【ウェアラブル端末/ガジェット】どうなるの?事業売却でお気に入りの商品がなくなる?リストバンド型生体センサー「Silmee W20」(東芝)

2016-01-24_0001.jpg


 先日の2月4日のニュース記事によると、東芝は、社内カンパニーであるヘルスケア社をこの3月末で廃止すると発表したそうです。「え!」ということはお気に入りのリストバンド型生体センサー「Silmee W20」はどうなるのでしょう?遅ればせながら気になってきました。

 そしてニュース記事によれば、リストバンド型生体センサーなどの事業は、東芝グループ外への移管も検討とのこと。2016年3月末をメドにそれぞれ事業の方向性を決定する予定とのことです。

 ということは、「Silmee W20」は他社製品になるの?事業を東芝から買い取った会社で、これまで通りの製品を販売してくれるのかしら?

 まだ方向性は決定していないので、3月末まで待つ必要はありますが、心配です。せっかく良い端末だと思っているのに…移管先の企業はどのようなところかも気になります。

 そして2月4日の東芝ヘルスケア社のWebサイトの「お知らせ」では、「リストバンド型生体センサー「Silmee W21」の発売中止について」という情報が出ています。あらら、せっかく期待していた「Silmee W20」の上位機である「Silmee W21」は市場に出る前に販売中止とは…

 ちなみに、「Silmee W21」は、「Silmee W20」にGPSが搭載された端末となる予定でした。参考までに両者の簡単なスペック一覧を。

「Silmee W20」
センサー:
 加速度センサー
 脈拍センサー
 紫外線センサー
 温度センサー(皮膚温)
GPS:
 なし
連続稼働時間:
 14日間※使用条件により変動
重量:
 約29.5g


「Silmee W21」
センサー:
 加速度センサー
 脈拍センサー
 紫外線センサー
 温度センサー(皮膚温)
GPS:
 あり
連続稼働時間:
 14日間※使用条件により変動
重量:
 約38g


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック