在宅で増えた体重を反省し、ダイエットを考えて明治のチョコレート効果カカオ95%を購入

法律に基づく「緊急事態宣言」(4月8日)に端を発して、多くの人が在宅での仕事などを強いられるようになりました。そろそろ宣言から2週間となろうとしています。 2週間もほぼ家にこもる生活をしていると、運動不足もさることながら、おなか周りを中心に余分なお肉が気になるようになってきました。日々の歩行による移動は、体重の…

続きを読むread more

自宅にこもる自粛生活の救世主となるか。おすすめはストレッチポールで、ガチガチな背中のコリをとる

 外出自粛の中、自宅にこもる生活をしていると、背中の上が何ともモヤモヤな感じがしてきます。背中が凝ってしまっているのです。  ストレッチなどして、何とか背中のコリをとろうとしても、何の道具もなしに効果を上げるのは至難の業と感じています。  何か良いツールはないものかしら?そんな思いからネットを調べていたら…

続きを読むread more

テレワークで歩数30%減少とあるものの個人的にはあまり減っていません…

 巷では、多くの人がテレワークを行い、通勤を控える動きがあることから、座っている時間が長くなり1日の歩数がおよそ30%減っているという調査結果がまとまったようです。  この調査は、筑波大学大学院と健康機器メーカの「タニタ」などが行ったものです。  ニュース記事によると、東京都内にオフィスがあるある大手企業の社…

続きを読むread more

マネーフォワードを使えば、新型コロナウイルス感染症の経済対策「持続化給付金」の給付対象を自動判定?

 2020年4月14日、クラウド会計サービスを提供するマネーフォワードから、新型コロナウイルス感染症の経済対策「持続化給付金」の給付対象を予測し給付額を推定」というプレスリリースがありました。  「持続化給付金」なるものは、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上の減少などが発生した事業者を対象とした給付金制…

続きを読むread more

にわかに話題になる濃厚接触「追跡アプリ」~日本独自開発の理由は?~

【参考記事】第1弾:平時以上に進むデジタル技術活用の工夫 ~新型コロナウイルス対策のために~  ここ数日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大する中で、その危機感から日本政府では、スマホのBluetooth機能を使った濃厚接触者を把握できるアプリの開発・導入を進めているというニュースが話題となっています。 …

続きを読むread more

高くない?銀行間の送金手数料についてやっと公取が動いたね

 4月13日(月)の報道によると、公正取引委員会は、銀行間の送金手数料について引き下げを求める報告をまとめるとことが分かったようです。  銀行間の送金手数料は、長年固定化され、算出の根拠も不透明だと指摘されたとのことです。また、現状の銀行間の送金手数料の実態を下記のように指摘しています。 === ・銀行…

続きを読むread more

(続)性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違…

 前回、下記の記事で、東京都における新型コロナウイルス感染者数について、性別・年代別の構成割合を整理しました。 性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見てみる  上記記事での積み残しとして、今回は、世代別の人口を踏まえた、世代別の感染者…

続きを読むread more

性別や年齢の違いによって新型コロナウイルスの感染しやすさに違いはあるのか?東京都のオープンデータを整理して違いを見…

 東京都では、新型コロナウイルス感染症に関して、日々の感染状況等の情報発信をすべく、いち早く「東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト(https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/)」を立ち上げ、日々、最新の情報を提供しています。  日々変化する陽性患者数やその属性、検査数など…

続きを読むread more

外出自粛要請~自宅待機では、テレビをディスプレイ代わりにパソコンで作業が快適

 3月末に小池東京都知事の週末外出自粛要請、4月8日の安倍首相による緊急事態宣言などを経て、めっきり自宅にこもっての作業が続いています。  普段からノートPCを持ち歩き、いつでも、どこでも(多くの場合、街中のカフェでの作業)作業をしていますが、自宅での作業となると、ちょっといつもと勝手が違う気もして落ち着かない…

続きを読むread more

電車の朝の混雑具合を公表してほしい…こんな時だからこそ…

電車の混雑。誰もが嫌だと思いつつも、仕方がないとあきらめているもの。駅に行って、乗る電車がホームに到着する瞬間まで、正確にどの程度の込み具合かなんて確かめるすべはなかった。 昨今では、スマートフォンアプリである程度の予測値を見られる路線もあるにはあるが、多くの路線では十分な情報はありませんよね。日々の通勤経…

続きを読むread more