【池袋/ディナー】居酒屋の「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」の美人女性店員さんがすごい気配り。次もぜひ行きたい!



 池袋の夜。美味しい魚を食べたくて入ったお店が「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」です。

 このお店、食事は美味しいし、そして何よりスゴイのが、美人女性店員さんがすごい気配り!あまりにも、美人女性店員さんの対応がすごかったので、記事にしておきます。次回行くときの備忘録としても。

<目次>
1.「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」って?
2.初めにテーブルに届く、「お通し」も満足
3.そして何よりスゴイ、美人女性店員さんの気配り!
4.まとめ






1.「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」って?


 昨日、お店に入ったのも実は偶然でした。行こうと思っていた居酒屋が満員で入れず、どこに行こうか迷っていた時に、目についたのが「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」というお店。

 調べてみると、どうやらあの「塚田牧場」の株式会社エー・ピーカンパニーが運営するお店のようです。お肉の塚田牧場。魚の四十八漁場(よんぱちぎょじょう)ということでしょう。

 お店に入ってみると、料理の値段はそれほど高くなく、他のお客も家族連れから、シニアの夫婦、それから若者カップルや、大学生風の男女四人組等々、気軽に入れる心地良いお店です。

2.初めにテーブルに届く、「お通し」も満足


20160409_0001.jpg

 居酒屋と言えば、テーブルに着いた瞬間に「お通し」なるものがテーブルに届きます。

 通常、この「お通し」にも値段があり、強制的に料金がかかります。一般的な居酒屋であれば、漬物?もづく?等あまり期待していない小鉢が何となく届く感じです。

 ただ、「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」ではちょっとビックリ。きびなご、ホタテが届いて、テーブルで焼いて食べられる。これが「お通し」ですと。

 前者の一般的な「お通し」よりはるかにイイ!わざわざ魚を食べたくて選んだお店。なので、まずこういった魚介、しかも自分で焼いて食べられるってのが良いところです。

3.そして何よりスゴイ、美人女性店員さんの気配り!





 お店の店員さんは、皆が作務衣?姿なのですが、女性店員さんは通常赤色系統。男性店員さんは青色系統の制服です。

 その中で、ただ一人、青色系統の作務衣姿の女性店員さんがおり、きびきびと、お客のテーブルの注文を取ったり、料理を運んだり、紹介したりしていました。

 そして、このお店で食事をして大変満足、スゴイ、と思ったのは青色系統の作務衣姿の女性店員さんの接客です。恐らく、テーブル対応のリーダ的な人なのでしょう。この女性店員の凄いところは…

<何よりビックリするほどの美人さん>
 魚系居酒屋で、ビックリするほどの美人の方に接客サービスを受けるのはめったにないなぁ~と。

 若くて大学生風でかわいらしい系の店員さんはしばしばいますが、これぞ「美」という人も珍しい。

 個人的なイメージでは、瞬間的に、山口紗弥加を思い出しました。

<美人に加えて、気さくに魚について教えてくれる>
 単に美人店員さんというだけではありません。

 食事を注文する際に、メニューを見ながら、どれがいいか悩んでいると、色々と魚について教えてくれるのです。

 今は、どこどこの牡蠣が美味しいとか、個人的には真鯛が好きだけど、お客さんならこっちの○○って魚(せっかく聞いたのに忘れてしまいましたが…)がいいですよとか。

 いや、単にマニュアルとして知識を詰め込んだという感じではなくて、この人本当に魚が好きなんだなぁ~と感じさせる知識量です。

<さらに、とても意識の高い接客サービス>
 さらに、「焼き餃子鍋」という料理がとてもお美味しかったのですが、その作り方についても詳細に説明してくれました。

 実は「魚の骨を3~4時間煮込んでだしを取って…」などと。

 また、魚のことや、どうやって美味しく調理できるのか等、なぜそんなに詳しいのと聞いたところ、漁師さんから魚を直接仕入れているので、その漁師たちの話もあって詳しいのですよとの返答。

 さらに、漁師さんの魚に対する思いを、お客に伝えるのが私のミッションなので言っていました。

 店員さんとして、素晴らしい意識ですよね。すごいなぁ~と。

<お客をよく見ていて、ほんと気配りができる>
 あともう一つ。実はこのお店には、目上の友人と私の二人で入店しました。私としては、ほんの少しですが、友人に気を遣う立場なわけです。

 なので、魚を焼いたり、隠し味の魚粉などをあぶった魚にかけるなど、テーブルの上でのこまごまとした作業は、通常、私が仕切って、できたものを友人に食べてもらうように心がけています。

 この辺りの友人と私の関係性も、この美人女性店員さんはすぐさま見抜いて、料理を持ってくると、私の方に懇切丁寧に説明をしてくれるのです。

 もちろん、友人にも丁寧な説明ですが、具体的な作業については、私に主導権を持ってもらえるように気を使ってもらえているのがよくわかりました。すごいなぁ。




4.まとめ


 「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」に行ってみて、かなりファンになってしまいました。

 もちろんお店の料理はとても美味しい。それ以上に、この美人女性店員さんの気配りがすごすぎて、また行きたい。

 次もこの美人女性店員さんがいるときにきたいな…。

 ちょっと、店員さん目当てに居酒屋に行くというのも微妙ですが、そんな感覚を抑え込んでも、ぜひ行きたいなと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436473651

この記事へのトラックバック