【maneo/投資】いつ投資する!?ソーシャルレンディングのファンド募集の傾向と対策

 ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)では、「ほんとに今すぐに投資したい」と思っていても、常時、投資を行えるわけではありません。

 例えばソーシャルレンディングmaneoでは、不定期にファンド募集がなされ、応募金額が募集額に達すれば、募集終了(ファンド成立)となるからです。

 募集中のファンドがない場合には、投資したくても投資できません。投資の機会は不定期に訪れます。そこでいつ・どの程度のファンド募集がなされるのか、2016年1月のmaneoでのファンド募集開始の傾向を見てみました。

 この傾向を踏まえ、投資のタイミングと投資計画を考えてみるのも良いかもしれません。

<目次>
1.ファンド募集件数と募集日(2016年1月)
2.ファンド募集額
3.こまめなmaneoからのメールをチェックが必要


■1.ファンド募集件数と募集日(2016年1月)


 2016年1月のmaneoでのファンド募集件数の総数は、78件に上りました。そして、募集総額は、2,527,540,000円(約25億円)となります。

 1月のどの日に募集があったのかは、下図のとおりとなります。1月は年初めであり、第1週はお休みだったため募集はほとんどありませんでした。

2016-01-30_0001.jpg

 しかし、第2週となる、1月12日(火)には1日で26件と多くのファンド募集がなされています。それに11日の週は、その他の日でも5件程度の募集が随時発生しています。1月11日の週は、絶好の投資習慣だったと言えます。一方、それ以降は、1週間に1日の割合で1~8件程度が募集されています。

 この傾向を見ると、1週間に1回は投資の機会がありそうです。ただし、人気のファンドは募集開始後、数時間で満額成立となってしまい投資できない状況も、過去には散見されています。

■2.ファンド募集額


 また、2016年1月のmaneoでのファンド募集額を日ごとに見てみたものが数となります。こちらも、1月12日(火)が最も多く、約8.9億円の募集が1日で開始されています。その他の日では、およそ5千万円~3億円程度の規模での募集となっています。

 個人での投資となると、一気にそれほど多くの金額を投じることはないかと思うので、問題はないかもしれませんが、数百万円オーダーの投資を行おうとすると、日を選ばなくてはいけないかもしれません。もしくは、募集開始後、速攻で誰よりも早く申し込む必要があるかも。

2016-01-30_0002.jpg

■3.こまめなmaneoからのメールをチェックが必要


 上記のように、maneoでは概ね週1回は、新たにファンド募集がかかります。投資するには、そのタイミングで、しっかりと申し込みをしなくてはいけません。

 ネットでの投資信託等購入のように、ほぼいつでも購入可能な仕組みではないため、ファンド募集が今かかっているのか、ある程度こまめにチェックする必要があるでしょう。

 ソーシャルレンディングmaneoでは、新規にファンド募集がかかった際にメールで募集開始をお知らせしてくれる機能もあります。その機能をオンにして、こまめにメールチェック、そしてチャンスと見れば、即申し込みをする等、こまめな対応が必要ですね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック