トラストレンディングへの出資金払い込みは手間がかかる?

2016-01-23_0001.jpg

 ソーシャルレンディングは様々なものがあります。

 マネオ(maneo)、みんなのクレジット、ラッキーバンク、クラウドクレジット、クラウドバンク、トラストファイナンス、SmartLend、Crowd Lease、ガイアファンディング、LCレンディングなどなど。

 それらの違いって何?

 良く言われるのは、投資案件ごとの運用利回りの違い。数%も違うこともあります。

 それに運営会社の信頼性も大きなところでしょう。

 色々な違いがある中で、今回は「出資金払い込み」の方法について例を取り上げて見てみましょう。

<目次>
1.出資金払い込みの方法ートラストレンディングの場合ー
2.出資金払い込みの方法ーマネオ(maneo)の場合ー
3.いずれにしもて振り込み間違えが多くなっている?ということは

1.出資金払い込みの方法ートラストレンディングの場合ー


 まずは、トラストレンディングの場合を見てみましょう。

 トラストレンディングのWebサイトによれば、

3)出資金の払込みについて(楽天銀行)
 各ローンファンドの中から、お客様が希望するローンファンドへの出資申込手続を完了していただくと、Eメールにて投資金額、投資金額の払込方法及び払込期限をご連絡いたします。このEメールの内容をよくご確認いただいた上で、出資金の払込みを行ってください。
 尚、出資金のお振込み先金融機関は楽天銀行となっております。
※トラストファイナンスでは分別管理を徹底し、お客様の資金安全のためにも預託の受付はしておりませんので、必ず出資申込手続をされてから出資金の払込みをお願いいたします。
万一、お申込前のご入金が確認された際は、振込手数料をお客様負担でご返金させていただきますので、何卒ご了承ください。
 又、出資お申込後の出資金お振込み時には、口座名義人に続いてユーザID(8桁の数字)のご入力をお願いいたします。
例)トラスト タロウ12345678
 IDのご入力が無い場合に、出資の承認作業にお時間が掛かりますのでご協力をお願いいたします。

とあります。

 つまり、トラストレンディングから、投資家が毎回お金を投資しようとする際に、ユーザIDを入力しないといけないようです。

 あれ?お金を払い込むのにこんなに手間がかかるの?

 毎回、自分のユーザIDを入力するって、手間出し、間違えのもとでは?

 ココ重要です。間違えのもとでは?

 恐らく、入力ミスが多いのでしょう。

 トラストレンディングのWebサイトの2016/12/15付けのお知らせとして、下記が出されています。

出資金のお振込み時のお願い
お客様各位

 平素はトラストレンディングをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、多数の会員の皆様から投資の申込があり、以下の内容をご確認いただきまして、何卒ご協力お願いいたします。
 出資お申込後の出資金お振込み時には、口座名義人に続いてユーザID(8桁の数字)のご入力をお願いいたします。
例)トラスト タロウ12345678
 IDのご入力が無い場合に、出資の承認作業にお時間が掛かりますのでご協力をお願いいたします。
なお、振込名義人欄にIDを記入できない一部金融機関につきましては、
 振込名義人欄に入力が出来る金融機関への変更か、又は備考欄等にIDの入力をお願いいたします。
※トラストファイナンスでは分別管理を徹底し、お客様の資金安全のためにも預託の受付はしておりませんので、必ず出資申込手続をされてから出資金の払込みをお願いいたします。
 お申込前のご入金が確認された際は、振込手数料をお客様負担でご返金させていただきますので、何卒ご了承ください。

 もっと手間なく入金できる仕組みにした方がよいのでは?

 よくよく考えてみると、トラストレンディングでは、既存の銀行でつくっている口座を登録する仕組みですから。




2.出資金払い込みの方法ーマネオ(maneo)の場合ー


2016-01-23_0002.jpg

 マネオ(maneo)では、会員になると一人1つの投資口座が開設されます。

お振込みされる口座につきましては、各お客様個別に割り当てられた口座となります。
※ 投資口座については、管理費、事務手数料等は一切かかりません。
※ 投資口座の入出金で発生する振込手数料については、投資家負担となります。
※ 投資口座は、maneo㈱にて分別管理されております。

 このように、一人1つのマネオ用の口座が用意されるため、その口座番号で毎回、お金を払い込むことになります。

 ネットバンクを使っている人であれば、振込先口座として、一度登録しておけば、振込先を間違えることなく毎回入金が可能となります。

 もちろん出資金の元本還元、また分配金の支払もこのマネオ用の口座に振り込まれます。

 マネオ(maneo)のように、個別に口座を作る仕組みの方が便利な気もします。


3.いずれにしもて振り込み間違えが多くなっている?ということは


2016-01-17_0001_15.43.39.jpg

 トラストレンディングのWebサイトのお知らせにもある通り、最近、出資金の振り込みミスが多いのではないかと推測されます。

 多くの人がソーシャルレンディングを利用し始めると、こういったミスも全体では多くなってくるのはあり得るでしょう。

 逆に言うと、それだけ多くの人がソーシャルレンディングに注目し始めたことの現れでしょうね。

 ただ、今後一層、普通の人がソーシャルレンディングを活用しだすと、この手のミスへの対応が運営会社としても大きな負担になりそうです。

 だとすると、そもそもミスの発生しない仕組みを用意しておくべきですね。