【街履きランニングシューズ】おしゃれに履いて、私服に合わせる人が増加している!

※関連する記事はこちら
おすすめ街履きランニングシューズとオシャレなリュックサック?エルベシャプリエのデイパック




 「街履きランニングシューズ」というキーワードが注目されています。

 今回は、街履きランニングシューズについて紹介します。

 最近特に気づいたことがあります。

 街中を行ったり来たりしている仕事をしていると、様々な人たちとすれ違いますが、その中で、最近特に気になっているのが「ランニングシューズ」を履いている人たちです。

 ランニングシューズを履いているということは、運動をしている人なのかな、と思われる方もいるかもしれません。

 しかし、普段の私服や、スーツなどに合わせて履いている人が、ここ最近増えている気がしてならないのです。

 若い男性、特に男子大学生風の人であれば、男の子だしランニングシューズもありだよね…などと、普通に受け入れられますが、最近増えているのは、若い女性のランニングシューズ姿なのです。

 まさにこれからスポーツをしようといういでたちではなく、普通に街を歩く姿。その感覚が新しいオシャレなのかしら…

<目次>
1.就職活動の学生×街履きランニングシューズ
2.土日の買い物の若者×街履きランニングシューズ
3.私個人的なおすすめはニューバランス

1.就職活動の学生×街履きランニングシューズ



 先日、パッと見でも就職活動の学生であることがありありと分かる女性とすれ違う機会がありました。彼女は、リクルートスーツに身を包み、とあるビルの前まで、ランニングシューズで歩いてきていたのです。

 彼女は、ビルに入る前に突然立ち止まり、靴をパンプスに履き替えている。それには少しびっくりしました。(履き替えるならば、入り口の真正面ではなく、端っこに行こう…)学生にとってはパンプスは履き慣れない靴であることはよーく理解できます。

 就職活動中は何かと長時間歩くでしょうから、できるだけ楽な靴でいたい、そんな内心も理解できます。だからこそ、移動中はランニングユーズ、そしていざセミナーや面接の際にはパンプスに履き替えるということかもしれません。

 ただし、驚いたのは、リクルートスーツにランニングシューズを合わせて履いているからと言って、決して、ダサいものではなかったということです。そこは彼女の美的感覚なのでしょう。結構オシャレな感じにランニングシューズを履きこなしていたのです。

 最近のランニングシューズは、リクルートスーツにも似合うデザインがあるのだなぁーと。

 これが街履きランニングシューズですよ…

2.土日の買い物の若者×街履きランニングシューズ


 また、それだけではありません。

 土曜日、日曜日といった休日もランニングシューズを履いて、買い物などで街中を歩いている若い女性が多数散見されます。

 カジュアルな格好ではありますが、従来であれば、革靴等が似合う服装にもかかわらずです。もちろん、ランニングシューズだからと言って違和感はなく、むしろオシャレな感じで履きこなしている。

 ではどのようなブランドなのでしょうか?ランニングシューズと言えば、下記のようなメーカーがありますよね。

ミズノ(MIZUNO)
ニューバランス(new balance)
アシックス(ASICS)
プーマ(PUMA)
アディダス(adidas)
ナイキ(NIKE)
リーボック(Reebok)
アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)
ブルックス(BROOKS)
サッカニー(Saucony)
ニュートン・ランニング(Newton Running)
オン(ON)

 一部、私自身も知らないメーカーがありますが、日本人の40代以上の方にとっては、ミズノ、アシックス、プーマ、アディダス、ナイキ、リーボックあたりが定番かもしれません。

 街中で見かける、街履きランニングシューズを履いている若者(特に女性)は、当目からではどのメーカーのランニングシューズを履いているかわからないものを着用しているようです。

 “ブランド”がこれ見よがしにわかるものではなく、そもそもの形や色などがカッコいいランニングシューズで、実は○○のブランドというタイプを履くのが若者のオシャレなのかもしれませんね。

3.私個人的なおすすめはニューバランス



 私個人としても、昔から、カジュアルな服とあわせてランニングシューズを履いて、買い物など街中に行っていました。

 昔は少し違和感があったものの、今はそれが自然になりつつあるということで、うれしい限りではあります。

 そんな私のおすすめは、ニューバランスのシューズです。

 個人的には、下記のタイプのデザインが好みです。

 街中でオシャレな街履き系ランニングシューズを履いている人が今後も、増えていくのではないかと思います。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441199896

この記事へのトラックバック