【そうめん/随筆】シンプルなそうめん。以前はコンビニで毎晩のように食べていたのに…

 7月の中旬ともなれば、日中の暑さもあり、食が細る季節でもあります。  暑くて、脂っこいものや、ボリュームのあるものはなかなか食べきれない。そんな時に重宝するのが、そうめん。  コンビニでも、シンプルなそうめんが販売していました。  「販売していました」と書いたのは、6月初旬くらいまでのことであり、毎晩のようにコンビニに行き、購入できていたけど、今はできないという意味を込めています。  そうなのです、今、コンビニにいっても、超シンプルそうめんが売っていないのです。  なぜだろう?  確かに、シンプルすぎて単価が安い。もっと具がのっていて、単価が高く設定できる商品にお店側は置き換えたいと思うのでしょうが、個人的にはシンプルそうめんが食べたくて仕方がない。  そんなこんなもあり、そうめんについて少し調べてみました。 ■手延そうめんの生産地は西日本主導?  そうめんについて、あまりよい統計データが見つからなかったのですが、少々古いデータとして、平成21年度の農林水産省「米麦加工食品動態等調査」なるものがありました。  これを見ると、そうめん類の生産量(単位:小麦粉使用トン)上は、 1位:香 川 5,967 トン 2位:兵 庫 5,585 トン 3位:宮 城3,538 トン 4位:愛 知 2,106 トン 5位:北海道 1,897 トン  となります。ところで、そうめんには、もう一つ「手延そうめん」という分類もあり、こちらの…

続きを読む