【上野/ディナー】なぜか突然食べたくなる。お安い食事「伝説のすた丼屋 御徒町店」(2016/2/20)



上野でディナー(夕食)として、すた丼を選んでしまう…


 「すた丼」という言葉を聞いたことがあるだろうか?数年前から、街で見かけるようになった丼屋のことである。その昔は、吉野家、松屋、すき屋など、いわゆる牛丼チェーンが主流を占めていた中で、世の中の状況も変わり、近年では、丼を食べようと思った時の選択肢に入ってくる手軽な食事処。

 先日も、上野・御徒町を歩いていた時に、ふと、目について食べたくなってしまい、そのまま入店した次第です。あの丼の、いかにも、Noneヘルシーな感じは、毎回、食べる前に気が引けてしまうのだけれど、いざ食べてみると、どうしてどうして、とても美味しく食べてしまう。

2016-02-20_1001_15.57.41.jpg

 人それぞれ感性は違うけれど、個人的には、ご飯にバター醤油をかけて食べるというとんでもな食事と同分類をイメージさせる、そんな丼(失礼)。

運営会社はどんなところ?


 この「すた丼」は、株式会社アントワークスという会社が運営する飲食事業のひとつです。正式名称は「伝説のすた丼屋/名物すた丼の店」というそうです。ちなみに、この株式会社アントワークスという会社では、その他に飲食事業として、「デンバープレミアム」、「大衆食堂 にぎわい満腹食堂」、「伝説のステーキ屋」なども運営しているようです。

 2016年3月末現在で、飲食店舗を全83店舗展開しているようであり、それぞれのお店は下記の通りになります。
・「伝説のすた丼屋」72店舗
・「デンバープレミアム」9店舗
・「大衆食堂 にぎわい満腹食堂」1店舗
・「伝説のステーキ屋」1店舗

 すた丼屋は72店舗もあるとは知らなかった。上野のディナー(夕食)向けにでしか食べたことがなかったですが、そういえばいろんな街にありましたね…




「すた丼」への要望


 先日、上野でディナーとして食した「すた丼」を思い出し、今日も街中でお店を見かけたら、入店してしまいそうです。ただし、1点いうなれば、「すた丼」は割りばしではなく、スプーンを用意した方がよいい。その方が食べやすいから。

 お店の方、ぜひ、ご検討くださいませ。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック