【伊勢/旅行】三重県伊勢市(2015年5月 旅行) Record of the travels in Ise City


2015-05-16_0001_111647.jpg
毎年通うように訪れたい場所を見つけるために、昨年(2015年)に訪れた場所を振り返る企画第二弾。今回は「三重県伊勢市(Ise City)」を振り返ります。

伊勢市と言えば、伊勢神宮(Ise Shrine)が観光の名所。そして、伊勢神宮には外宮(げぐう)と内宮(ないぐう)の2つがあります。

外宮は駅前にあり、伊勢市駅を降りれば一目でわかります。一方、内宮は駅前にあるバス停からバスに乗って十数分の場所にあります。

某古典ではありませんが、このような立地であることもあり、駅前の外宮を見て「いいね!」で帰ってしまう「うっかり」な人もいるかもしれません。

■伊勢神宮 外宮(Ise Shrine, Outer Shrine)
2015-05-16_0002_11.39.24.jpg
駅からまっすぐ伸びる賛同を素直に進むと、森の入りのような場所が見えてきます。そうここが外宮の入り口。中に入ってみると、厳かな雰囲気の和風な神殿がイメージされる場所です。歩いていると分かりますが、澄んだ空気が体に染み渡る感じが良い。ちなみに、せっかく伊勢に来たのに東京の明治神宮を思い出してしまいます。

でも意外にも、外宮には人が少ない。伊勢神宮は全国にその名が轟くほどの場所。なぜこんなに人が少ないの?そう思ってしまいました。

何を隠そう、その時の私は、内宮の存在を知りませんでした。知らなかったために、外宮を一回りした後に、少しがっかりして帰路につこうとしたのです。まるで某古典のお話のように…

■伊勢神宮 内宮(Ise Shrine, Inner Shrine)
2015-05-16_0002_13.46.43.jpg 
外宮を後にして、駅から歩いてきた参道を引き返していくと、異変に気づきました。どうもおかしい。多くの観光客が駅から出発しているバスに乗るではないか。それも外宮を見ずに。

バスも頻繁にやってきては、観光客を乗せてどこかに行ってしまいます。せっかく伊勢まで来たのだから寄り道もよいかと思い、行先もわからずバスに飛び乗った私。そして、その十数分後についた場所にびっくり。

立派な参道、その道のわきにたくさんのお店。飲み物、食べ物、お土産物とそこに群がる観光客の山。ここが伊勢神宮の本物か!と。そのときに思い出したのです。昔習った古典のお話があったことを…

古い笑い話と同じことを地でやってしまったと…
2015-05-16_0003_13.58.33.jpg

■見ておくべき伊勢神宮の本殿
2015-05-16_0005_141043.jpg

内宮の参道を進み、人の山をかき分け、森に入り最終的に到着したのが本殿。ここは見ておくべき。とても厳かな雰囲気を感じました。また、ここに到達するまでの右往左往が一層の達成感を生んだ気もしています。本殿も見ることができた…と。

古典の笑い話と同じことを地でやってしまったものの、内宮には再度訪れたい。年に1回は訪れても良いなとリアルに感じました。次回以降、訪れるときにはもう「うっかり」はしませんが…。

<地図>
[ここに地図が表示されます]


この記事へのコメント