【モノの紹介】外出時には、1本のUSBケーブルを使い分けてiPhoneとAndroid端末の充電をする変換アダプタが役立つ。

gorimobile20160729530716_TP_V.jpg

 スマートフォンはかなり人々の間で浸透してきました。特に日本人の間では、iPhoneが人気で、多くの人が使っているかと思います。一方、Android端末を使っている人も負けず劣らず相応の数います。

 中には、iPhoneとAndroid端末を合わせて持ち歩いている強者も中にはいます。

 そういう私自身も、iPhoneとAndroid端末をそれぞれ身に付けて、日々生活しているタイプです。

 さて、こうしたスマートフォンですが、外出の際にバッテリー切れになることもしばしば。そのため、カフェやオフィスなどで充電をこまめに行うために、持ち歩くカバンの中に、充電用のUSBケーブルを忍ばせている人は多いのではないでしょうか。




 そんな時に困るのがiPhoneとAndroid端末とで充電用のケーブルが異なること。

 それぞれの充電用に、2本の充電用USBケーブルを持ち歩くことになります。ただ、ケーブルが複数あると、ただでさえ煩雑になるのに、一層面倒なことになります。

 バックの中で、ケーブルが引っかかって上手く取れ出せなくなることや、二本のケーブルが絡まり合って、取り出すのが面倒になることもしばしば。

 出来れば、ケーブルも1本で済ませたいところです。

 そんな時に重宝するのが、「Micro USB変換アダプタ」なるものです。

   

 これは下記のようなコネクタになっており、非常に小さくて持ち運びもらく。これをケーブルの端子の先に付けるだけで、Android端末用のUSBケーブルが、iPhone用の充電ケーブルに早変わりです。

 この変換アダプタさえあれば、外出の際でもケーブルは1本で済んでしまいます。

 ただし、気を付けなければいけない点もあります。この「Micro USB変換アダプタ」には安いものから、相応の値段のものまで価格が様々なモノがあることです。

 100円未満の安いものは、いつの間に壊れてしまうこともしばしば。充電したい時に限って、緊急事態であることもしばしば。そんな時に「Micro USB変換アダプタ」が壊れていて使えないとなると、大変です。

 


 日々充電で使うものであるだから、ある程度の値段のモノを購入して使った方がよさそうです。

 一方、中にはあまりにも高いものもあります。例えば、この「Micro USB変換アダプタ」はコンビニでも買えるものですが、「なんと」コンビニでは、2000円程度で販売していることもしばしば。

 これはちょっと高すぎでしょ!と言いたくなります。コンビニは緊急事態でやむに已まれず購入する人の足元を見ているのでしょうね…

 いずれにしても、相応の質の「Micro USB変換アダプタ」は、500~1000円程度で購入できますので、予備も含めて2個程度購入し、バックの中にしまっておくのが良いかと思います。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック