【柚木麻子/書籍】私にふさわしいホテル(新潮文庫、2015/12/31読了)

近年本屋で見出した作家の中で、1, 2をあらそうお気に入りの作家さんです。「終点のあの子」「ナイルパーチの女子会」、もちろん「ランチのアッコちゃん」など、過去の作品もいろいろと読ませていただいています。とても面白い。

この2015年末に、柚木氏の小説を読めて、ああ、良い1年の締めくくりとなった気持ちでいっぱいになりました。

さて、本書のあらすじは読んでみてのお楽しみということにして、個人的に気に入った点をご紹介しましょう。なんといっても一番のお気に入りキャラは、主人公の30前半女子で小説家志望の中島加代子ではなく、文壇最後のドンファンこと東十条宗典先生なのです。

はじめのころは、登場するたびに、文壇の大御所というポジションからか、威張り散らして、酒、女と贅をつくした遊びをする遊び人。しかもこのところ物書きとしての質も伴っていない状況という、ダメな老害的な存在でした。

しかし、話が進むにつれて、若かりし頃の物書きとしての懸命な姿がちゃんとあり、さらに中島加代子といがみ合いつつも、どこか若手作家の文筆の才能のみならず、善悪は別とした人間としての力強さ的な魅力を認める姿が見ていてグッとくる。

そして、最後には、グレている感じがするけど、良識ある大御所として、名実ともに文壇に返り咲く姿が何とも心地よかったのです。もちろん、主人公の中島女史も魅力的です。

本書を読み終わり、現実を見渡してみる。分野も違うし現実世界の話ではあるけれども、文壇ではなくビジネスの世界にも、この東十条先生のようなドンファン的な存在はいないものかね…

この記事へのコメント