警察庁が審査基準案を公表!遠隔型自動運転サービスの公道実証が可能に!

 4月13日、警察庁より、昨今話題となっている自動運転車に関する発表がありました。  遠隔操作で走る自動運転車の実証実験を認めるための審査基準を示した資料の公表です。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、日本をPRするためのひとつの取組と言ってもいいでしょう。  逆に言えば、2020年を目標に様々な取組が照準を当てて推進されている取組のひとつがこの自動運転。  自動運転車には、様々な分類がなされていますが、今回の警察庁の話は、遠隔型と呼ばれるもののようです。本日はこのネタで記載します。 <目次> 1.今回の審査基準とは? 2.でも、これまでも自動運転の実証実験は実施されていたじゃん? 3.遠隔型の自動運転は2020年にどの程度社会に導入されるようになるか 1.今回の審査基準とは?  今回、警察庁より公表された審査基準とは何かというと、「これを満たせば、公道で遠隔型の自動運転の実証実験をやっていいよ」というもの。  従来までは、ドライバーが車内に乗車して、ハンドルを握るというのが当たり前でしたが、自動運転技術が進展して、ドライバーが不在でも自動車が走行できるようになっています。技術的には。  しかし、基本的に現行法のもとでは、運転者(ドライバー)が自動車を制御できる状態にない場合、公道で運転してはダメというルールがあります。  ここでグレーな話が出てきます。法的には、運転者(ドライバー)が自動車を制御できる状態…

続きを読む