【トラストレンディング/投資】投資しやすい?ファンドの組成に苦戦?あまり増えない募集ファンド。トラストレンディング。


 様々なソーシャルレンディングがある中で、トラストレンディングのファンド組成数があまり増えていない。

 投資家としては、様々な案件がある中から選びたいと思うのが普通の感覚であり、さらに投資したいと思うタイミングで投資できるようになるには、相応の頻度でファンドが組成され、投資が募集される機会があった方がうれしいのは確かです。

 そこで、現状のトラストレンディングのファンド組成数が少ない件について整理してみました。

<目次>
1.2015年11月にサービス開始後、あまり募集ファンドの数が増えていない。
2.募集金額も圧倒的に少ないトラストレンディング
3.柔軟で豊富な投資機会があることが大切ではないか

1.2015年11月にサービス開始後、あまり募集ファンドの数が増えていない。


 トラストレンディングは、2015年11月から、投資家から資金の募集をしています。2016年3月までで、5か月程度経つわけですが、ファンド数があまり増えていません。

 トラストレンディングのWebサイトでは、これまで募集したファンドの一覧が出ています。それを列挙すると下記になります。

<2017年8月10時点の追記>--------------------------
前回記事を書いた時には、2016年3月ですが、それから17か月たった2017年8月時点では、「ローンファンド63号」まで組成されています。
この17か月で46本の案件が組成されたわけです。
単純には、1か月あたり2.7本。これってやはり少ない気もする…
--------------------------







債権担保付ローンファンド1号 開始 2015-11-10 09:00:00
債権担保付ローンファンド2号 開始 2015-11-10 09:00:00
債権担保付ローンファンド3号 開始 2015-11-10 09:00:00
不動産担保付ローンファンド4号 開始 2015-11-10 09:00:00
債権担保付ローンファンド5号 開始 2015-11-17 09:00:00
不動産担保付ローンファンド6号 開始 2015-11-24 21:00:00
不動産担保付ローンファンド7号 開始 2015-12-04 17:30:00
不動産担保付ローンファンド8号 開始 2015-12-09 19:30:00
不動産担保付ローンファンド9号 開始 2015-12-17 19:00:00
債権担保付ローンファンド10号 開始 2016-01-01 00:00:00
債権担保付ローンファンド11号 開始 2016-01-01 00:00:00
債権担保付ローンファンド12号 開始 2016-01-01 00:00:00
不動産担保付ローンファンド13号 開始 2016-02-18 21:00:00
不動産担保付ローンファンド14号 開始 2016-02-18 21:00:00
不動産担保付ローンファンド15号 開始 2016-02-18 21:00:00
不動産担保付ローンファンド16号 開始 2016-03-10 15:00:00


 2015年11月に6件、12月に3件、2016年1月に3件、2月に3件、そして3月に1件の募集があったという状況です。

 この数は、少ないのではないかと思います。もちろん、立ち上がってまだ半年もたっていないサービスですから、致し方ないのかもしれません。

 ちなみに、サービス貸し後7年は立つ、マネオ(maneo)とのファンド募集件数を比較したものが次の図となります。
※マネオ(maneo)の件数は、2016年1~3月分しか集計していません。

20160408_0001.jpg


 件数でみると、トラストレンディングは、毎月、マネオ(maneo)の募集ファンドの件数の20分の1以下となっています。

2.募集金額も圧倒的に少ないトラストレンディング


 また、トラストレンディングの毎月の総募集金額を集計したものと、同じようにマネオ(maneo)の毎月の総募集金額を集計したものの比較を下図に示します。※マネオ(maneo)の件数は、2016年1~3月分しか集計していません。

20160408_0002.jpg


 これを見ても、圧倒的に、トラストレンディングの募集金額は少ない。マネオ(maneo)の募集金額の40分の1程度となっています。

3.柔軟で豊富な投資機会があることが大切ではないか


 上記で見た通り、トラストレンディングは、現状、マネオ(maneo)と比べて、毎月の募集ファンド件数、募集金額ともに、かなり少ない状況となっています。

 投資家の観点からは、投資したいと思った際に、投資しやすい環境であることが大切だと思います。そのためトラストレンディングでは、投資しようと思ったときに、手頃な募集ファンドがなかったりする恐れがあります。

 また、2015年11月のサービスリリース当初より、2016年1月~3月にかけて募集ファンドの件数、募集金額ともに減少傾向です。この様子を見ると、ファンド組成に問題があるのでしょうか。いずれにしても、もう少し募集ファンドの数、金額規模ともに拡大が望まれる状況だと思います。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック