アンドロイド(Android)をアップデートした後のエディ(Edy)のオートチャージができなくなる?不具合の解決方法。



 少し古いスマートフォンですが、ギャラクシー(Galaxy) Note Edgeを使っています。このスマホで、少し前にAndroidのバージョンアップができるということで、Android 6.0.1にアップデートしました。

 スマホのOSがアップデートされると、画面のインタフェースがいろいろと変更されており、慣れ親しんだ画面と違うので、少し戸惑います。そうは言っても、新しくなって数週間もすれば、以前の画面が思い出せなくなるほど馴染んでしまうのも真実であります。

 ところが、1点だけ不思議なことが起きるようになりました。

 もともとスマホにインストールしていたモバイルのエディ(Edy)の挙動がおかしいのです。オートチャージの設定をしていたため、従来であれば、残額が少なくなれば、自動的にチャージさえ、コンビニなどでの会計の際に、残額不足になることはほぼ皆無でした。

 しかし、ここ最近、なぜかオートチャージができずに、残金不足になることがしばしば。コンビニのレジ前でチャージをしなくてはならない場面に何回も遭遇しました。

 なぜだろう、Androidのアップデートが原因なの?不思議に思いつつ調べていると、アップデートともにインストールされたアプリにその原因が見つかりました。

<目次>
1.スマートマネージャというアプリとは?
2.エディのオートチャージ設定
3.スマートマネージャの設定を変更し、エディアプリを停止対象から除外する
4.所感とまとめ





1.スマートマネージャというアプリとは?


 アップデートとともに新しいアプリがいつの間にかインストールされていたアプリは、「スマートマネージャ」というアプリです。

2016-10-07_1001.jpg


 このアプリ自体は、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるために、不要に起動しているアプリを停止させて、電池の消耗を少なくするという賢いアプリ。

 このアプリが入ってから、確かにバッテリーの持ちがよくなったので、有用なアプリだと思っています。しかしながら、この機能が実は、エディと大きく関係していたのです。

2.エディのオートチャージ設定


 そもそも、エディのオートチャージ設定は、スマートフォンのエディアプリが定期的に残金をチェックして、不足していれば、あらかじめ決められていた金額をチャージするという仕組みです。

 そのため、スマートフォンのバックエンドでは、エディアプリが起動していないと機能しないのです。つまり、エディアプリがいつの間にか強制停止されていることになれば、もちろんオートチャージはされない…

3.スマートマネージャの設定を変更し、エディアプリを停止対象から除外する


2016-10-07_1002.jpg

 そこで、スマートマネージャのアプリの設定を変更することにしました。アプリの設定メニューを見ていくと、インストールされている各種アプリのリストが出てきました。

 その中で、エディのアイコンがやはり出てきて、それをタップすると、「3日以上使っていないと停止する」設定になっていました。

 これだ!

 この設定を「無効」に変更して、一安心です。これでオートチャージ機能は生きたままになるはず。

2016-10-07_1003.jpg

4.所感とまとめ


 スマートフォンのアプリにはいろいろなものがあります。その中には、今回のように、他のアプリの機能に影響を及ぼすものもいろいろあるのですね。

 そうだとすると、アプリが勝手にインストールされるという現状はいかがなものかと思うのです。入れるアプリは自分で選ばないとなかなか原因も推定できないし…

追記:
 新しいスマートフォン(ギャラクシー(Galaxy))に機種変更しました。その際に、同じ問題に遭遇。同様にスマートマネージャのアプリ設定でエディアプリを除外しました。

 これでオートチャージできない問題が解決される?と思っていましたが、新しいスマホでは、なぜかうまくいかない?なぜ?…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック