【人工知能】伊勢丹で体験する人工知能「AI利き酒師」!人工知能「SENSY(センシー)」による接客サービスを使ってみる。

2016-8-28_0001.jpg

 つい先日、伊勢丹新宿本店で、人工知能「SENSY(センシー)」による接客サービスを期間限定で実施しているとのニュースがありました。その期間は、8月24日から8月29日まで。人工知能!?最近はやりのバズワード?であるため、身近で体験できるものであればぜひ体験したい!との思いで、さっそく昨日、伊勢丹新宿本店に出かけていきました。

 だって、人工知能(AI)ってみんな言うけど、なかなかどういうものなの?と実際にリアルに体験できる場所ないしね…

<目次>
1.伊勢丹で体験する人工知能「AI利き酒師」とは?
2.人工知能「AI利き酒師」に対する所感はいかに
3.人工知能「AI利き酒師」の技術を開発するカラフル・ボード株式会社という会社


1.伊勢丹で体験する人工知能「AI利き酒師」とは?


 この伊勢丹新宿本店での期間限定導入されている人工知能「AI利き酒師」とはどのようなモノなのか?

 ニュース記事によれば、感性を分析するという人工知能を開発しているベンチャー企業があり、その技術を使い、お客さんの味覚や好みを分析できるという代物。その分析結果により、お客さんにぴったりだと予測される日本酒を提案してくれるらしいのです。

 さて、この人工知能「AI利き酒師」の体験場所は、伊勢丹新宿本店の地下食品売り場。人工知能と言えば、かなり注目されているワードですので、さぞかし多くの人が体験をしに来ているのであろうと思っていました。しかし、伊勢丹に行ってビックリ。あまり人がいない。体験の順番待ちも覚悟していたのに、並ばずに体験できましたよ…

 いざ体験してみると、タブレットパソコンを操作しながらお酒の味わいを入力していくものでした。サンプルとして、3種類の日本酒が提供され、その一つ一つの銘柄ごとに、5つの指標の評価を入力していく仕組みです。それが次の5つの指標です。




・甘味
・酸味
・旨み
・余韻
・コク


 これに回答して、「次へ」ボタンを押すと、その人の日本酒に対する感覚が可視化されます。例えば、「私は旨みをとても重視する客…」といったことが定量的にわかるというもの。

 さて、この後がこの人工知能によるお客に合う日本酒の提案部分となります。「どのような食事が好みですか?」等のいくつかの質問があって、選択肢の中からいくつかの食事を選びます。すると人工知能がその食事にあった、、あなた好みの日本酒を提案してくれる。

 私の場合、食事として「佃煮(肉・魚)」を選んだところ、貴 特別純米(蔵元:永山本家酒造)をおすすめされました。

2016-8-28_0002.jpg

2.人工知能「AI利き酒師」に対する所感はいかに


 人工知能と言えば、近年技術的なブレークスルーがあった深層学習(ディープラニング)を思い浮かべてしまいますが、今回の人工知能「AI利き酒師」は、深層学習(ディープラニング)ではありません。いわゆる、大人の人工知能といったものの分類に入る技術なのではないでしょうか。

 いくつかのサンプルに対する回答をもとに、コンピュータが推論を行うというものでしょう。その意味で、体験してみて、驚きやびっくり、といった感想はありませんでした。しかし、日本酒の利き酒、好みのお酒の提案という仕組み自体はとても面白い。

 私の日本酒に対する好みを可視化してくれた部分も面白い。一緒に行った友人とは全く好みが違うことが一目でわかりましたし。
2016-8-28_0003.jpg

 また実際に体験してみて思ったことですが、日本酒を販売する酒屋にこの仕組みを導入するのもいいけど、料亭などお店のお任せで食事をする際などは、食事のはじめに人工知能「AI利き酒師」でお客の好みを把握するという取組をしても面白いかもしれません。

3.人工知能「AI利き酒師」の技術を開発するカラフル・ボード株式会社という会社


 今回の人工知能「AI利き酒師」の技術を開発したのは、カラフル・ボード株式会社という会社です。最近、人工知能技術をコアにしたベンチャー企業がたくさん出てきていますが、その一つです。この会社は、もともとファッション人工知能アプリ「SENSY」で有名な会社です。自分に似合うコーディネートを人工知能で提案してくれるというコンセプトのアプリを開発しています。

 あれ?これって、以前紹介したサービス「月額ファッションレンタルサービスleeap(リープ)」と一部かぶっています。leeap(リープ)は、月額でファッションをレンタルできるというところに付加価値があり、プラスアルファでコーディネートもしてくれるというところですが、ここをファッション人工知能アプリ「SENSY」で自動化してしまう、というアイデアもありそう。

 いずれにしても、人工知能を活用した取組については大変興味深いですね。今回の人工知能「AI利き酒師」みたいな、身近で体験できるものが他にもあれば、体験したいな~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441422346

この記事へのトラックバック