1人でも急に食べたくなる焼肉。上野の夕食。房家でふらっと焼肉を食する

 皆で食べに行くものというイメージの強い焼肉。お店側も団体さんを想定して商売をしている焼肉店。  当たり前の光景であるが、最近よく思うのです。街中を一人で歩いていると、ふと無性に焼肉を食べたくなるけど、一人だとね…  多くの場合、定食屋さんの焼肉定食で我慢することになるのですが、やはり目の前で生の肉を、ジュウジュウ、と焼いて塩だれを付けてたべたい…  でも、やっぱり一人だとお店に入りにくいし、お店側も一人客は…となるのではいかと、勝手な心配をしてしまいます。  しかし、最近では、一人でも入れる焼肉店がありますね。早速行ってきました。 <目次> 1.上野にある房家という焼肉店 2.一人焼肉のメリット 3.新しい焼肉の形を 1.上野にある房家という焼肉店  上野にはたくさんの焼肉店があります。その中のひとつに、房家という焼肉店があります。  こちらのお店の特徴は、一人で焼肉が食べられること。さらに、ポイントは、カウンターで立ち焼肉となるところ。  多くの人は、立って焼肉を食べるの?なんか嫌じゃない?とマイナスポイントとして立ち焼肉を受け取りますよね。普通。  しかし、発想を変えてみましょう。  1人で焼肉を食べに行きたくなった場合、お店のテーブルに通されて、座りながら注文して…となると、なぜだか気まずい雰囲気になります。  むしろ、さっと食べて、さっと店を出たいという思いがつ強いはず。そう考え…

続きを読む