【靴の研究/随筆】自分の足にフィットした紳士靴を探す。婦人靴はおおけれど、紳士靴は少ないのが実態?

 日々都内をウロウロする生活をしているためか、靴が数か月でダメになる。そんな自分と同じような境遇の方は実は多いのではないか。  靴がダメになるたびに、新しい靴を購入するのであるが、いつもいつも自分の足にフィットした靴になるわけではない。  買うときには、「ぴったりだ!」と思っていつも購入するのであるが、履いて数日すると何となく違和感が出てくる。  自分の歩き方がおかしいからだろうか?  そんなことを続けていると、足が痛くて痛くて、街中を歩き回るのが苦痛でしかなくなる…  自分の足にフィットした紳士靴を調達できるところはないものかしら…  そこでまずはネットで状況を調べてみよう。 1.婦人靴に対する同様の悩みはネット上で多い…  靴が自分に合わない。足が痛くなる。  そんな悩みが多いのはご婦人方に多いようである。というのも、「靴 フィット 痛い」などとネットで検索をかけてみると、女性の靴のお悩み相談のようなサイトがいっぱい出てくる。  確かに、ハイヒールなど、女性の靴は足に負担の大きいものが多い。見た目が美しい分、足自体には負担がかかるのであろう。  だからこそ、見た目が美しく、でも足に負担が少ないものに対するニーズが強いと思われるのです。  一方で、男性の靴も同様ではないかと思うのです。  特に、営業職のようなお仕事についている方は、日々、外回りの連続であり、靴をすり減らしてナンボの仕事とも言えそうです。  そんな…

続きを読む