運用利回りと募集ローン総額で見るソーシャルレンディングの比較

 今、様様なソーシャルレンディングを運用する会社が立ち上がっています。それぞれのサービスでは、投資対象で差別化したり、運用利回りで違いを見せたり、中にはキャッシュバック等で認知度を高めようとしているサービスもあります。  これだけ様々なソーシャルレンディングサービスが出てくると、どれを使っていいか迷ってしまうところです。  投資家として登録する際には、各種手続きが必要であることから、何でもかんでもサービスを使ってみるというのも気が引けるもの。  そうであれば、一番自分にあったソーシャルレンディングサービスを選んで、じっくり投資をしてみたいと思うのではないか。  そこで数あるソーシャルレンディングの中で、これまでに募集できたローン総額と、各サービスがうたっている運用利回りについて着目して、ソーシャルレンディングを比較してみました。  どのサービスを使うのか、評判やリスクを考えることに加えて、一つの参考指標となればと思います。 ■ソーシャルレンディングをローン総額と運用利回りでマッピング  各ソーシャルレンディングのWebサイトでは、各種の情報が掲示されています。  その中でも、これまでに募集できたローン総額、また目安となる運用利回りについて、記載しているサービスがいくつかあります。  それらの情報があるソーシャルレンディングについて、情報を取得、ブラフ化したものが下記になります。  ここでは、情報が種痘できた、maneo、ラッキーバンク…

続きを読む