服を着ていてもわかる…女性の胸がなぜか最近揺れているように見える。

 東京の公共交通機関では、朝から晩まで、様々な人たちが行き交っています。その人たちは、男性であることもあれば、女性であることもあり(当たり前ですが…)、また高齢の方から中高生などの若者まで様々です。  最近、ふと気づくことがあったのです。、すれ違う女性をなんとなく見ていて、ある程度、体の線が現れるような服装を身…

続きを読むread more

街中でお店に入って店員に「今いっぱいなので無理です」と入店を断れるとムッとする

最近よくあるな…「今いっぱいなので無理です」と入店を断れるとムッとする  最近、土日に繁華街の飲食店に入店すると、店員に「今いっぱいなので無理です」等と言われて、入店を断られるケースが散見されます。  お店で食事などをしたいと思う人が多くなったのか、来日外国人が増えて飲食店のキャパ以上に客が増えているのか、それと…

続きを読むread more

ソーシャルレンディングmaneoが3か月ごとに同意事項の確認をすることに

 本日、ソーシャルレンディングmaneoは、同社サービスのWebサイトのお知らせにおいて、「同意事項の確認について」を公表しました。  どのような内容かというと、「2019年7月1日(月)より、お客様のご確認とご同意が必要な内容につきまして 『同意事項』としてmy maneoに表示することといたしました」との…

続きを読むread more

多くの人が投資できるように、Funds(ファンズ)が抽選機能を追加した

 ソーシャルレンディングのFunds(ファンズ)は、本年1月より融資案件の組成・運用を開始していますが、投資を募集する際に、極度のクリック競争が発生し、ほとんど数秒で募集が終了してしまう事象が発生していました。  それに対する様々な意見、評判がある中で、この度、Funds(ファンズ)を運営する株式会社クラウドポ…

続きを読むread more

遅延案件の情報はどのように関している?手動でエクセル管理は面倒だし…

 登録者数8万7千人程度もいるのですから、ソーシャルレンディングmaneoを活用して、融資案件に資金を投じていた方々はそれなりにいることでしょう。  そして、遅延件数は400程度にも及ぶのだから、自分が投資した案件が遅延案件となってしまった方も多いはず。。。  そんな方々は、遅延案件をどのように管理してい…

続きを読むread more

ダイナミックプライシング:Web と電子ペーパーを用いたダイナミックプライシングの取り組み

 IoTサービスを提供する株式会社Momoと農業の6次産業化を推進する日本農業株式会社は、六次産業×IoT の実証実験をおこなったというニュースリリースがありました。  この実験には2つの目的があったとのことで、一つ目が「Web と電子ペーパーを用いたダイナミックプライシング」、二つ目が「最終消費者と生産者…

続きを読むread more

誰が遅延案件を扱ったのが知りたい~ソーシャルレンディングmaneoの案件担当者一覧~

 ソーシャルレンディングmaneoでは、2019年6月20日現在【延滞中】というステータスの融資案件が、案件数 27件 / 件数 465件 / 金額 6,677,887,869円と、かなりの件数、かつ金額に上っています。  これら遅延が発生した案件には、その案件を組成した担当者がいるわけで、その担当者が…

続きを読むread more

長野県「ときどきナガノ2019」を通じてIT人材を求める

 長野県は、クリエイティブなあなたの「仕事場」になりたい、として「ときどきナガノ2019」なる募集を始めています。  なんだそりゃ?  と思いましたが、移住促進政策の一環なのでしょうか…。しかも過去にも同じ施策を実施しているようです…好評なんですかね。  都内在住のIT人材などに、長野県に来て仕…

続きを読むread more

給料の前払い需要がアルバイトで多い?

 昨日、“スマホ使って給料前払い”が広がっているというニュース記事がありました。  具体的な記事は下記のとおりです。 === “スマホ使って給料前払い”広がる アルバイト確保に効果 配信:NHK 2019年6月17日 https://www3.nhk.or.jp/news/html/201906…

続きを読むread more

なぜFUNDINNOは、当該Webサイトで投資をした投資家の話を伝えるのか。

 ここ最近、FUNDINNOの会員向けに、メールマガジン的に当該Webサイトで投資をした投資家の話を紹介している。  今までそんなことしていなかったのに、なぜそうした取り組みを始めたのかしら…  例えば、先日は、「FUNDINNO歴2年、38歳男性投資家様が語る“ポートフォリオ論”」として、先日メール…

続きを読むread more

ダイナミックプライシング:ライヴエンタテインメント分野でもダイナミックにプライシング

 ダイナミックプライシングという言葉をちらほら見かける昨今、スポーツイベント系だけではなく、ライブエンタテイメント系でも適用が始まろうとしています。  その兆しとして、エイベックスと三井物産がダイナミックプライシング事業で業務提携というニュースがありました。 === エイベックスと三井物産がダイナミック…

続きを読むread more

【日本の統計2019書籍】出版の戦略。書籍の出版点数と平均定価(総務省統計局 日本の統計2019)

 総務省統計局が毎年公表している「日本の統計」。このブログでは、「日本の統計2016」及び「日本の統計2017」を使って、書籍の出版点数と平均定価の観点から、出版の戦略について考察しました。 【日本の統計2016/書籍】出版の戦略。書籍の出版点数と平均定価(総務省統計局 日本の統計2016) http://c…

続きを読むread more

ソーシャルレンディングFundsで再募集~再募集が発生する理由は…

 先日の2019年6月6日に融資案件の投資申し込みである「リースバック事業「あんばい」ファンド#1」において、再募集がかかることとなったとお知らせがあった。  どうして再募集なの?なんか案件事態に問題でもあったの?連絡があった時には、一瞬、そう思ってしまいました。  しかし、融資案件の再募集が発生する理由には、ソーシャル…

続きを読むread more

統計データの分析視点を身に着けられる実に良い書籍である「なぜ、男子は突然、草食化したのか 統計データが解き明かす日…

是非、多くの人に読んでほしい「なぜ、男子は突然、草食化したのか」  2019年5月に刊行された書籍である「なぜ、男子は突然、草食化したのか 統計データが解き明かす日本の変化」は、実に良い書籍であり、社会調査等の各種調査やビジネス企画等をする人には、ぜひ一度読んでほしいと思う逸品である。 === なぜ、男子は…

続きを読むread more

ワイヤレスイヤホンを付ける人増加!!街の困った人たち

 最近、本当にワイヤレスイヤホンが流行っていますね。アップルでも標準搭載?したころもあり、白いスタイリッシュなワイヤレスイヤホンを両耳に着けて、さっそうと通勤・通学する人も良く見かけます。  音楽を聴くのも、またそれで電話するのもできてします。  その中で、ワイヤレスイヤホンを付けた人の困った行動に困惑し…

続きを読むread more

ダイナミックプライシング:引越サービスにも価格変動!?ダイナミックとはいいがたいが、それでも…

新たな業界でダイナミックプライシング導入!?  ニュース記事を見ていたら、新たな業界でダイナミックプライシング導入をにおわす説明書きがあった。  どれどれ。  何やら、引越業界で、ダイナミックに契約価格を変える仕組みをサカイ引越センターが導入したというニュースである。  引越屋さんですか…なかなか…

続きを読むread more

ソーシャルレンディングという新しい融資のカタチ?

 昨年から続くソーシャルレンディングmaneoの遅延発生問題。一時期のように連日のように遅延発生のお知らせが届く状況ではなくなってきましたが、それでもぽつりぽつりと、遅延発生のお知らせが届きます。  またか…  つい先日の5月末にもメール連絡がありました…  何とかならんものかと考えているところで、…

続きを読むread more

そのあおり文句は“バスト計測わずか5秒”。セルフ採寸とAIを活用したタブレット接客

 ワコール原宿店では、3Dスキャナーによるセルフ採寸とAI(人工知能)を活用したタブレット接客が話題になっているそうな…  そのあおり文句は“バスト計測わずか5秒”とのこと。  このあおり文句に正にあおられて、ニュース記事を読んでみた。 === バスト計測わずか5秒!ワコール原宿店の衝撃 配信:…

続きを読むread more

自分の居る場所を見せたい時もあるし見せたくない時もあるそんなニーズにこたえる「Zenly」

 スマホネイティブといわれる若者の独特な視点が分かる面白い記事を読んだ。その記事は「位置情報全見せアプリ「Zenly」が急成長 若者が夢中になる理由」という記事だ。  自分の知り合いが今どこにいるのか、地図上で24時間確認できるアプリ「Zenly(ゼンリー)」に関する記事である。 === 位置情報全見せ…

続きを読むread more