春は桜の季節。東京のいくつかの花見スポットを見てみる。目黒。椿山荘。

 4月になり、桜の花見の季節。そこかしこで、花見に行った?との会話がされています。  そういう今も、カフェの隣の席では、店員と客の間でその話題で持ち切り。なぜに日本人はこんなに桜が好きなのだろうか。  他に話のネタはないのかしらね。いやいや、英国で天気の話が世間話の定番であるのと同じように、日本ではこの季節は桜が世間話のネタなのですね。  そういう中で、いくつかの花見スポットに行ってきました。本日はその中から目黒川、椿山荘付近の2つをご紹介。 <目次> 1.目黒川は川沿いにものすごい数の桜の木。早朝は人が少ない? 2.椿山荘付近にも桜があったのか。でも人多いなぁ。 3.なぜ人は花見を楽しむのか。 1.目黒川は川沿いにものすごい数の桜の木。早朝は人が少ない?  花見スポットとして、色々なところで紹介されるのが目黒川沿い。目黒と中目黒の間にあるスポットです。  友人の話では、人が多くて、歩くのが大変!でも桜はものすごいたくさん!との話を聞いていました。人が多いのは少し苦手であるので、では早朝に行けばゆったりと桜を見れるのでは?そう思って早朝の花見に出かけていきましたよ。  実際のところ、ほとんど人がいなかった。いない中でものすごい数の桜の木と、ボリュームのある花。とてもきれいでした。  川沿いに歩いて、目黒から中目黒まで行きましたが、なかなか見ものです。東京の中でもこうしたスポットがあるのですね。  特に目黒川沿いは、広…

続きを読む