日本の統計2017/書籍:書籍の出版点数と平均定価から見る出版戦略分析をフォロー(2016年に続き)。(総務省統計…

 書籍のランキング 、人気の本などと、本に関する情報が世の中にあふれています。ただ、本や書籍のランキングといった紹介では、その時々の流行の本を知ることはできますが、 出版の分野別の動向や業界の様子を知るにはあまり役立たない。  そこで一年前、下記のタイトルで総務省統計局の「日本の統計2016」を使って、日本の出版に関する戦略の分析をしました。 【日本の統計2016/書籍】出版の戦略。書籍の出版点数と平均定価(総務省統計局 日本の統計2016)  今年も総務省より「日本の統計2017」が公表されていますので、フォローがてら、「書籍の出版点数と平均定価」というデータを使い同様の分析をしてみました。  あらためて、「書籍の出版点数と平均定価」というデータについておさらいすると、日本の1年間の出版点数と平均定価のデータが、経年で見ることができるデータとなります。  昨今、世の中のみんなは、本を読まなくなったと言われており、それにあわせて出版業界も様々な対応をしているものと想定されます。実際、昨年のデータを使ってみた際にもその違いが明らかになりました。  本年の統計データを見てその傾向の変化について、あらためてフォローしてみましょう。何か変化が起きたのかしら? <目次> 1.出版点数は増えている?をもう一度。 2.書籍の分野では、社会科学、芸術、文学がビック 3.出版点数と平均価格の変化に見る、出版の戦略の分析フォロー(平成26年…

続きを読む