【rakunew/随筆】rakunew(楽ニュー)というECサイトで、2か月遅れで商品がやっと届いた。rakunewの評判は?


 4月末に、rakunew(楽ニュー)というECサイトで、ちょっとマニアックな指輪型のウェアラブル端末「OURA」を購入しようと注文したのですが、まったく届かないという記事を書きました。

 この記事のアクセス数がそれなりにあったので、この楽ニューという会社が運営している「rakunew」というサイト(https://www.rakunew.com/)について、多くの人が評判を気にしていることがわかりました。

 恐らく、私と同じで、注文したけど全く商品が届かないといったことが起きているのでしょう。

 さて、4月末に、商品発送について「rakunew」に問合せしたところ、「メーカ側に問い合わせているが連絡が取れない。商品の発送は保証できない」と言われてしまったこと前回の記事で記載しました。

 その後1か月ほど放置されたものの、数日前、突然、「rakunew」からメールが来て、「国内発送を行いました。2~3日程度でお届けします」との連絡が入りました。

 その時は、やっと来たか!とめちゃくちゃうれしくなりましたが、よくよく考えると、2か月遅れの納品です。

 これを単純に喜んでも良いものかしら。

 メーカ側の理由にせよ、遅延が発生しているのであれば、その旨、「rakunew」側から説明と対応方針の説明があってもよさそうなのに…とちょっとムッとしました。

 このような経緯もあり、「rakunew」を通じての商品購入については、あまりしっくりしていないのですが、待ちに待った商品が届いたので、その商品のご紹介をしたいと思います。

<目次>
1.指輪型のウェアラブル端末 OURA
2.OURAで睡眠は確かにデータ取得できているようだけど…日中は?
3.クラウドファンディングで物を買って学んだ留意点





指輪型のウェアラブル端末 OURA


 今回手元に届いたのは、北欧企業OURAが開発・販売している指輪型のウェアラブル端末である「OURA Ring」です。

20160605_0001_oura.JPG

 この指輪型のウェアラブル端末については、数は少ないですし、ちょっと記事が古いですが、どのようなものであるかの日本語の記事もあります。

 それを読むと、指にはめて、人の行動を把握し、休息が必要なときであるのか、運動を行った方がいいのか、睡眠をもっと改善した方がいいのかなどを検証可能と言われています。

 さらに、日中ははめている際に心拍数や体温、振動などから動きを測定して状態を把握でき、また夜間寝ているときは体温と体の動きからその人の睡眠がどういうパターンで行われているのかを計測して睡眠のレベルを把握している、との説明がなされています。

 つまり、指輪で計測する形となっているので、24時間ずっと監視していることからより詳細なデータからユーザーに最適な内容を提供できるそうである。

 期待を胸に、早速、手元に届いたOURA Ringをはめてみました!

OURAで睡眠は確かにデータ取得できているようだけど…日中は?


 早速、指にOURAを付けて、数日間、過ごしてみました。スマートフォンには、専用のアプリもダウンロードして設定。どんなデータが取れるのか楽しみにしていました。

 しかし、何か違う…

 確かに、何時から何時まで睡眠したのか、その間の眠りの様子(深い眠り、浅い眠り等)のパターンなど、しっかりデータ取得できているようです。
20160605_0003_oura.jpg

 でも、日中はどうなの?アプリの「readiness」というページがそのデータに相当するのだろうけど、これだけが日中のデータなの?心拍をもっと細かな時間単位で把握できないのかしら?

 などと少しがっかり。

 また、どの時間帯に体を動かしていて、どの時間帯に体を動かしていないのか、そういった日中の状況がデータとして取得できるのではないかと期待していたのですが、現状のアプリではそこまで表示されません。
20160605_0002_oura.jpg

 単に、まだアプリが対応していなくて、今後、アプリのアップデートでより詳細な日中のデータも可視化できるのでしょうか?

 それとも、OURAは、ハードとして、そこまでできないものなのでしょうか?

クラウドファンディングで物を買って学んだ留意点


 OURA ring は、クラウドファンディングで資金を募り製造された商品です。

 今回、この手のクラウドファンディング系での製品を購入してみていくつか学んだことがあります。

 ひとつは、何時手元に届くかわからないこと。従来のように、既に製品化しているモノを購入する場合には、在庫があればすぐに手元に商品が届きますが、アイデアを提示して資金を調達し、それから開発・製造する商品となると話は別です。

 アイデアは面白いけど、実際に作ろうとすると「できない」ということもありますから、商品が完成しなくて、商品を手に入れられないといったことも起きます。

 それから、資金を調達し開発段階になって、もともとの商品アイデアから、変更がなされて製品化がなされることもある。

 今回の、OUR ringもそうなのではないかと。だって、当初の説明と、違うし…

 実現可能なレベルでの製品化に落ち着いてしまったのでしょかね…そのあたりの情報提供も、クラウドファンディングではユーザーでは取得しにくいですね。

 情報があるのかもしれないけど、どこを見ればいいかなかなかわからない…

 今後、クラウドファンディングでの商品購入の場合は、そのあたりを織り込んで、気を付けて購入判断をするつもりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438651186

この記事へのトラックバック