大学生向けの時間割アプリ「Orario」に対して各大学が「利用しないで」と呼び掛け受け。この本質は、マネーフォワー…

<目次> 1.大学生向けの時間割アプリ「Orario」のニュースが飛び交っています 2.大学側が利用しないように呼びかける? 3.株式会社Orarioがコメントするところによれば 1.大学生向けの時間割アプリ「Orario」のニュースが飛び交っています  なにやら、大学生向けの時間割アプリ「Orario」のニュースが飛び交っています。  ことの発端は、ベンチャー企業である株式会社Orarioが提供するアプリOrario。このアプリは、大学生が自身の学籍ID等をアプリに登録することで、大学のスケジュールシステムなどから、時間割などのデータを自動取得する仕組み。  同アプリの説明文には下記の記載があります。 === ○時間割を自動作成 学籍IDとパスワードを入れるだけで、時間割を自動で作成。入力する手間がなく、すぐに確認可能。 ○シラバスとの連携 シラバスとの連携により、評価基準を素早くチェック。オンライン学習ツールにもアクセス可能。 ○講義情報がリアルに連動 休講情報・補講情報・教室変更など、重要な情報をいち早く確認可能。 ===  なるほど。多くの大学で、付与された学籍IDなどを通じて、大学生は自身の授業の時間割や、シラバスなどを閲覧することができるシステムがあるが、大学が提供するシステムだけのために、毎回Webブラウザを立ち上げて、システムにログインして、情報を取得するのは確かに面倒だ。  だからこそ、情報を集めて…

続きを読む