2015年度のソーシャルレンディングの国内市場規模、国内市場シェア。maneo(マネオ)は市場シェア50%以上?

<目次> 0.はじめに 1.ソーシャルレンディングの国内市場シェアを試算? 2.2014年度の調査結果を活用して市場シェアを出しているのか? 3、いずれにしろmaneo(マネオ)の市場シェアは高い 0.はじめに  矢野経済研究所より、2015年度の国内クラウドファンディングの市場規模の試算が公表されています。これを見ると、前年度比68.1%増の363億3,400万円と拡大(新規プロジェクト支援額ベース)とのこと。  クラウドファンディングには、購入型、寄付型、投資型(ファンド型)、貸付型(ソーシャルレンディング)がありますが、それぞれ約 32億円、1億円、約 6億円、約322億円であるそうです。  なんと、貸付型のクラウドファンディングであるソーシャルレンディングが、クラウドファンディング市場全体の 88.7%を占める結果となっています。金額ベースでは、ほぼソーシャルレンディングなのですね。  ちなみに、同調査結果によると、2015 年 7 月末時点におけるクラウドファンディングを扱う企業数は 100 社程度。それが、2016年6月末時点では140 社程度に増加しているとのこと。一年で、1.4倍に事業者数が増加している。  この勢いは、かなりすごいものですよね。  参入事業者が急速に集まっている…その背景には、超低金利時代からマイナス金利の時代に突入したこともあり、貸付型(ソーシャルレンディング)で好利回りを求める支援者(投…

続きを読む