【ソーシャルレンディング/投資】ソーシャルレンディング収益とブログ収益を机上で比較すると、どちらがお得か?

20160319_0002_consultant-779590_640.jpg

 しばしばブログを見ていると、ブログ収益の話を公開しているページがあります。

 ブログ運用を始めて数か月で、収益がひと月に1万円を超えましたなど。そうしたブログを読むと、確かに、ひと月に1万円の収入を得るためには、ブログ記事をこまめにアップしたり、また日々注目されるような面白いネタを考えたりとかなり大変、かつ普通の人ではできそうもない努力をされている様子がうかがえます。

 日々、相当な手間をかけているのではないかと思います。書きたいことよりも、他者が読みたいものを書く。ニーズ重視のブログ記事作成。そういったことが好きな人は苦も無くできるかっもしれません。しかし、投入時間に対する収益という観点で見ると、どうでしょうか?

<目次>
1.ひと月1万円の収益が上がるブログの手間を考える
2.ソーシャルレンディングでの収益を考えてみる
3.所感とまとめ






1.ひと月1万円の収益が上がるブログの手間を考える


 例えば、毎日ブログ1記事をアップするとします。するとひと月で30記事。1つの記事に2時間かけたとすると、月60時間の投入となります。こうした作業時間を投入して、ひと月1万円の収益が上がるブログができたとしましょう。

 すると、時間単価は、167円程度。普通のバイト代よりも低い。いやいや、ひと月60時間もブログに投入すれば、もっと収益が上がるはず!という意見もあるかと思いますが、普通の人のブログを考えるとこのくらいではないかと勝手に考えています。

 そうなのです。普通の人のブログは、もし収益を上げるという観点で見ると、ブラック企業さながらの効率となるのです。もちろん、ブログ運営は、個人的な趣味であったり、投資的な位置づけであったりするため、必ずしも収益だけが出口ではありません。そのためこのように考えるのは極端と言えば極端です。

 しかしながら、やはり収益という観点から見ると、かなり効率がよろしくない、かつ非常に難しいものなのではないかと思うのです。


2.ソーシャルレンディングでの収益を考えてみる


 ソそれでは次にーシャルレンディングでの収益を考えてみましょう。例えば、年間4%程度(税金分を差し引いた実質的な利益)の収益が出るファンドに300万円を投入したとします。すると、年間12万円の収益が上がります。

 一方で、ソーシャルレンディングでの資金投入の際には、それなりに細目に案件をチェックしたり、毎月運用状況の確認などが必要かと思いますが、ひと月1~2時間程度の手間くらいではないでしょうか。とすると、時間単価でみると、5000~1万円程度。

 つまり時間単価という点では、ブログで収益を上げるよりも、はるかにソーシャルレンディングでの収益の方が効率が良いといえます。

 もちろん、そもそもソーシャルレンディングでひとつき1万円の収益を上げるためには、それなりの規模のタネ銭が必要となりますが、それさえ準備できれば、ブログの収益化と比べてはるかに手間が少なくて済むのは自明でしょう。

3.所感とまとめ


 ブログ運営をする目的は、人それぞれ。当然ながら収益を上げることだけが目的ではない。そのため、効率的に稼ぐという視点だけで、ブログ運営は非効率という話にはならない。 それに、万が一、ブログが世の中から注目されれば、もっと他の収益の話も舞い込んでくるとしばしば聞きます。

 つまり一夜にして、すごいことになる可能性もゼロではない。ただし、普通のブロガーからすれば、かなりゼロに近い可能性ですけれども。

 ただしはっきりしていることは、日々必要となる手間に対する収益という視点だけ見れば、ソーシャルレンディングは、かなり効率的に収益をあげられる手段であるということです。。

 もちろん、ソーシャルレンディングでそれなりの収益を上げるためには、タネ銭としてそれなりの規模のお金を用意しなくてはいけませんし、万が一の投資案件の貸し倒れリスクもあります。それらのリスク要因を勘案しても、ブログ収益化よりもソーシャルレンディングでの収益の方が、はるかに効率が良いのではないかと思うのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438137330

この記事へのトラックバック