ずっと持っていたい本だけど、仕方なく下取り。読み終わった書籍をブックオフで処分3000円超。高額下取り書籍のリスト。


 年末も近くなり、自宅の整理・整頓、掃除等に取り掛かっている人も多いでしょうか?

 私も、年末に近づいていることもありますし、諸々の理由から自宅の大掃除中です。

 私の自宅には多数の書籍があります。

 これまでも細目に読み終わった書籍は、下取りに出すなど、ものを持たない、利用したら即処分を心がけてきました。

 それでも、気を許すとあっという間に自宅が本だらけになります。

 そんなこんなで、本日はいくつかの書籍をブックオフで下取りに出しました。

 それなりの値段になりましたよ。

<目次>
1.柳谷商店開店中 \350
2.システムインテグレーション崩壊 \100
3.FinTech入門 \350
4.ナイルパーチの女子会 \100
5.ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学 \500
6.大学生・社会人のための言語技術トレーニング \100
7.初めての統計学 \250
8.歴代首相の言語力を診断する \100





1.柳谷商店開店中 \350


 柳広司氏の短編小説集。ハードカバーの書籍であり、ライトに面白く読める書籍でした。

 私は柳氏の「ジョーカーゲーム」シリーズがお気に入りで、ジョーカーゲームを書いている作家って、他にどんな小説を書くのかしら?という興味から、同氏の小説はそれなりに読み込んでいるところ。

 その中の1冊がこれです。意外にも、下取りで\350になりました。比較的新しいからかしら?


2.システムインテグレーション崩壊 \100


 IT業界の中でも、システムインテグレーションの世界は、ヤバい世界とも言われています。

 多重下請け、受注者発注者の関係など、様々な問題をはらんでいる。

 そうした業界のビジネス課題について、その実態を知りたくて読んだ書籍がコレ。

 ただし、世の中では、米国には日本のようなシステムインテグレータはない?など、ともっともらしく言われることが多いですが、それは本当か?という疑問に答えてくれる書籍ではないです。

 海外のシステムインテグレータの実態も明らかにしている書籍は他にないものかしら…


3.FinTech入門 \350


 FinTechに関する書籍が一斉に多数売り出されたときに買った1冊です。

 入門としては良さそうな本でした。

 FinTechはめちゃくちゃ早くビジネスの状況が変わるため、とりあえず、本は処分。

 また次々に新しい本が出るでしょうし。

 それに意外にも\350で売れたのがびっくり。


4.ナイルパーチの女子会 \100


 こちらの本は、私のお気に入りの作家である柚木麻子氏の一冊

 女性の内面、外面などを踏まえた生態が良く分かる本。

 見方によっては、なかなか恐ろしいホラーのような小説でもあります。

 ある種の思い込みの強い女性の怖いほどの行動…

 その他にも、ランチのアッコちゃんシリーズなども柚木麻子氏は執筆しており、そちらもとても面白いです…


5.ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学 \500


 入山章栄氏の書籍で、かなり話題になりましたよね。

 話題になったこともあり、手に取って読んでみたところ、本当に面白い。

 海外のビジネススクールについて話題に挙げつつも、一流の人たちの経営に対する学び方などがよく分かる。

 このくらい素晴らしい書籍がたくさんあるととても勉強になるのですけどね…

 こちらの下取り額\500は納得。もっと高くてもいいんじゃない?


6.大学生・社会人のための言語技術トレーニング \100


 やはりコミュニケーション能力を高めることに多くの人が関心を持っているのでしょうか?

 この本のタイトルを見るとぐっと引き付けられます。

 結構前に購入した本ですが、まだまだ価値がある本のようです。

 下取り学\100ですから。


7.初めての統計学 \250


 数年前、ビッグデータという言葉がバズワードになり始めたころに、これからは統計学だ!ということで購入して数回読み返した教科書。

 この教科書、かなり勉強になります。

 学生時代、統計学なんて…という時代でしたから、大して勉強していなかったのですが、改めてこの教科書で学んでみると、統計学は奥が深い。

 いや、この書籍だからこそそこまで関心をもって学べたのかもしれません

 ほかの統計学の教科書意味わからん…というものは多いですし。


8.歴代首相の言語力を診断する \100


 こちらは、めっちゃ、おすすめの本。

 もともと、話が上手い人と下手な人の違いは何なのか?それにものすごく関心がありましたが、この本はそのポイントを解説してくれる本。

 世の中に言語論的な教科書で、話し方を分析している本はありますが、それはワードレベル注目した書籍が多い。

 一方、この本は、話の中の文脈や流れ、話全体の構成までもターゲットに入れて分析しているとても良い本。

 やんごとなき理由により、手放すことに。残念。

 かなり古い本ですが、それでも\100で下取り。古くても価値がある本には相応の値段が付くのですね。