そろそろ次は、株式型(エクイティ型)のソーシャルレンディングかな?ということで、Crodw Equityを調べてみ…

 融資型のソーシャルレンディングについては、一昨年当たらいから広がり始め、昨年末からはとても多くの人が、サービスを利用し始めています。  このブログでも紹介していますが、投資家として、例えば、マネオ(maneo)に登録する個人は、急速に拡大しています。  ※参考記事:2017年のマネオ(maneo)はどうなるか?ソーシャルレンディングの勢いを昨年を振り返りつつ。  では次は何か?  と考えた場合に、株式型(エクイティ型)のソーシャルレンディングかな?とも思っています。  そこで今回は、日本クラウド証券株式会社が提供しているクラウドエクイティ(Crodw Equity)を調べてみた。 <目次> 1.クラウドエクイテとは、グリーンシート制度を活用している? 2.実際にクラウドエクイティ(Crodw Equity)では、現在13社の未上場企業に投資できる 3.ところで手数料が高い? 4.所感 1.クラウドエクイテとは、グリーンシート制度を活用している?  さて、はじめに思い浮かぶ疑問は、通常の株式売買と、株式型(エクイティ型)のソーシャルレンディングとの違いは何か?ということです。  そこで、クラウドエクイティ(Crodw Equity)のWebサイトを調べてみると、次のような記載があります。 === クラウドエクイティとは、グリーンシート制度を活用することで、魅力的な未上場企業を、株主として応援できるサービスです。 ク…

続きを読む