルレンディングでの資産運用をいくつかの観点から比較して、どちらが効率的なのか?を検討してみました。ポイントは、税金となります。 <目次> 1.投資信託の場合、資産が増えたり減ったりするものの、売るまで税金がかからない? 2.ソーシャルレンディングの場合、元金+利益が還元されるたびに税金がかかる 3、結局どちらが資産増加は早い? 1.投資信託の場合、資産が増えたり減ったりするものの、売るまで税金がかからない?  そこで、まず投資信託について考えてみました。投資信託の場合、日々、価格が変動しています。今年であれば、年明けからグッと価格が低下していますし、中国の低迷、円高、欧州の不穏な動き等々もあり、そもそもの価格が安定していません。その意味で、右肩上がりに資産が増えていくわけではないものです。  ただし、よく言われることですが、中長期的に見れば、年…

続きを読む