【鳥貴族/随筆】焼鳥屋=日本の昔ながらの居酒屋というイメージが崩れる。鳥貴族であらためて実感。

<目次> 0.はじめに 1.店員さんがほぼ外国人…びっくりのグローバルな焼鳥屋 2.赤ちゃんの泣き声がこだまする居酒屋 3.男2人組での居酒屋は昔ながら。しかし、今は若い女性2人組の居酒屋も当たり前 0.はじめに  多くの人が、夏の暑い一日の終わりを、居酒屋で一杯やりながら過ごしたいと思うことでしょう。  オジサンの発想かもしれませんが、本当に久々に一杯ひっかけに居酒屋を探していたところ、目の前に飛び込んできたのは、黄色い看板に赤文字の某焼鳥屋。  鳥貴族があったので入店しました。  鳥貴族と言えば、某芸能人の実家ということもあり有名ですが、その他にも、一人で入店しての一人飲みも普通にできる、とても気軽に入れるお店で有名です。  ただ、今回久々にお店に行ってみて驚いた点がいくつかありました。ここでは3点の驚きを紹介したいと思います。 1.店員さんがほぼ外国人…びっくりのグローバルな焼鳥屋  日本は人口減少社会と言われます。特に、若者の人口は年々減少しています。  その昔、十代後半から20代前半の若者時代に、コンビニや居酒屋などでアルバイトをして、小遣いを稼いだ記憶のある方も多いかと思いますが、今はこの手のアルバイトに日本人若者は応募しないようです。  それもあって、コンビニや居酒屋の多くで、日本の若者の代わりに、外国からの留学生のアルバイトがチラホラと散見されます。そのため、居酒屋の店員を外国人の方が勤めて…

続きを読む