【お小遣い稼ぎ】自宅にある隠れた資産をお金に換えてみた!書籍の買取査定の結果は?「ネットオフ」の回答。

※関連過去記事
【お小遣い稼ぎ】自宅にある隠れた資産をお金に換える!たまっている書籍を買取サービス「ネットオフ」に送ってみる。

20160318_books-1012088_1280.jpg


 本が大好きで、毎週のように足しげく本屋さんに通い、気が付けばいつも本を買って帰ってくる、そんな行動が習慣になっている人も多いことでしょう。

 そういった人の悩みは、自宅が本だらけになるということ。

 あまりにも本が多くなりすぎて、処分にも困ることがしばしば。

 ココだけの話、資源ゴミの日に書籍をゴミ捨て場にもっていくと、いつの間にか、誰かが捨てたはずの書籍を持ち返っている。

 そんな光景を過去に幾度もみてきました。

 その光景を見ると、書籍は捨てるのはもったいない。ゴミ捨て場にある書籍を持っていかれるくらいならば、自分自身で古本屋に売りたいと考えるのは自然なことでしょう。

 そこで以前、書籍の買取サービス「ネットオフ」を活用してみようと、段ボールに書籍を詰め込み、指定の場所に書籍を発送しました。そして数日後に、買取価格の査定結果が届きました。

 本日は、その査定結果について記載します。





<目次>

1.やっぱり、ネットオフの買取価格は安い?


2.それでも、ネットオフの買取サービスを使う理由



1.やっぱり、ネットオフの買取価格は安い?


 先日記載したブログでは、下記のような記載をしました。

※関連過去記事
【お小遣い稼ぎ】自宅にある隠れた資産をお金に換える!たまっている書籍を買取サービス「ネットオフ」に送ってみる。

 着払いで配送するのですが、この配送費用は、もちろん買取価格に反映してくるものでしょう。

 つまり買取価格を押し下げる形になることは自明です。

 ネットオフでは、着払い宅急便で書籍を指定の場所に送ります。そのため配送費用が掛かるのです。

 そのため、配送費用がかかる分だけ、買取価格が押し下げられるのではないか、考えたわけです。

 実際、今回の査定結果を見てどうだったのか?

 あくまでも所感ですが、やはり買取価格が安い気もしています。

 身近にあるブックオフ等、リアル店舗に書籍を持ち込み買取してもらうよりも、安い感覚があります。

 直近の半年で、20回以上ブックオフに書籍の買取をしてもらった感覚からすると半額以下のような気もしています。(千冊ほど買取してもらっていますので…)

 もう少し言えば、リアル店舗のブックオフで買取してもらうのと比べると、金額で半額程度になる気もしています。ネットオフではね。

2016-09-4_0001.jpg

2.それでも、ネットオフの買取サービスを使う理由


 上記の買取査定の結果を見て、「もう使わない!」などと思う人もいるかもしれません。

 しかしながら、ケースバイケースで、リアル店舗のブックオフの買取、宅配便で配送するネットオフの買取、両方を使い分けた方がよい、というのが個人的な見解です。

 リアル店舗のブックオフの買取の場合、どうしても店員さんと対面でやり取りが必要となります。

 その場合、かなり個人の趣味に依存するマニアックな書籍を大量に処分する際には気まずいことこの上ない…。

 そういった場合には、宅配便で買取してくれるサービスは嬉しいものです。

 対面ではないですからね。そうは言っても、それほどマニアックな書籍を大量に処分する機会があるわけではないですが…


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441613126

この記事へのトラックバック