マネオ(maneo)の案件。直近、20件の融資案件で常に出てくるAN社…どれだけ融資を受けたいのだ…

 ソーシャルレンディングのマネオ(maneo)では、様々な融資案件が組成されています。直近でも色々と案件が組成され、投資家から投資を募っています。  その中でちょっと気になることがあります。  直近のほとんどの案件で、AN社、という会社の名称が出てくることです。どれだけ融資を受けようとしているのか…  あまりにも同じ会社であるため少し気がかりです。 <目次> 1.直近20件の募集案件を見てみると… 2.C社の返済実績は? 3.もっと多様な事業者への融資案件が欲しい 【関連記事】ソーシャルレンディング maneo (マネオ) での融資回収の遅延について 1.直近20件の募集案件を見てみると…  実際に、2017年4月7日7時時点での直近20件の案件について見てみましょう。すると、ほとんどの案件でAN社の名称があがっています。 === 【第2弾】 2017年 春のキャンペーンローンファンド33号(案件1:AN社、案件2:C社) 3,005万円 【第2弾】 2017年 春のキャンペーンローンファンド32号(案件1:AN社、案件2:C社) 3,005万円 【第2弾】 2017年 春のキャンペーンローンファンド31号(案件1:AN社、案件2:AN社、案件3:C社) 6,005万円 成立ローン総額600億円突破記念ローンファンド57号(案件1:AN社、案件2:C社) 1,005万円 不動産担保付きローンファンド554号(案件1:C…

続きを読む