【ソーシャルレンディング/投資】自分のブログについて、直近の30日の間に、多くアクセスのあったソーシャルレンディング記事をまとめてみた。

20160402_0001_money_saifu_receipt_card.png



 ソーシャルレンディングとはどのようなものなのか?

 理論などではなく、具体的に、どのようなサービスが運営されているのか?どのような人がお金を投資しているのか?本当に投資家は儲かっているのか(利益が手に入りそうなのか)?

 また、投資しても大丈夫なのか?リスクはどの程度なのか?お金が無くなることはあるのか?

 などなど、素朴な疑問と興味から、日々、自分なりの情報収集と備忘録のために記事を書いてきました。

 その中で、直近の30日の間に、皆さんからアクセスの多かった記事を5つ整理しておきます。

 興味を持つことはみんな同じなのかな…

<目次>
1.【SmartLend(スマートレンド)/投資】新しいソーシャルレンディング。混戦の感のある業界の中で、生き残るサービス?SmartLend(スマートレンド)。
2.【ソーシャルレンディング/投資】投資家がうれしいサービス。投資家へのサービスとしての情報公開とソーシャルレンディング。
3.【Trust Lending/投資】貸し倒れのあるファンドは?トラストレンディング(Trust Lending)を参考に条件を見てみる
4.【クラウドバンク(Crowd Bank)/投資】証券会社が運営するソーシャルレンディングを支える投資家とは? だれがリスクをとっているのか。
5.【マネーフォワード/投資】ソーシャルレンディングの競合になるのか?マネーフォワードは、銀行の貸し倒れリスクを把握する手間を削減、個人事業主や中小企業への資金調達を支援。

1.【SmartLend(スマートレンド)/投資】新しいソーシャルレンディング。混戦の感のある業界の中で、生き残るサービス?SmartLend(スマートレンド)。


 直近30日で最も多くアクセスのあった記事がこれです。

 この4月に運営開始された、新しいソーシャルレンディングサービス 「スマートレンド」(https://www.smartlend.jp)について記載した記事です。

 SmartLend(スマートレンド)の代表者の柳澤修氏が、どのような経歴の方なのかを中心に、オープン記念ローンファンド第1~3号の準備状況などをまとめたものです。

 新しいソーシャルレンディングサービスが始まるということで、注目されたようですね。

2.【ソーシャルレンディング/投資】投資家がうれしいサービス。投資家へのサービスとしての情報公開とソーシャルレンディング。


 2番目にアクセスの多かった記事がこれ。

 株式投資の世界では、そのあたりはかなりの情報提供があるが、ソーシャルレンディングサービスを提供する会社の情報提供の取組が不足しているのではないか?という問題意識のもと、情報提供に積極的なソーシャルレンディングサービスを2つ紹介した記事。

 マネオ(maneo)の投資家への情報提供、クラウドクレジット(Crowdcredit)の投資家への情報提供についてです。

3.【Trust Lending/投資】貸し倒れのあるファンドは?トラストレンディング(Trust Lending)を参考に条件を見てみる


 3番目の記事がこれです。

 資金の借り手である企業はどのような企業なのか?、きっちりお金を返せる企業に貸し付けを実行する仕組みになっているのか?

 上記の疑問から、トラストレンディング(Trust Lending)貸付条件を参考に、貸し倒れの恐れについて考えたことをまとめた記事です。

4.【クラウドバンク(Crowd Bank)/投資】証券会社が運営するソーシャルレンディングを支える投資家とは? だれがリスクをとっているのか。


 4番目にアクセスが多かった記事がこれです。

 日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク(Crowd Bank)」についての記事。

 クラウドバンク(Crowd Bank)は、2014年にサービスを開始して以来、2016年4月23日現時点までに、累計応募金額64億4,801万円、分配金総額¥1億6,250万円に達しており、それなりの規模に達しています。

 ただ、その成長が早いものなのか?伸び悩んでいるのか?という疑問から、老舗的なソーシャルレンディングのマネオ(maneo)との比較を行った記事です。


5.【マネーフォワード/投資】ソーシャルレンディングの競合になるのか?マネーフォワードは、銀行の貸し倒れリスクを把握する手間を削減、個人事業主や中小企業への資金調達を支援。


 5番目にアクセスが多かった記事がこれ。

 マネーフォワードは、同社のサービス「MFクラウド」を利用する個人事業主や中小企業などに向けて、金融機関からの資金調達を支援する「MFクラウドファイナンス」を発表しました。

 そのニュースを受けて、資金提供側の視点から見れば、その「MFクラウドファイナンス」がソーシャルレンディングの競合サービスになるのでは?との考えをまとめた記事です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437610983

この記事へのトラックバック