【京橋のランチ/食事処】お盆の真っただ中でもやっているランチ。京橋駅直結の「すぎのこ」。鶏料理が食べられる。

 お盆の真っただ中。普通に日中、街中を歩いていると、普段よりも格段に人通りが少ない。多くの人が、自宅にいるのでしょうか?それとも里帰りしているので、東京に人が少なくなっているのでしょうか?

 そんな中でも、土曜日の昼間にランチ営業をしているお店で、作業の合間の食事をしてきました。本日は、東京駅近く。京橋駅直結ビル 東京スクエアガーデン地下にあるお店です。

 その名も「すぎのこ」という店です。すぎのこって何?と言われても分かりませんが、外観は完全に和食のお店。見てみると、鳥料理が売りのようですね。

2016-08-13_1001.jpg

 平日は、オフィス街であることから、サラリーマンであふれかえるお店でしょうが、土曜日はあまり人がいない。

 早速入店してメニューを見てみると、ランチメニューが6つほどあります。




 その中で、「豚の柚子胡椒丼と鶏そばのハーフ&ハーフ」なるランチセットを注文。値段は1000円なり。

 1000円のランチの価値はあるのか?ドキドキしながら配膳されるのを待ちました。ここ最近、都心の定食屋さんなどでは、値段の割には???と思ってしまうお店が多い気もしています。

 このお店がそうでないことを祈りつつ、目の前に出てきた料理がこれです。

2016-08-13_1002.jpg

 見た目はまあまあ。少なくともがっかりではない。ではそのお味は?ということで、率直な感想を言えば、「とても美味しかった」です。ボリュームも、腹八分目程度でちょうどよい量でした。

 この近辺のお店は、実ははずれが多いのではないかと個人的には思っているところですが、その中で「すぎのこ」は、また来てもよさそうだと思うお店でした。

 次回も、土曜日に京橋で作業をした後には食べに来たいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック