高齢化社会:早朝のカフェは、やはり高齢者のたまり場に。

 65歳以上の高齢者人口は、3,300万人とも言われ、日本の総人口に占める割合は26%にも達しています。日本は、世界の中でも高齢化の進みが早い国だとも言われています。  こうした統計的なデータの他に、日々実感する「ああ、高齢社会だな」と思うシーンがいくつかあります。今回の記事は普段のそんなソーンあるなというものをいくつか挙げたいと思います。 <目次> 1.早朝のマクドナルドは、高齢者のたまり場 2.平日昼間の電車にも 3.図書館で長時間何をしている? 4.まとめ 1.早朝のマクドナルドは、高齢者のたまり場  マクドナルドと言えば、朝マック、バリューセット、ハッピーセットなどの商品から連想されるものとして、若者や家族連れが集まるお店というイメージがあります。  テレビのCMやポスターなどを見ていても、若い人たちが、手軽に安く食事をするような場所です。しかし、特に土曜日、日曜日の早朝はお店の雰囲気がイメージと大きく異なります。  マクドナルドの土曜日日曜日の早朝は、高齢者の方のたまり場になっているようにも見てとれます。  朝から、大声で話をしている高齢者の方々。主におじいさん的な人たちが多い。このシーンを見ていると、マクドナルドは高齢者のためのお店?と思ってしまいそうです。  ちなみに、若者は騒がしい、家族連れは子供が騒ぐなど、そんなイメージもありますが、高齢者が早朝マクドナルドに集まると、それはそれでかなり騒がしいですよ。  …

続きを読む