高額所得者の所得額の申告漏れ×職業、国税庁の資料で所得税について考える

 みなさん、お金持ちってどんな人か興味がありますよね?今回は、その類の話を書きます…  東京国税庁より、「所得税及び個人事業者の消費税について」という資料が公表されました。この資料は、平成 27 事務年度(平成 27 年7月から平成 28 年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめたものです。  ではどのような資料か?  所得税に関する部分に注目すると、「高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています」とのことです。  いわゆる申告漏れ所得金額を調査して、追徴課税を課すために行った調査の状況報告書です。  近年、「富裕層はちゃんと決められた額の税金を払っているの?」という国民の意識に沿って、高額所得者を中心とした申告漏れ所得金額の調査に関心が集まっていますが、その調査のことです。  この資料を見ている中で、「事業所得を有する者の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な業種」という部分があるのですが、とても面白いので紹介します。 <目次> 1.過去10年間の「1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な業種」トップ5 2.どの職種で高額な申告漏れ所得が多いのか? 3.注目すべきは直近の結果。風俗業がなくなる… 1.過去10年間の「1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な業種」トップ5  この資料では、「事業所得を有する…

続きを読む